« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.19

お花を見る

お花が嫌いな人は少ないと思う。もらってうれしいのもお花だと思うけど、私の家では猫がいて、花をくんくんして花瓶を倒したり、時には花を食べちゃったりするから、飾れるのは猫が入ってこない洗面所だけ。

そんなわけで花に囲まれた生活からはほど遠いが、花は好き。私が小さい頃は(我が家だけかもしれないけれど)、家に飾る花といえば、菊やカーネーション(ごくまれにバラ)と決まっていた。ひまわりやチューリップは、家の中ではもちろん、実際に目にすることなんてよっぽどの機会でもなければなかった。それが、今では当たり前に花屋に並んでいる。もちろん自然の中で見るのが一番だけど、居間の窓辺にチューリップがあるのも、とてもすてき。ま、我が家では無理だけど。

ということで、ただ今凝っているのが Pinterest 。ここでお花を探してみている。気に入った写真はピンナップボードに留めておいて、毎日眺めている。そして気がついたのが、私ってチューリップが好きだということ。春を待ちわびているせいかもしれないけれど、ピンナップボードにたくさんのチューリップがあるのに気がついた。でも、もう少しするとひまわりでいっぱいになるかもね。

ひまわりといえば、タイではロッブリーがひまわりで有名らしい。絶対に行きたいところのひとつだ。

Pinterest1

| | コメント (2)

2012.03.06

Instagram や Pinterest

SNS にはあまり関心がなかったが、我が家のWirelessが充実してiPod touchが活躍しはじめると、それまで億劫だったfacebookも、案外簡単だということがわかってきた。さらに、iPod touchが身近になると、それまで億劫だった写真を撮って投稿する行為がいとも容易くでき、写真投稿サイトや写真共有サイトも身近になってきた。

このブログを始めた当初は毎日の記録的傾向が強かったが、基本的に私の思考をまとめて記録しておく場と考えている(私としては)。行動の記録というより、思考の記録の場として捉えている。だから、ぼうっとしていたり、考えることは考えてもそれがまとまらなかったり(ただ、単にまとめなかったり)している時は、記事が書けない。

その点、写真はシャッターを押せば出来上がり。行動は素早い。余談だが、私の場合、シャッターを押す回数がとても多い。フィルム写真の頃は、1枚撮るのにいろいろ考えてから、シャッターを押していたが、デジタルカメラになってからはもう何も考えずに押している。一日の撮影枚数が平均100枚だ。愛猫タタを取っているからだが、その大半が使えない写真でゴミ箱行き。でもそのおかげでタタのかわいらしさを見逃さずにおける。

それらの写真は、以前はCDに焼いて保存していた。最近ではHDにまとめて入れている。だが、いざ見ようという時にこれも煩わしい。そんな思いもあって、iPod touch で instgram や Pinterest を知った時は飛びついた。今では、昔の写真まで引っ張り出して instgram に投稿している。さっと手にとってボタンを押すだけで、私の目の前にタタをはじめ今までの猫たちの姿が現れる。なんとすばらしいことか!

Pinterest という共有サイトも楽しい。権利の問題があるのではとも思うが、internetで公開されている写真を個人的に楽しむ分には許されるだろう。料理やキルトのヒントをずいぶん見つけた。大好きな花の写真をたくさん並べていると、幸せな気分になる。

PCを開く回数が減り、このブログのアップも減ってきた。考えて文字にすることの大切さは重々承知しているのだが、いかんせん、簡単な方に流されている。しかたない。しばらくは流されてみよう。

| | コメント (2)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »