« 仕事、始まる | トップページ | 気になる日本語 »

2007.01.10

背中のさすり方

先日の「ピサジ」をみていて、気がついたことがあった。嫌いなレバーを無理やり食べさせられて、もどす子供の背中を指す仕草だ。背中を下から上へさすっている。私はどうかと考えてみたら、上から下へさする気がする。今日はタイ人3人のレッスンなので、そのうちの一人Aに聞いてみた。彼女の話によると、タイでは人によって上からさすったり、下からさすったりするらしい。彼女は私と同じ「上からさする派」だということ。ついでにサーミーにも聞いてみた。すると彼は「往復」。なんともAB型の答。

|

« 仕事、始まる | トップページ | 気になる日本語 »

コメント

もどす行為は、下から上へ中身が移動している状態だから、私も下から上にさすりますね。
食べ過ぎたり具合が悪かったりで吐きそうなときは、左を下にして寝るのがいいそうです(腸の向きで、上がってきやすいらしいです)。
血の巡りが悪くてだるいようなときは、右を下にして横になるのがいいそうです(血の流れの関係から)。
とはいえ、こんなこと知っていてもとっさにはできませんね。

投稿: hana | 2007.01.12 22:04

>hanaちゃん
なるほど!餅は餅屋ですね。サーミーもちょっとそんなことをいってたのですが、往復でさすった方が効果的かなぁ・・・なんて。このさするという行為は実際の効果より、精神的に安心するためなのかもしれませんね。
我が家で「もどす」のは猫だけですが、さすが猫は下から上にはさすれません。

投稿: meew | 2007.01.13 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事、始まる | トップページ | 気になる日本語 »