« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.26

さよなら、トト

10日ほど前の金曜日、4月17日に、うちの猫「魚(トト)」が亡くなった。あと少しで18歳になるはずで、まったく当たり前になるはずだと思っていた。

2週間くらい前から食べなくなって、最後は水すらも飲まなくなって。18歳にあと少しだから、長生きといえるだろう。寿命があるとはわかっていても、いつまでもいつまでも、そばにいて欲しかった。それは私だけでなく、サーミーも、いつもくっついていた猫のタタも同じだ。ここ10日間は、みんな、空虚の中を生きていた。

トトの具合が悪くなった頃、ある添削サイトを知った。日本語を教えている生徒の1人が教えてくれたものだが、「先生もタイ語を書いたら、誰かが直してくれますよ」と言う言葉に惹かれた。そのサイトにサインアップして添削を始めてみると、ちょっとした間違いを直せばもっといい日本語になるのにと思わせる文がいっぱい。時間を忘れて添削に励んだのは、それを一種のタンブン(タイ語で「徳を積む」の意味)のように感じたから。ここで徳を積めば、トトの具合がよくなって、以前のように食べるようになって、以前のように・・・、以前のように・・・と、願いながら、添削を続けていた。

しかし、奇跡は起こらず、トトは旅立っていった。今回のペットロスは、日本語の作文の添削で癒した。トトが旅立った後も、あまり考え込まないように添削を続けていて、やっと元に戻れた気がする。飾られている猫の写真は3枚になった。トトを探し回るタタに、その写真を見せても、タタはよくわからないようだ。玄関に行ってみたり、窓から外をずっと眺めていたり、夜になると鳴きながら、家中を探している。たった一人で生活するのは初めてだから、きっと不安なんだろう。そう思うととても不憫になるが、もう新しい猫を求める気にはなれない。できるだけタタの相手をして、寂しさを感じないようにしてあげよう。

| | コメント (10)

2009.04.12

お国がかわれば・・

アメリカ人の生徒が「ちょっと、journal を書いたので、見てください」というので、添削をした。見ると、日常生活がつづられているそれは日記のようで、どこかの blog にでも掲載するのかと思いながら添削していた。

添削が終わって、「これはどこに(載せるの?...「載せる」という言葉は難しすぎるかな。それなら・・・)、書くの?」と聞くと、ノートを取り出し「これに書きます。」このちょっとした違和感。journal は diary と同義語だったのだ。この違いを尋ねてみると「同じだけど、diary だと13歳の女の子が書くものみたいです」とのこと。なるほど。そういえば、blog のタイトルなどに journal という言葉をよく目にすることを思い出した。

「先生のコンピューターはPCですか?マックですか?」と聞かれたことがある。以前、アメリカ人の生徒が、「PC、え~と、Windows より、マックの方が使いやすいと思う」と言ってたことを思い出し、「PCって、Windowsのことですよね」と確認してから答えた。ほかの国でもそうなのかしら。アメリカ人は Windows のことを PC と言うようだ。

台湾では焼いていない食パンのことも「トースト」というとか。「スーパーで食パンを買って来て」はすんなりOKできても、「スーパーでトーストを買って来て」といわれたら、一瞬考え込んでしまいそう。

週末に髪を短くして、登校した月曜日。その日、英語の先生の J は同僚たちから何度も「ナイスガイだね。」と言われたそうだ。 nice guy???髪を切ってすっきりしたから「カッコイイ」って言われたのだろう。「"Cool" ということですよ」意味がわかって、まんざらでもなさそうだった。

+α、「プラス・アルファ」よく使う言葉だ。もう少し何かが欲しい。あとひとつ何かがあったらいいんだけど・・・。これもアメリカ人には不思議らしい。αと何かが一致しなかったらしい。ま、日本語だからね。

テレビの連続ドラマのことを serie と言うのを最近知った。これはタイで使われている言葉のようで、ซีรีย์ と書く。日本語でもシリーズ物なんていうから、わかってもよさそうだったのに、ひらめかなかった。もっとも、タイのドラマ大好きな hanaちゃんなら、とっくに知ってただろうね。

| | コメント (4)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »