« まっちのキルト 1 | トップページ | まちがいさがし »

2008.02.22

The Grass Roots Week

30年以上も前に聴いてた The Grass Roots というバンドがある。今日本語を教えているアメリカ人の若者たちに聞いてみたけど、誰一人として知らなかった。日本人の若者でもきっと同じだろうけど、でも、私と同年代の人なら、テンプターズが歌っていた「今日を生きよう」という曲で知っているかもしれない。

レコード盤で聴いていたグラスルーツも、そのうち聴かなくなっていたが、10年ほど前にアメリカへ行った時に、CDショップでグラスルーツのCDをみつけ、なつかしさとともに聴いてみた。が、なんか違う。私が聴いていたのと違うのだ。再結成して新たに録音し直したもののようだ。

それからまたしばらくグラスルーツを聴くこともなかったが、先日、iTunesでグラスルーツを見つけ、ダウンロードしてみた。私がアメリカで購入したのとは微妙に違うのだが、やはり、昔聴いていたあのグラスルーツではなかった。家にレコードはあるのだが、ロフトの奥の奥、ちょっと入っていけないところにあり、なにしろ、レコードプレーヤもないし、レコードが聞ける状態かどうかもわからない。ああ、オリジナルを聴きたいな。そう思いながら、アメリカの iTunesを見たら、ORIGINALとクレジットされた曲も見つけた。ほんの少しだけど試聴できるので聴いてみたら、今手元にあるのと明らかに違う。わぁ!これ、欲しい。そう思って、購入手続きをとったら、案の定、私はアメリカのiTunesでは購入できなかった。

以前、生徒の一人、Dが(彼はアメリカのiTunesを利用しているのだが)日本のiTunesでは曲が買えないと言っていたのだ。日本のiTunesでもグラスルーツの曲は買えるのだが(実際、すでに買っているのだ)、それはオリジナルじゃないのだ。そこで、私は考えた。曲をプレゼントしてもらえば大丈夫ではないだろうか。お金は私が出すから、Dからのプレゼントにしてもらおう。そう思って、Dにお願いした。まずは私が日本のiTunesのサイトから、Dに日本でしか買えない曲をプレゼントすることにした。Chage&飛鳥の"Say!Yes!"をリクエストしたので、それにした。彼のPCを使ってやったのだが、まちがえて購入ボタンを押してしまった。これは購入できたのだが、その後もう一度違う曲で"GIFT"を選択すると、このサイトでは購入できないというメッセージが出る。Dに私の家まで来てもらって、私のPCを使って、曲を購入、DL、そして最後にオーサライズすれば曲を手に入れることができるけど、それは現実的ではない。iTunes での購入はあきらめた。

iTunesで試聴して、どのアルバムが欲しいアルバムかはわかっているから、そのアルバムそのものをさがすことにした。実は、もうCDを増やしたくないのだ。それで、ネットでのDLが気に入っていたのだけど。ま、しかたない、さがすことにした。するといとも簡単に見つかった、アマゾンとHMVで。それぞれに注文することにした。アマゾンの方はアメリカから直接送ってくるのにもかかわらず、送料は340円。これには驚いた。HMVは日本に到着してから送り直すようだ。こちらの送料は368円。アメリカから送って来た方が1日早く届いた。コンパクトな包装に感激。それに引きかえ、HMVの方はたった1枚のCDなのにこんな大きな箱。

M080222

左がアマゾン、右がHMV

iTunesでDLするのとそれほど違わない金額で手に入れることができたので喜んでいるが、どうしてiTunesは国を越えて利用できないのだろう。謎だ。

グラスルーツについては、実はあまりよく知らなかったということがわかった。「今日を生きよう」がデビュー曲で、そのすぐ後にメンバーが変わったと思っていたが、違っていた。”Where were you when I needed you"の方が先だったのだ。PFスローンからスティーブ・バリへ移ったことによって、フォークロックから、ブラスが入ったあのグラスルーツに変わっていったのだ。グラスルーツのファンクラブのスタッフだったのにもかかわらず、こんなこともよくわかっていなかったのだ。なしろ高校生の頃のことだから。当時はインターネットもなかったし。

というわけで、今週は The  Grass Roots Week。もう何回ループしたことだろう。車の中ではいつも聴いている。そろそろ王子様がなつかしくなって来た。

|

« まっちのキルト 1 | トップページ | まちがいさがし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まっちのキルト 1 | トップページ | まちがいさがし »