« 盂蘭盆会 | トップページ | 2級ってこんな問題 »

2008.08.18

熱中症

暑い日が、これでもか、これでもかと続いていたが、昨日はとても涼しい日だった。生き返った思いをした人も多かったことだろう。暑くなり始めた頃は毎日のように、熱中症で何人ダウンというニュースを耳にしていたが、ここへ来て聞くこともなくなった。

さかんにニュースが流れていた頃、あるタイ人と熱中症の話をしたことがある。熱中症がよくわからない様子だ。「すると、寒い時になる病気はなんと言うんですか?」え?寒いから、寒中症?寒さにあたるなんて・・・聞いたことがない。そこではたと考えた。タイには熱中症はないのだろうか?あの暑い国。この程度の日本で熱中症になるのだから、もっと暑いあの国では・・・・・ないのだ、きっと。あの暑い国では、暑い時にどうすればよいかよくわかっていて、無駄に疲れるようなことはしないのだ。暑さに慣れていない日本人は、じっとしていなくてはならないはずの暑い時に、いつもと同じようにしているから熱に中るのだ。すると彼女のいったように、タイ人は寒さに中るのだろうか。以前こんな話を聞いた。タイから日本に来た留学生。ある冬に、何日も学校を休んでいる。世話人が彼女のアパートを訪ねてみると、あまりの寒さに怖くてドアがあけられなかったというのだ。これなんか、一種の寒中症かな。

暑さが厳しくなっても、人がそれに対処する能力を身につけると、災いを遠ざけることができる。人は学ぶものなのだ。私はあまり学ばないけど。じゅうぶん水分をとって、じゅうぶん休息して、暑さは乗り切った。しかし、これからくる冬の寒さ(すぐにはこないけど)をおもうと、私はそれこそ、寒中症になってしまわないかと心配になる。寒さに弱いのだ。ちょっと涼しくなると、うれしい反面、気が重くもなってくる。

|

« 盂蘭盆会 | トップページ | 2級ってこんな問題 »

コメント

いそいそと北海道に嫁いだくらいだから
私が寒さに強く、夏は嫌い…ということは
想像に難くないかと思いますが…
北海道暮らしも20年近く経って、すっかり
北国仕様になってから 兄の結婚式でタイに行くことに。 
はたして暑さに耐えられるか正直自信は皆無でした。
が、言葉の壁があったため 常に日本留学経験のあった
嫁さんの友達が一緒で、彼女と同じものを食べていたら(注:生モノと屋台売りの水分は除く) 辛いものは苦手なはずだったのに汗をかきつつ美味しくいただき、
胃も壊さず、バテルこともなかった…
郷に入っては郷に従えだったのですね~

暑いとなると冷麺・かき氷・夏野菜のサラダというように体を冷やす日本人の知恵。 そういえば いつからか夏にはお風呂に入らずシャワーだけになったし。
はたして正解なのだろうか…?

投稿: 駄菓子屋ともこ | 2008.08.31 22:56

>駄菓子屋ともこ様

ともこさんが寒さに強いだろうことは、はい、想像に難くありませんが、辛い物がダメなんですか?ちょっと意外。でも、タイでタイご飯を楽しんだようでうれしい限りです。私も辛いのがダメなんですよ。それから、実は冷たいものも。アイスクリーム(アイスも含む)は大好きなんだけど、飲み物は夏でも暑いのが好きです。

蝉の声にかわって、虫の声が聞こえてくるようになりました。稲刈りも始まったし、秋も近しですね。

投稿: meew | 2008.09.01 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盂蘭盆会 | トップページ | 2級ってこんな問題 »