« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

導かれし者たち

待ち望んでいる「ドラゴンクエストⅨ星空の守り人」より先に、「ドラゴンクエストⅣ導かれし者たち」の発売が決定した。その予約受付が開始されたというので、Amazonに予約をしておいた。発売は11月22日。DQシリーズは全部やってしまってるのに、持ち運べるとあれば買いたくなってしまう。「ドラゴンクエストⅣ導かれし者たち」は、スーパーファミコンでも、プレイステーションでもやってるのにね。因みに、最初にスーパーファミコンで発売されたのは1990年2月11日。この頃はコンピューターゲームなんて全く知らなかったので、もちろんリアルタイムでやってはいない。後に全シリーズを集め回ったというわけだ。プレイステーション版は2001年11月22日に発売されている。そしてDS版が2007年11月22日。なんと!PS版とDS版は同じ発売日だ。トルネコがはじめて登場したんだった。また、同じように楽しめるかなぁ。

M071031

| | コメント (0)

2007.10.27

最近、気になる言葉たち

J-popにくわしく、しかも日本語ペラペラのTが今一番好きだといって聴かせてくれたのが「創聖のアクエリオン」この曲ならテレビのCMで聞いたことがあった。でも、私の心に残っていたのは、曲ではなくて、ナレーション。「あなたに合体したい」と言っていた。画面に文字も出ていたから間違いない。「合体する」は「に」ではなくて、「と」だろうに。そう思ったから、よく覚えていたのだ。それが、その後じきに「あなたと合体したい」にナレーションもスーパーも替わった。うるさいおばさんが投書でもして文句を言ったので、録音し直したのだろうか?初めから2バージョン用意しておいて、異議を唱えられたら変更するつもりだったのか?いや、わざと違和感を覚えさせて、人の耳を引く(?)作戦だったのか?実はそれほど好きな曲ではないのにれだけ考えさせるなんて、いずれにしても、作戦はみごとに成功したようだ。

広辞苑第6版に新しい言葉が増えるという記事を読んだ。「『いけ面』は辞書には載っていませんよ」と授業では言ってきたけど、この「いけ面」も辞書に載る言葉になったそうだ。いままで「イケ面」と書いてきたけど、辞書に従えば「いけ面」と書くべきなのかもしれない。

正しいことばなんて、実はないということは十分承知だが、それでも耳障りの悪いことばは存在する。最近、気になるのは(「嫌だ」という意味なのだが・・・)、文頭に立つ「なので」「ですので」。若い人たちの掲示板での文でよく目にしていたが、最近ではテレビでも耳にするようにもなった。最初に耳にしたのは、台本のないトークの時だったから、つい出ちゃったのかと思ったが、その次に耳にしたのは吹き替えドラマだった。これは意図して使ったわけだ。もうしばらくすると、「自身」、「結果」などと同じように、文の始めに使っても、誰も何も思わなくなってしまうんだろう。

録画した番組を見ていたら、ヨーグルトのCMで「お試ししてほしいから・・・」と言っていた。これも気になるなぁ(好きじゃないと意味。しつこいけど・・・)。M乳業の製品だったけど。このCMの制作会社にも、クライアントにも、この部分を気にする人がいなかったようだ。

さらに、しつこく。先ほどの「耳障り」ということば。耳に障るのだから、当然、心地よくないわけで、悪いに決まっている。障ると触るの混同で、「耳障りのよい」を使うんだろうけど、それにしても「ガサガサの手で耳をなでられてそれが気持ちいい」だなんて!

これで最後。上の文で「・・・気持ちいい」だなんて、と書いた。耳には、「きもちいいだなんて」と聞こえるはず。今日は寒いだ。これはおいしいだ。って言うと、meew先生、違うって言うくせにどうして気持ちいいだは良いの?という声が聞こえてきそう。気持ちいいが「 」で括られて名詞扱いになっているからなんだけど、耳だけで聞いたときは間違えそう。先日もある生徒からの質問で「日本人はどうして『行くだって』『おいしいだって』と言いますか?間違いでしょう?」というのがあった。よく聞いてごらんなさい。「行くんだって」「おいしいんだって」と「ん」が入っているから。早い段階で訂正しておかないと、この間違いは定着しちゃうと直すのが本当に難しい。でもこういう小さなことがきちんとできていると、聞いていて気持ちがいいのだ。でも耳障りがいいなんて、絶対に言わないからね。

| | コメント (0)

2007.10.25

車検

今年は車検なので、今日、車を出した。先日人を乗せたら、ぬかるみを歩いたらしく、助手席の足元がドロドロになっていたのが、とてもきれいになって帰ってきた。車の外側は洗っても、室内は手を抜いていたから、とてもうれしかった。

この車検で、以前から悩みの種だったところを直してもらった。車の中でiPodを聴いている。、一度音を飛ばしてみたのだが、雑音がひどいのであきらめた。さいわい私のカーステレオにはAUX端子があるので、これを使って聴いている。ところが!ケーブルが断線しているのか、右からだけ聞こえたり、左からだけ聞こえたり・・・ああ、なんとかして!ケーブルを動かすと直ったり、またおかしくなったり・・:。

わざわざカーステレを引っ張り出してもらうのも悪いと思ったので、この機会を待っていた。さっき、車が戻ってきたが 、音の不調の原因は、どうやらこれだったようだ。

M071025

どうもカーステレオの後ろに空きがなくて、こんな状態で刺さっていたらしい。なんとかわいそうに!L字型の差込のケーブルを用意しておけばよかったけど、なんとかしてくれたらしい。でもまた同じようなことが起こるかもしれない。でもその時は、L字型のを使えば問題ないということがわかったので、安心した。さ、これで明日から、ストレスなく音楽が聴けるぞ!これは、この上もなくうれしい。

今日はレッスンがなく車も代車だったので、結局一日中家にいて、パッチワークを仕上げたり、上着の袖を直したり、日頃見ないことにしている隅っこの掃除をしたりして過ごした。今日の夕方には雨が降ってほしくなかったので、雨がふりませんようにと願っていたのだが、4時半頃に雨が降ることがなかった。よかった。ソファ・ベッドの搬出はうまく行っただろう。

| | コメント (0)

2007.10.20

終わりよければ・・・

疲れがとれないままはじまった週は、出だしから調子が悪くて、とうとう最後まで、ついてない一週間だった。週の途中で、気分転換のために、テレビやビデオを寝室の中に移した。私の一番好きな部屋で、映画を見られる季節になった。寒い季節は、この狭い部屋が一番。

ところが、移動のためにビデオなどの電源を切ったわけだけど、こうすると、初期設定に戻ってしまうのだった。シンクロ録画をオンにするのは忘れなかったけれど、二ヶ国語にしておくべきところを、そのままステレオのまま、忘れていた。(大体が、「二カ国語」か「ステレオ」かどちらかを選ばなくちゃいけないというのが、このビデオ・レコーダーのダサさなんだけど)昨日は、Heroesの放送があったので、予約録画をしておいた。このHeroesの放送についても、一言あるけど、もう、文句ばかり言っても仕方ないから、これは省略。

一週間の仕事が終わって、待ちに待ったHeroesの第三話を見ようとしたら、このステレオ録音のために、日本語と英語がいっしょに聞こえる。スピーカーの音を、右、左に分離できないので、赤と黄色のコードを代わる代わる抜いてみたけど、ダメ。ああ、最後までついていない週だったのね。二ヶ国語の放送はもう終わっていたけど、字幕の放送が今日あったので、何とか第三話を見ることができた。

Heroesには、ヒロ・ナカムラという日本人が登場する。日本で働くサラリーマンという設定。何週間か前に見た時、ヒロ・ナカムラ役のマシ・オカの日本語が使い物にならないと感じたので、吹き替えを見ることにした。時々、オリジナルの音声にもどしてみたけど、日本人の声優で聞いてしまったら、とても聞く気にはならなかった。それで、吹き替えで見たかったのだけど、今日は仕方ない、字幕スーパーで見た。すると、馬鹿にしていたマシ・オカの日本語がとても自然に聞こえてきた。それもそのはず、アンドウ君役の人の日本語が最低。日系ではないのでは。あまりの下手さにそう思ったくらい。設定をちゃんとチェックして、なんとしても第四話からは吹き替えで見ることにしよう。

あまりよくなかった週も、最後にはいい天気で、いい気分で終わらせることができるかも。今日は、これから活躍してくれる、ベッドカバーのキルトをおひさまに当てることにした。するとやっぱり、何してるの?と、タタが見に来たので、二人でベランダに出て、しばらく遊んだ。外(?)を満喫したタタは、その後も「ネコジャラシ」をせがんでうるさいくらい。いつも遊んであげられなくて、申し訳なく思ってるから、今日はほんと、よく遊んだ。夜は、おひさまのにおいいっぱいのキルトの上で、タタの「ゴロゴロ攻撃」を受けるのだろうな。

