« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010.11.23

びっくり星

ぎっくり腰再発。

先週の火曜日の夕飯時。身体を捻った時に違和感を感じて、これは危ないぞと養生していたのだが。水曜日の授業の時、冷えたのか。木曜日の洗濯物干しがよくなかったのか。はたまた近くのトンネルあたりでのボーリングの振動か。何にせよ、また腰が固まってしまった。

先週の木曜日。本来なら、東京まで行かなければらなかったのに、急遽キャンセル。朝のうちは大丈夫だと思っていたのに、昼近くになり、歩くのもままならなくなった。昼過ぎにはもう1歩も歩けないざま。

幸い金曜日のレッスンは、生徒の都合でキャンセルになっていたので、木、金、土、日と休めば、来週から何事もなかったかのように、復活できると勝手に予定を立ててみた。具合が悪くなりかけている時、月曜日にレッスンがある生徒から、キャンセルの予定が。2,3日で治るだろうから、それほどはいらないだろう・・・なんて思っていた。

18日(木)に固まった腰は、22日(月)になって、ようやく少し動かせるようになった。しかし、かばっていた分、他の筋肉が弱ってしまい、完全な社会復帰は今日23日(火)になってもまだ。年をとってしまったなと思いながら、やっとPCをいじれるようになったので(椅子に長いこと座っているのがつらいのだ)、前回の記事を探してみた。2008年の3月の終わり、ガソリン税が安くなる前のことだった、前回ぎっくり腰をやったのは。記憶では1週間くらいで完治したように思っていたけど、このブログを読み直してみたら、病院へ行けたのがぎっくり腰になってから6日目。そういえば、この1週間、仕事を休んだのだった。この時は、とある会社で教室を持っていたから大変だったなぁ。今回は、5日目にして少しずつ動けるようになってきたのだから、まあまあとしなくてはいけないのかも。それに、今回は病院へ行かずに済みそうだし。行っても、レントゲンを撮って以上ありませんと言われ、貼り薬と炎症を抑える薬と胃薬を出されるだけだろう。さすがに前回「ぎっくり腰」でもらった貼り薬はもうないけど、実は、去年「三角線維軟骨複合体損傷」でもらった貼り薬はまだ残っているのだ。これを貼ったおかげで、楽になったようだ。

非常にいいタイミングで再発したので、仕事には大きな影響がなかったけど、唯一迷惑をかけてしまった Bさん、ごめんなさい。試験前の非常に大事な時期なので、また明日から最後の追い込みに入ります。実際には私が入るのではなくて、みんなを追い込むのだけどね。

勤労感謝の日に、健康のありがたみをつくづく感じながら。

| | コメント (0)

2010.11.01

タイへ行けるのか

いつもなら秋を運んでくる9月。今年の異常に暑かった夏は、そう簡単には譲らなかった。秋の涼しさも訪れず、私には違う知らせが届いた。なんと生徒のほとんどが9月は休むと言うのだ。それぞれに事情はあるから、しかたないとしても、いろんな意味で私にはショックだった。

その時、これは「天啓」だと思った。タイへタイ語を勉強しに行くのが、「仕事」が原因でできないのなら、その原因が取り除けたのだと考えよう。ふと、そんな思いにとらわれたら、あとはその方向で考えるだけ。

そんな風に、9月、10月は過ぎていった。実は、10月になり生徒たちが戻ってきて、さらに12月の試験を目指していつもより忙しくなったのだが、一度捉われてしまったしまった思いは現実性を求めてさまよっている。

急に冷え込んできたこの頃。また、右手の痛みが出てきた時、この冬の寒さを我慢するくらいなら、いっそ今すぐ暖かいところへ行ってしまおうかと、さらにこの思いがつよくなった。とはいうものの、学校選定、ビザの取得、タイでの生活準備など、具体的にシュミレーションしてみたら、その煩雑さにめげそうになってしまった。いまだ具体的な形になっていないふわふわした憧れに過ぎないが、この時を逃したら、年齢、体力、気力に負けてしまうにちがいない。そんな思いばかりで、当の勉強がおろそかになっているこの毎日だけど、考え悩むことに意味はあるはず。夢を理想にするためにも。

| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »