2007.05.02

甲状腺

最近、また腫れてきたような気がする。

嚥下がほんのちょっと困難なのと、Tシャツのネックがネックになる・・・なんて洒落ていないで、Tシャツの首回りが当たるというか、きついというか、腫れているのだ。

何もしないで小さくなるということはないだろうから、ほっとくわけにはいかないだろう。2004年の10月が最後の治療だった。こうなる可能性は聞いていたし、また同じことをすれば(水を抜く or エタノール注入)いいんだろうけど、通院が億劫だな。ちょっと遠いから。もう少し大きくなってから行くことにしようっと。

| | コメント (0)

2005.08.13

甲状腺、その後

m050813

この2枚の写真、私には感慨深いものがある。左の写真は2004年1月のもの。右は現在。

2004年1月はまだ甲状腺治療が始まる前。喉に膨らんだものが見えるでしょう。甲状腺の組織の中に水がたまって大きくなったもの。冬は首を隠すと暖かいからいいんだけど、夏はつらかったな。けっこう腫れが目立ってくると、私は気にしなくても、回りは気になるだろう。特にクラス授業が始まってからは、夏でもハイネックを着ていた。これが暑かった~。半袖やノースリーブのハイネックのシャツを探し回ったこともあった。去年あたりからユニクロからいろいろ出てきてうれしかった。去年の夏から(ちょうど今頃)エタノール注入を開始した。秋には終了してそれほど目立たなくなり、現在は右の写真のように、すっかり目立たなくなっている。もうハイネックとはお別れ。でも、ユニクロのチラシにハイネックが載ってると、つい反応してしまう自分に苦笑。

8月11日の記事とは関係ないけど、写真を見るたび、うれしく思う。私の場合は甲状腺そのものには異常がないので、不安も何もなかったけど、甲状腺の機能障害で現在治療中の美鳳ちゃん。あせらずにがんばってね。

う~ん、それにしても、タタ、可愛いな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.10.22

医学的には完治

甲状腺治療は今日で終わり。実際今日はエコーで見ただけだった。たとえ排液をしても、「今日は1ccくらいしか取れないでしょう」。

ひどいときに比べると本当に小さくなった。嚢胞に溜まった水を抜き、エタノールを注入、これを繰り返して、やっとこれだけの小ささになった。私としてはあと1回くらいエタノール注入をやって、本当にぺっちゃんこになって欲しかったんだけど、この脹らみは水ではなく、組織のものだからもう、効果は期待できない。組織は悪性のものではないので、医学的にはもう悪さをしているものはない。つまり、この段階での治療は終了との事。

しかし、気をつければ(本人として気をつけなくても・・・って気もするけど)たしかに喉に脹らみはある。これをどうするかは美容の問題。方法としてはいくつかあるらしい。

1.以前服用していたチラージンSを服用して、組織を小さくする。しかしこれは効果はあまり期待できない。(個人的にはチラージンを飲む事による副作用が心配)

2.手術で取ってしまう。喉に傷が残る心配も、最近の腋の下近くからメスを入れる方法で、喉には傷が残らないようにはなった。保険が利かないので費用がかさむ難点がある。K病院ではこの手術はやっていないらしい。これが得意なのは帝京病院らしい。

3.エタノール注入。但しのう胞ではなく、組織への栄養血管に注入する。これは非常に高い技術を要するらしく、やはりK病院では実施していない。これが得意なのは甲状腺治療で超有名な原宿の伊藤病院。

以前のように嚥下が難しいとか体に及ぼす点はなくなったし、喉の膨らみも自分で気にするほど人は気にしないだろうから、今回はもう治療を続けないことにした。また大きくなる可能性もあるということだけど、水が原因ならまた同じ事をすればいいだろう。U先生も「小さくなって、よかったね」とおっしゃってくれて、また何かあったり、ほかで治療を受ける時にはいつでも紹介状を書くともおっしゃった。

もうちょっと小さくなるかなとも思ったけど、甲状腺治療はこれで終了。

| | コメント (0)

2004.09.25

憧れのふにゅふにゅ

毎日のように喉を触って、ニコニコしていたのに。昨日、エタノール注入をして、その後「そのまま」だからなのか、嚢胞の腫れがひかない。といっても以前のように目立つものではなく、かなり小さくなって入るんだけど。

触った感じが昨日の午前中まではふにゅふにゅして柔らかかったのが、ちょっと硬くなってる。サーミーは「見た目は昨日とほとんど変わらないよ」と言ってはくれるんだけど。

嚢胞に残った水分が排出されるのかと聞いたら、「排出されることはないけど、組織に吸収される」との答だった。私の今の不安材料は組織に吸収されるのにどのくらいの時間(日数)がかかるのだろうかということと、この組織が硬いままではないでしょうねという、この2点。次の診察は1ヶ月後。何かあったらいつでも来てくださいと言われてるけど、1ヶ月たてばこの間までのようにふにゅふにゅになって、もっとふにゅふにゅになって、喉の右側のようにすっきりするのかな。(嚢胞が腫れてるのは喉の左側だけなの)

