« 夏の匂い | トップページ | クイティアオ・スコタイ(バミーもあるけど) »

2011.08.14

2月に、バンコクで食べたもの

半年前のバンコクプチ留学の食事をまとめてみた。

Photo_3 滞在期間は28日。朝食はクロワッサンに紅茶とほとんど決まっていた。昼食、夕食に関して、自炊は一度もせず、全部外食。もしくは持ち帰って部屋で食べた。主にフードコート利用、その次は屋台、そしてレストランでの食事は5回だけだった。数多くの料理を味わいたいので、同じものは食べない!これが今回の食のテーマだった。

表にまとめてみたら、30種類の料理名に分類された。果物やお菓子は除外してある。昼休みの時間がなくて、屋台で買った食事とはいえないようなもの(ゆでたトウモロコシとかゆでた南瓜とか・・・)も除外してある。

さて、どんな料理名が並んでいるかというと・・・。五十音順に見てみよう。
オースワン、ガイトート、ガイヤーン、カオカームー、カオスアイ、カオソーイ、カオトム、カオニィアオ、カオパット、カオマンガイ、カオモックガイ、カノムチーン、クイティアオ、クイティアオ・スコタイ、クンオップウンセン、ソムタム、トムヤム、トートマンクン、ヌアデートディアオ、パッタイ、パットシーユ、パットセンヤイ、バミー、ぶっかけご飯、プーパットポンカリー、ホーイトート、ポーピアソット、ヤムソムオー、ヤムプラードゥックフー、ラートナー。

カオパット、クイティアオ、バミー、トムヤム、ラートナーは、具が異なっていてもひとつの料理とした。クイティアオの次にクイティアオ・スコタイという料理名がある。これはクイティアオとはあまりに違いすぎるので、クイティアオと一緒にはしなかった。後に詳しく述べるが、クイティアオ・スコタイも麺の種類が違っているがひとつの料理とした。料理の数は、具や麺の違いを考慮すると、実際には40種類となる。

食べた回数で一番多かったものは、カオニィアオの7回。2番目に多いのが、クイティアオ・スコタイの6回。3番目がソムタムの5回。ヌアデート・ディアオとバミーが4回。ぶっかけご飯、ホーイトートが3回。オースワン、カオトム、カオマンガイ、カオモックガイ、クイティアオ、トムヤム、パッタイ、ポーピアソット、ヤムプラードゥックフー、ラートナーが2回で、それ以外は1回だった。

昼にヌア・デート・ディアオ(やわらかいビーフジャーキーのようなもの)と一緒に食べたり、ソムタムと一緒に食べたりしたから、カオニィアが一番多いとは思っていたが、もっと多いかと思っていた。しかしここで特筆すべきはクイティアオとは別ノミネートされているクイティア・スコタイだ。28日間で6回も食べている。今回の旅行の一番のお気に入り料理といえよう。

お気に入りの定番といえば、スイカジュース。今回はレストランでの食事が少なかったので、4回と少なめだった。料理ではないので、食事リストから除外してある。

Photo_4

|

« 夏の匂い | トップページ | クイティアオ・スコタイ(バミーもあるけど) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の匂い | トップページ | クイティアオ・スコタイ(バミーもあるけど) »