« あけましておめでとうございます | トップページ | 5!5!5! »

2009.01.07

おしごと

気がつけば、今日は七草。三が日はいい天気だったが、そのあとはなんだかやたら寒い日が続いた。冬だから仕方ないのだけれど、寒い。寒くて、猫と一緒にコタツで丸くなりたい。でもコタツがないから、猫をひざに乗っけて、キルト三昧のお正月だった。それももうそろそろ終わり。私の休みは今日まで。明日から仕事が始まる。

仕事といってもフルタイムの仕事ではないから、他人からみたらずいぶん楽そうに見えることだろう。それでも私にしたら、何から何まで自分でやらなければならないから、それなりに大変だ。

「派遣」のことがずいぶん問題になっている。一時私も「派遣」されていたことがある。ある会社で日本語を教えていたときのことだ。契約期間は1回の契約で3ヶ月。その後の保証はまったくない。2回契約して、半年間働いた後、その会社での日本語授業がなくなったため、「派遣」の仕事はそれきりだが、現場を知らない担当者との連絡がもどかしく、隔靴掻痒の思いだった。

私の仕事スタートはクラークタイピストで、それこそ初めは手動のタイプライターだって打ってた。手が小さくて力がない私は、この手動のタイプライターが苦手で、電動タイプライターがあてがわれたときは、大喜びだった。当時「派遣のタイピストは1分に○○ワード打つんだよ」そんなことを話していた覚えがある。確かな数字は忘れたけど、私の数字よりはるかに早くて、すごいなぁと思ったものだ。それだけ「派遣」されるタイピストはスキルがあったということだ。以前は「派遣」されるのは、タイピストや通訳といった専門職に限られていたが、今ではちょっと事情が違っている。その事情を無視して勝手なことはいえないが、「派遣」がかっこよかった時代はもう終わっていることだけは確かだろう。

明日からの仕事の段取りを考えつつ、膝の上で丸くなっているタタの頭をよけながら、キルトの針を進めながらそんなことを考えていた。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 5!5!5! »

コメント

なにごとも、たとえパートタイムでも在宅でも、仕事となると責任も出てくるし、たいへんさはかわりませんよね。私が会社員だったときも、「派遣」の方は、ビジネス英語翻訳の女性と、テレックス業務!そう、テレックスなんてあった時代。の方でした。でも、入社したときすでに「電動タイプライター」でした。ふふふ・・・とはいえ、字がへたくそなのに、議事録の浄書とかやらされて苦労しました。パソコンの今がほんとにうれしい。話それてますが、派遣だと、「人が育たない」ので将来の日本がだめになってしまう。昔ながらの正式雇用、終身雇用制度はとてもいい制度だった、という話が出ていますね・・・。お仕事のないみなさんにいいお仕事見つかりますように。

投稿: チョムプー | 2009.01.11 10:43

>チョムプーさん
>でも、入社したときすでに「電動タイプライター」でした。ふふふ・・・

負けた!
テレックスなんて若い方は、きっと知らないでしょうね。(お正月早々、懐かしんでみたり・・・)

今の派遣の仕事は、誰にでも代わりができてしまうからこんな問題が起きるんですよね。仕事を大切にして、みなさん、しあわせになりますように!

投稿: meew | 2009.01.13 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます | トップページ | 5!5!5! »