« タイのニャンコたち その6 | トップページ | 語尾上げ »

2011.03.13

แผ่นดินไหวที่ณึ่ปุ่น

バンコクのBTSの車両に備え付けてあるモニターでは、タイのCMが流れていて、毎日眺めていた。時折「父ちゃん、まだぁ~」なんて日本が流れてきて、おや?と思ったりもしたものだった。CMの合間にはNationのニュースも流れ、わかりもしないのに一生懸命耳を傾けていた。だいぶバンコク生活にもなれた2月22日。壊れた建物の下に แผ่นดินไหวที่นิวซีแลนด์。画像で地震だとはわかったが、それがニュージーランドだと読めたので、ちょっとうれしく思った。

しかし、その時は、その地震でたくさんの日本人が被害にあったとは知らず、それから1ヶ月もたたずに同じように大きな地震が日本でも起きて、さらに津波によるこれほど大きな災害が起こるとは夢にだに思わなかった。

外房の海を家の窓から眺めるほど海に近い我が家だけど、幸い、高台にあるので、仮に津波が来てもそれほど危なくはないと思うけれど、この辺の海ではまったく何も起こらなかった。地震による被害も我が家はまったくなく、ものひとつ落ちていなかった。留守番をしていたタタは、さぞ心細かっただろうと思うが、健気にがんばったのだろう。

今回の被害のひどさは、言葉では表しようがない。自然の怖さを思い知らされた。普段の海はこんなにきれいで穏やかなのに・・・。

タイのBTSのモニターにはこんな文字が流れたかな。 แผ่นดินไหวที่ณึ่ปุ่น

|

« タイのニャンコたち その6 | トップページ | 語尾上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイのニャンコたち その6 | トップページ | 語尾上げ »