« 新刊説明会 | トップページ | 四字熟語 その2 »

2009.02.22

トルティーヤにはじまって

M090222アメリカ人Aの家でこれを見てから、トルティーヤにとりつかれている。というより、粉ものに夢中になっている。

そもそもは写真のトルティーヤが発端なのだが、これはコーンが入っているトルティーヤ。私は、実は、コーンが大好きで、ポテトチップスは無視しても、コーンチップスの前は素通りできないくらいなのだ。コーン・トルティーヤも、ああ、もう食べたくて、食べたくてたまらないけれど、いかんせん、こんな田舎町には売ってるはずもない。

そこで、ネットで探したわけだが、調べていくうちに自分で作っている人の多いことに気づき、挑戦することにした。なかなかコーン・フラワーがみつからなかったが、何件もスーパーを探し回るうちに見つけた。トルティーヤの中身も、案外いろいろ見つけることができて、びっくりした。自分で作ってみたら、これが意外とうまくいき、味をしめた。

しかし、心の中で、「チャパティ、チャパティ」とささやく声がする。少し前に読み終わった『女盗賊プーラン』のなかに、何度となくチャパティを食べた、チャパティを食べたい・・・と記述があり、それを忘れられずにいたのだ。よく考えてみると、ナンとトルティーヤって、よく似てる。調べてみたら材料は同じだ。ナンとチャパティーは小麦粉と全粒粉、醗酵させると醗酵させないといった違いはあるが、基本的には同じ。サーミーが無印良品のナンを焼けるのだから、私にチャパティが焼けないわけがないと、チャパティつくりにまで挑戦するほどだ。チャパティーも、まあまあうまくいったけど、全粒粉は私の胃にはちょっと重たい気がした。

というわけで、このところ、トルティーヤ、ナン、チャパティー、ロッティ、ピザ、クレープ、お好み焼き、もんじゃ・・・・と、粉の食べ物が頭の中を踊りまわっている。先日は、初めて餃子の皮に挑戦した。これも大満足。このマイ・ブームはしばらく続きそう。

ところで、私がはじめてトルティーヤという言葉を知ったのは、たぶんスパニッシュ・トルティーヤだろう。スペインの卵焼き、あれもトルティーヤというのだった。

|

« 新刊説明会 | トップページ | 四字熟語 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新刊説明会 | トップページ | 四字熟語 その2 »