M071020

注:「ゴロゴロ攻撃」寝ている私の胸やお腹の上に乗って、喉をゴロゴロ鳴らしながら、甘えてくること。実は、飼い主にとっては至福の時。

| | コメント (2)

2007.10.13

気分転換

月曜から金曜まで働くのは、これは当たり前のことなんだけど、基本的に働くのが好きではない私は、ちょっとつらい気分になってきている。毎日、夜の仕事で、帰りも遅く、猫と遊ぶ時間も少なくなってしまった。本当は午前中は仕事を入れたくないんだけど、週に2日は午前からの授業がある。この仕事は、ただ出かけていけばよいというわけではなくて、出かける時にはもうすでに仕事の8割くらい終わっているようなものだ。最近はこの準備に思うように時間がかけられなくて、休みの日にもつれ込むことも。今日も朝から準備をしていたのだが、とてもやっていられない状態になってしまった。そんな時には、気分転換。テレビの前に坐り、キルトを広げて、しばし、ミステリーの世界へ。その後は、エドワード朝のカントリーハウスへ。

さ、気分転換したところで、来週のレッスンに向けて、準備の続きです。

| | コメント (0)

2007.10.07

のりっく

夜遅く、2輪レーサーの阿部典史(ノリック)が交通事故で亡くなったことを知った。最近は、週に5日間、往復で2時間ほどの距離を移動していて、事故には十分気をつけなくてはと改めて思い直したところだった。国道ばかりでなく、山道も走るので、前後に車がいる時はより気をつけている。歩行者はそれほどいないけれど、自転車やオートバイにも注意しなくちゃ・・・と思っていたのだった。久しくノリックの事を聞いていなかったけれど、こんなニュースだなんて。個人的には、ショックだった。

| | コメント (0)

2007.10.05

スピーチコンテスト

この辺りの中学生による、英語のスピーチコンテストが行われた。高円宮杯スピーチコンテストの地区予選らしい。まずは最初の予選会。

実は、このスピーチコンテストのために、現在教えているALT(Assistant Language Teacher)たちが、夏からずっと指導してきたのだ。初めてだけど、どんな様子か、レッスンの空き時間を利用してちょっと覗いてみた。一日がかりのコンテストで、先生も生徒もだいぶ疲れている様子。それでも、みんな生き生きとしていたので、私もちょっとうれしかった。

スピーチコンテストといえば、英語学校時代に私もスピーチコンテストに出たことがある。この時は、あるアイディアで、2位に選ばれた。私の好きな詩人のことをテーマにして、彼の詩を英訳したのだった。このアイディアが受けて、発音や構成は問題ありだったのに、大きな英英辞典をもらったことを思い出しながら、聞いていた。さらにつけ加えれば、スピーチコンテストの前夜、新宿で飲み明かし、先輩がハードコンタクトレンズでトラブルを起こしたりで、家には帰らず、下駄履きのままコンテストに出たのだった。(今の私からは到底考えられないような、青春時代だったんです。)

賞をもらった人ももらえなかった人も、みんなよく頑張ったね。さて、12月には、日本語能力試験がある。何人かのALTの先生たちは、これから自分の勉強をがんばらないとね。

| | コメント (0)

2007.10.03

よく似てる

授業の後、少しおしゃべりしていたから、家に着いたのは9時少し前だった。すぐにお風呂に入り、上がったら、ブアカーオと魔裟斗の試合は始まっていた。それにしても、ブアカーオと魔裟斗。区別がつかないのは、私だけ?顔のアップだとどちらかわからなかった。でも、サーミー曰く。「ブアカーオはあまりアップにならないんだよ。」・・・なるほど。それにしても、ブアカーオと魔裟斗、Sek LOSOBird Thongchai ぐらい似てた。

| | コメント (3)

2007.10.01

秋のはじまり

M071001 10月といえば秋で、そりゃ少しは涼しくてもいいけど、今日はちょっと寒すぎ。まるで秋を通り過ぎて、冬のようだった。今日のレッスンは、とあるカフェで。日本ではもうすっかりポピュラーになった、ハロウィン一色。ドラえもんもコスプレしてた。でも、頭が切れちゃって、ちょっとよくわからないね。・・・あいかわらず、写真が下手くそ。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »