« ナ形容詞 + ~がる | トップページ | 2011年2月28日(月)の食事 »

2011.10.12

「~っぽい」と「~がましい」

読売新聞の発言小町にがっかり!この何週間、他人の不幸は蜜の味​と言う感じで、読んで結構面白かったけど、最近のトピはあまりに​もあり得なすぎて、実話より作り話がましい。あぁぁ~変な人の作​り話は面白くないな。勉強のために良かったのに。。。 :-(

この文を書いたのが、日本語を勉強中の外国人とくれば、日本人もうかうかしていられなくなる。がしかし、一ヵ所違和感を覚えるのだ。絶対に「作り話がましい」とは言わない。「作り話っぽい」「作り話みたいだ」であろう。「~がましい」と「~っぽい」はよく似ているので、整理してみよう。

「~っぽい」は日本語能力試験2級の出題範囲にあたる。いつも使っている教科書のNo.51 には、次のように解説されている。

【意味】~のように感じる・~のように見える【接続】[イ形容詞][名詞]+っぽい

「~がましい」は日本語能力試験には登場しないのではないだろうか。今まで遭遇した覚えがない。このように難しい言葉を使ったことをほめてあげたい。

「~がましい」を、手近な辞書で引いてみた。
《体言・副詞・動詞の連用形などにつく》・・・らしい、・・・のふうがある・・・に似ている(角川国語辞典)とある。

「作り話」(体言、つまり名詞)に接続していて、文法的には問題がないように見える。「作り話のふうがある」もなんだかOKしそうだ。

しかし、もうひとつの辞書を調べてみると、
名詞・副詞や動詞の連用形などについて、そのような様子である、その状態に似ている意を表す。・・・・(大辞林)とある。                

しっくりしない理由がこれだ。「~っぽい」も「~がましい」も、それぞれ名詞に接続して、「~のようだ」という意味になるが、「~がましい」は様子、状態を表現するのだ。つまり、ここで私が違和感を覚えたのは、「作り話」という言葉が様子を表さないためだったのだ。

「~っぽい」は「イ形容詞」「名詞」に接続する。「~がましい」は「名詞」「副詞」「動詞」に接続する。「物そのもの」と「状態」に分けて取り上げれば、「~っぽい」は物にも状態にも使えるが、「~がましい」は状態にしか使えない。

「作り話っぽい」は言えても、「作り話がましい」は言えないと言うわけだ。

さ、これで、来週の授業で違いを説明できそうだ。

|

« ナ形容詞 + ~がる | トップページ | 2011年2月28日(月)の食事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナ形容詞 + ~がる | トップページ | 2011年2月28日(月)の食事 »