喉に手をやると、昨日の午前中までと違って硬いものがあるので、今はちょっと、がっかりしちゃうんだけど、来週はどうかな?ふにゅふにゅかな?

| | コメント (0)

2004.09.24

甲状腺治療終息期・・・かな

今週は水曜日じゃなくて、金曜日に甲状腺治療です。金曜日は時間的な制約がないので、meewとしてはこの日は大歓迎。

もうだいぶ小さくなって、うっかりすると見逃しそうな大きさになった、甲状腺嚢胞。そろそろ終りが見えてきた感じ。今日も排液、エタノール注入で、それぞれ同じくらいの5cc。排液した量が40ccだ50だccなんていった頃に比べると、5ccだよ。はぁ、やっと小さくなってくれたね。

エタノール注入後、様子を見て、腫れるようだったら排液をしましょうと言ったが、エコー技師さん達の判断で、今回は排液なしで終了との事。(あ、もちろんU先生には確認してましたけど)私としては、今日の処置以前より硬くそして少し大きくなっているので、排液してほしい気もしたんだけど。せっかく注入したえたのーるが無駄になるからとのことだけど、前回注入したあと見事に腫れた時だってすぐに排液したんだけどな。ま、めちゃくちゃ腫れてこないようだから、様子を見ましょう。次回の診察は1ヶ月後。できればそれまでに診察に着たくないな。

思えば、今日の診療予約は1回目のエタノール注入(8月18日)に取ったもの。エタノール注入後1ヶ月したらきてください。そんな指示だったんだ。結局、今日まで4回のエタノール注入をしたわけだけど、予定ではこの間のことは何もなかっただから、これから1ヶ月後、嚢胞がどうなるか、楽しみにしていましょう。

と言うことで、甲状腺日記はしばらくお休みにな(るといいな)ります・・・多分。

| | コメント (0)

2004.09.18

ハイネックじゃないよ

先日(9月15日)に排液してから、甲状腺嚢胞の腫れが小さくなった。触ってみた感じ、まったく液が溜まっていないようでもないけど、以前に比べると、もうびっくりするくらい小さい。

今日は思い切って普通のTシャツで出かけてみた。去年の夏は浴衣を着たことさえあったくらいだから、普通のTシャツも着ていた。涼しくなってからはずっとハイネックのセーター、今でもノースリーブ、半袖のハイネックだものね。私が気にしなくても、この首の腫れを見た人が気にするんじゃないかと思ってずっとそうしていたけど、「そのくらいの大きさなら言われなくちゃわからないよ」とサーミーが言ってくれたので、今日は思い切ってFelicx the Cat のTシャツを着てみた。首を出して外を歩くのは1年ぶりだ。

好きな服装ができるのもうれしいけど、これだけ小さくなると嚥下が楽。ひどいときは食べ物やツバを飲み込むのが辛かった。寝ているとき、横を向いてつばを飲みこむのに難儀したことがまるで嘘のようだ。あと、1、2回エタノール注入をすれば、腫れはなくなってしまうんだろうと思うとうれしい。うまくすれば、あと1回かな?

| | コメント (0)

2004.09.15

かなり小さくなった

恒例の水曜日南○○半島一周コースです。甲状腺の治療に行ったってことなんだけどね。

今日U先生は忙しくて、なかなか超音波の部屋に来てくれない。最初にエタノール注入をやった時の次回の予約っていうのがまだ生きていて、それが来週。もう、今日は排液だけにして、エタノール注入は来週にしてもらおうと(勝手に)決めていた。

今日はエコーの担当がいつもの人と違っていた。後から思うに研修医かもしれない。液が溜まっているからエタノール注入をしたほうがいいと私に伝えて、担当医(U先生)を呼びに行った。先週の10ccのエタノール注入の効果か、かなり小さくなっている。U先生も「かなり小さくなったねぇ」と喜んでいる様子。「で、どうしますか?今日、やりますか?」と聞くので、今日は(も)6時までに○山まで行かなければならないこと、以前入れておいた予約が来週に入っていること(あれ?そうだったっけと、U先生)、それが金曜日で、金曜日は私には時間的制約がないこと(ただし、土日が休みなので、何かあった時に対応できない恐れがある)、前回の様子から、エタノール注入をしても以前のように腫れたり痛んだしないだろうこと・・・を挙げて、今日は排液だけやってもらって、来週エタノール注入をしてほしいことを伝えた。(勝手な患者だね)U先生は「じゃ、そうしましょう」と言って、排液をしてくれたけど、今日も少ない。25ccだ。研修医(多分)に「いつもの半分です」と言ったら、え~っという感じだった。

たしか小さくなった。でもこれをはじめてみた担当医(多分)がエタノール注入しなくちゃと言ったところを見ると、この大きさが普通の患者のスタートなのかも。前回いつものエコー技師さんに聞いてみた。「他の患者さんは1回で(のう胞が)なくなっちゃうんですか」「人にもよりますよ。何回かやる人もいますけど、たいていの人はこんなに大きくなる前にきますからねぇ」その時の会話を思い出した。今の私のこのくらいの大きさから何回かやって(うまくすれば1回で)、腫れがなくなるのかもね。だとすると、ゴールはもうすぐかも。

サーミーも「かなり小さくなったね」と言ってる。今日はエタノール注入をしなかったからか、嚢胞の反逆にも会わずに排液したあとも腫れてこない。いいぞ、いいぞ。

| | コメント (0)

2004.09.10

けっこう腫れてるけど・・・

水曜日にエタノール注入した甲状腺嚢胞。けっこう腫れてるなぁ。いつものパターンだ。これで排液するとぺしゃんこになるんだけど、また少し膨らむんだよね。

今回は腫れてはいるけど、痛くもないし、嚥下にも影響しないから、次回の診察まで様子を見てみよう。もらった炎症を抑える薬が効いてるのかもしれない。でもさ、ちょっと、しぶといよ。もうそろそろギブアップしてよね。

今日テレビで甲状腺についてやっていた。手術の後が悲惨な写真ばかりだったけど、普通の手術でもけっこう目立たない人もいるのに、あれでは普通の手術の後はみなケロイド体質の手術跡になってしまうみたいな紹介の仕方だった。あ、私はケロイド体質だから、もし手術をしたら、手術跡が完全に残っちゃうんだよね。というわけで、できるだけ手術をしたくないから、この方法で、やっつけたい。がんばれ、私の身体!

| | コメント (0)

2004.09.08

成功とはいえず・・・

恒例の甲状腺治療の水曜日。先週パスした10ccのエタノール注入でした。

先週、排液してもらったので、かなり小さくなってきているのがわかるのでうれしかった。(かった?何故に過去形?)今日は21ccしか取れず、小ささを実感。以前は4~50ccも取れていたんだから。さて、排液の後は10ccのエタノール注入。今日で3回目。また腫れたり痛くなったりすると困るので、炎症を止める薬をお願いする。プレドニンは強すぎるので、前回救急でかかった時に別の先生に出してもらったのがいいんだけどと、ちょっとU先生気を悪くしたかも。

出された薬はロキソニンとアルタットだけ。私が特効薬と信じているケフラールは出ていない様子。それでU先生に聞いてみた。ロキソニンは炎症止めとの事。ケフラールは抗生物質だからいらないでしょう。

炎症止めと抗生物質が同じだと思ってた私は???。ここでは薬は病院の外にある薬局で処方箋にしたがって買うことになっているので、前回行った薬局へ行き、私の疑問について聞いてみた。

そこの薬剤師の人が丁寧に教えてくれた。私が鎮痛剤だと思っていたロキソニンは炎症を抑える薬で、プレドニンは炎症を抑える薬としては強い方。今回は弱い薬を希望したので、ロキソニンを出したのだろう。また、炎症を抑える薬と抗生物質は違う目的で使うもの。救急の医師は腫れの原因が感染にあると見て、ケフラールを出したのではないか。

納得!よくわかった。でも、医師にこんなに時間をかけては聞けないな。今日も私の後の人がもう時間が過ぎてるのに待ってたしね。また1つ知識を得た。

でも、私の甲状腺嚢胞、エタノール注入した後、すぐに腫れてきた。また排液。今度は25cc。10cc注入したのに、25ccかぁ?

今回は前回のような腫れや痛みはないだろうと思う。が、もう少し続けるのかな?あれだけ大きくしちゃったんだから、しかたないかな。

甲状腺とは関係ないけど、私の家からK病院に行って、会社を回って、家に帰るこの循環ルート。走行距離は136.8kmだった。

| | コメント (0)

2004.09.01

今日は26cc

このK病院での治療も今日で5回目。毎回嚢胞に溜まった水を抜いてもらっている。エタノール注入する前は50cc近く排液してたのが、前回35cc、今回はなんと26cc。かなり小さくなってきたんだね。もうすでに5ccのエタノール注入を2回やってるけど、きょうDr.から1回のエタノールの量を倍にしてみたいと言われた。それはいいんだけど、今週はサーミーの仕事が大変な時。私もお手伝いしなくちゃならないから、できれば来週にしたいと言ってみた。顔はちょっとごついけど、優しいU先生。「じゃ、そうしましょう。今日は排液だけにしましょう」そして今日の成果が26cc。

かなり手ごわいやつだけど、確実に小さくなってきているので、うれしい。U先生も「なくなるといいねぇ」なんて、聞きようによってはちょっと他人事のようにも聞えるけど、私には親身になってくれてるように聞こえた。来週は10ccか。かなりダメージを喰らうかな。薬を出してくれるように、絶対に、頼まなくちゃね。

今日はエタノール注入がなくて早く終わったのに、途中電気屋さんに寄り道したから、会社に着くのがいつもより遅くなってしまった。といっても勿論、授業スタートよりかなり前だけど。結局、ちょっと余裕があると(実はなくても)、余計なことをしてしまうのは、子供のときから変わってないようだ。反省という言葉を知らないんだね、きっと。反省してます。

まだ外見上、ふくらみは認められるけど、かなりぺちゃんこなので、うれしくて、すぐ喉を触ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)