« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.16

KAGEROU

101215_16290001 

「KAGEROU」を読んだ。かなりおもしろかった。作者が誰であるかは関係なく読んだ。読み終えて、作者が一時は母語のアイデンティティも失いかけていた少年で、後にアイドルとなった水嶋ヒロであることを思いだした。個人的には、大賞賛。次の作品にも期待しよう。

終わりの方にあるシールには「にやり」とさせられた。自殺する(させられた)ヤスオの臓器がたくさんの人を助けたように、ヤスオは倒れてしまったキョウヤも助けたのだろう。外見はキョウヤだけど、中身はヤスオであることを、こんなふうに表現したのだなと。

101216_11060001

| | コメント (2)

2010.12.11

ipod touch

遅ればせながら、iPod touchを購入した。iPodは、shuffle(1st)、 nano(3rd)、shuffle(2nd)とマイナーなシリーズを所していたが、これで王道に乗ることができた。やっとタイ語を表示することができて、大いに喜んでいる。

が、じつは、タイ語の曲名表記なんてあたりまえでしょって感じで、びっくりするようなことがあれもこれもできるので、購入してから1週間。毎日毎日驚きの連続。

タイ語表示ができるので、単語の勉強に使おうと単語カードのアプリを搭載して、現在読んでいる”ทางช้างเผือก”から、単語入力にいそしんでいる。ところが、そんな努力はしなくても、タイ語の本をダウンロードして、いつでも読むことができるのだ。

ลิ้นชัทรงจำกแห่งความ - drawers of memory というのがそれで、なかなかおもしろい。わからない単語は、ipod のなかに入っている辞書ですぐに調べることができる。まるで夢のようだ。

Img_0084

Img_0629

タイ語の勉強には、他にも、 หนูนิดไม่อยากไปโรงเรียน や、หนูจ๋าเสียงใคร 等がある。ลิ้นชัทรงจำกแห่งความ に比べると子供だましだけど、楽しい。

写真もあれこれ加工できるアプリがあるので、もちろん、いろいろやって遊んでいる。本来の音楽を聴くことをすっかり忘れてしまいそうだ。うまく使いこなせるようになれば、いずれタイに行ったとき、役立ちそうだ。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »