« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010.01.27

昇降口

先日、小学生の子供がいる生徒から「昇降口」という言葉を聞いた。「昇降口」はて?「昇り降りする口」聞くは一時の恥。生徒に聞いてみた。「え~、知らないんですか?玄関のことですよ。」

「昇降口」=「玄関」、これは無理がある。そこでよく聞いてみると、小学校からのお便りでよく見ると言う。彼女の夫に聞いたら、玄関のことだと教えてくれたと言う。そういえば、何となく思いだしてきた。学校の昇降口。でもなんで、昇降口?

わからない時は辞書を引く。「建物などの、のぼりおりするための出入り口」(チャレンジ小学国語辞典・ベネッセ)「階段になっている出入り口」(角川国語辞典)

小学生「N 希」のかあさん、せっちゃんにも聞いてみた。「知ってるし使うけど、学校以外では使わない。」やはり、そうか。学校以外の「階段のある出入り口」には、昇降口という言葉を使わないようだ。

学校の「玄関」と区別して「昇降口」という言葉を使ったり、知っているけど使ったことはない人がいたり、気になる言葉だ。使われる地域も限定されるようで、東京で生まれ育った私は知っているけど、関西ではほとんど使われていないとか…。

「玄関」には「仏の道への入り口」という仏教的な意味があるが、「昇降口」も、同じように仏教語なのだろうか?謂れが知りたい。

| | コメント (0)

2010.01.17

タイ語の辞書とか、DVDレコーダーとかいろいろ

年明けなのに、なぜか忙しい日々。毎日更新しようと思ってもなかなかそうはいかない。せめて写真の数を増やしてみよう…と、ここ数日の出来事をまとめて。

1001171   

タイ人友Kに頼んであった「タイ語 - タイ語辞書」が届いた。

1001172

なんとそのお値段、70バーツ。(約200円)これでは、送料のほうが高い。でも、今回はK宛ての荷物と一緒だから、70バーツでいいと言う。でも、そういうわけにはいかないよね。

では、さっそく勉強しましょう!と開いてみたら…。

1001173

破れてしまった。もう一度違うページを開いたら、こんな風になってしまった。後で接着剤を使って、手術をせねば…。70バーツに喜んだけど・・・。

破れたのは辞書だけど、壊れかけてるのは、DVDレコーダー。突然電源が落ちたり、新品なのに「ディスクが汚れています」という表示が出たり、4年も使ったのだから、いつ壊れてもおかしくない。突然使えなくなるのは困る。だって、今、"สงครามนางฟ้า"を見ているところだから。そこでやむなく新しいDVDレコーダーを。ああ、痛い出費だ。

1001174

ただでさえ忙しいのに、DVDレコーダーの設置、そして読みづらさこの上ない説明書との戦いでくたびれ果ててしまった。見て、このリモコン。今は、DVDレコーダーを2台使ってるので、こんなにたくさん。上から、DVD(新)のフルリモコン、DVD(新)の簡単なリモコン、テレビのリモコン、スカパーのチューナーのリモコン、そしてDVD(旧)のリモコン。

"สงครามนางฟ้า"も、残すところあと一週間。リンはニンと別れてインといっしょになるのでしょうか?で、そのインさん。โจ ก้องのก้องだったんだ。似てるわけだ。本人だったんだ。

1001175

まだまだ寒い日も続くし、私の場合、喉は寒さだけの問題ではないようだし、まだしばらく気をつけなくてはならない。実は、先日、喉にいがらっぽさを覚えた。今年は早めにこの薬のお世話になろうと、取り出した。毎日、数回スプーンに1杯。おいしいから飲みすぎちゃいそう。

1001176

ということで、寒さがまだまだ続く、この時期、お体にお気をつけてお過ごしください。

| | コメント (2)

2010.01.04

タイ語熱

100104_21030001 今は、ものすごくタイ語に燃えている。昨日で復習が終わって、今日からは今週から始まる授業の予習を始めた。やっぱり、ちゃんと教わると気持ちがいい。わからないところがあやふやのまま・・・なんてことはない。ちゃんと教えてもらえる。その代わり、こちらもいいかげんではいられない。発音ひとつとっても、今までのようではいられないから、きちんと発音する癖がついてきた。それもまだ声調は完全ではなく、こんな小道具が必需品。

さて、今日は私のタイ語学校のHPを見てびっくり。ちょっと前まで入門クラスの生徒だった私。みんなの温情で中級クラスに引っかかっているのに、今日見たら、その中級クラスが上級クラスになってた。授業の内容は今までと同じだけど、格付けが上がってしまった。他の生徒はともかく、私を上級クラスの生徒と呼んでいいのかなぁ。まずい気がするんだけど。

| | コメント (0)

2010.01.03

初夢ってことで

2010年が2週目に入った。といっても先週は二日しかなかったけど。今週からタイ語学校が始まる。昨日見た夢はまさにその教室での出来事だった。

教室の様子は変わっていたが、夢の中ではここが教室。ふた部屋続きの教室は、今日が新学期の始まりだった。Yo先生は来てるけど、私のクラスの先生がまだ来ていない。それなのに、新しい生徒が次から次から押し寄せて、クラス分けもできない状態。Yo先生は新規の生徒の応対でてんやわんや。ひたすら領収証を書きまくっていた。百人くらい来てたみたい。入りきれない生徒を廊下で待たせたまま、授業が始まってしまった。教師の奪い合いにやぶれた人たちが、小さなカセットレコーダー(実際、そうだった!)を囲んで、流れてくるタイ語を必死になって聴いている・・・・。

教室の繁栄を暗示しているということで、いい夢だと思うことにした。それにしても…すごい人だったなぁ、あの教室。

| | コメント (2)

2010.01.01

さっそく

朝起きてまず思ったのは、年末に思うようにできなかった「タイ語の復習」。これをやりたいと思った。ということは、今年はタイ語を一生懸命にやるということ。誰に強制されたわけでもないのにそう思うのだから、やらなくちゃね。次の授業までには復習を終わらせて、足を引っ張らないようにしなくちゃ。

というわけで、今年の目標の第1はタイ語の勉強。本気でやらなくちゃ。

やりたいこと、もう一つは「キルト」。手の痛みは治まらないけど、キルトをやらなければ痛くないというわけでもないので、しばらく遠ざかっていたけど、また何か作りたいと思う。

やらなければならないこと、それは体力づくり。足腰を鍛えて、ミモザに負けないようにしなくちゃ。

「タイ語」、「キルト」、「体力づくり」。今日は「タイ語」と「体力づくり」はクリアー。昼間はタイ語の勉強をして、夜はWii Fitでテレビを見ながら1時間以上歩いた。1年の始まりとしては上出来でしょう。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »