« タイ語の辞書とか、DVDレコーダーとかいろいろ | トップページ | 石井米雄 »

2010.01.27

昇降口

先日、小学生の子供がいる生徒から「昇降口」という言葉を聞いた。「昇降口」はて?「昇り降りする口」聞くは一時の恥。生徒に聞いてみた。「え~、知らないんですか?玄関のことですよ。」

「昇降口」=「玄関」、これは無理がある。そこでよく聞いてみると、小学校からのお便りでよく見ると言う。彼女の夫に聞いたら、玄関のことだと教えてくれたと言う。そういえば、何となく思いだしてきた。学校の昇降口。でもなんで、昇降口?

わからない時は辞書を引く。「建物などの、のぼりおりするための出入り口」(チャレンジ小学国語辞典・ベネッセ)「階段になっている出入り口」(角川国語辞典)

小学生「N 希」のかあさん、せっちゃんにも聞いてみた。「知ってるし使うけど、学校以外では使わない。」やはり、そうか。学校以外の「階段のある出入り口」には、昇降口という言葉を使わないようだ。

学校の「玄関」と区別して「昇降口」という言葉を使ったり、知っているけど使ったことはない人がいたり、気になる言葉だ。使われる地域も限定されるようで、東京で生まれ育った私は知っているけど、関西ではほとんど使われていないとか…。

「玄関」には「仏の道への入り口」という仏教的な意味があるが、「昇降口」も、同じように仏教語なのだろうか?謂れが知りたい。

|

« タイ語の辞書とか、DVDレコーダーとかいろいろ | トップページ | 石井米雄 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。