« LOSO MY BEST 10 | トップページ | 悩み続ける日本語教師 »

2008.06.28

悩める日本語教師

2月の終りにオファーがあって、3月から日本語のレッスンを始めた生徒がいる。一度トライアルレッスンをやってからのスタートだったが、トライアルでOKしてくれたものの、翌週はキャンセル。その後も2週レッスンをすれば、3週キャンセル。その後飛び石が続き、2週続いてレッスンができたと思えば、次の2週は連続で休み。3週続けてレッスンをしたことがない。

その生徒は今年の日本語能力試験受験(12月)という希望なのだが、3月の時点ではそれほど問題視していなかった。ところが、実際にスタートしてみたら、こんな状態。さらに、思ったより日本語能力に穴があり、その穴埋めに時間がかかっている状態。日本語能力試験の勉強に、まだ入っていない。

こんなにキャンセルが発生するのは「急にシフト以外の仕事が入るから」らしいのだが、休日には他で日本語のレッスンを受けている。そちらは無料なので優先するようだ。これまでのところ、私とのレッスンは予定数の半分にも満たない。こんな状態で、12月の試験に合格させられるか、まったく自信がない。

「いいよ、いいよ、仕事が忙しいんだもの、しかたがないよね。」やさしい顔でそう言うのは、たやすい。でも、それが何のためになるんだろう。

|

« LOSO MY BEST 10 | トップページ | 悩み続ける日本語教師 »

コメント

ここに同じ悩みをもつ英語教師がおります。
こちらは親のプレッシャーもあるのだろう、まじめに来るのだけど宿題をやってこない子がいる。
うちの塾は宿題忘れに、とても厳しい。
確かに週一度の勉強だけで成績を上げていくなんて無理。 宿題をやってくれば、出来なかったところ、間違えたところからスタートできるから見落としを防げるし、時間配分も上手くいく。
「生徒のモチベーションを上げるところから私たちの仕事は始まります!」と言われてしまっては言葉もないけど。
来たり来なかったりが一番厄介ですね。

投稿: 駄菓子屋ともこ | 2008.06.29 17:51

> 駄菓子屋ともこ さま
ほんと!来たり来なかったりが一番厄介。
それに、その日になってのキャンセルは、準備したあの時間を返して!って叫びたくなる。1週間、心にとどめて置けないし。といいながらも、楽しいこと、たくさんあるんですけどね。

投稿: meew | 2008.06.30 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LOSO MY BEST 10 | トップページ | 悩み続ける日本語教師 »