« 何を考えていたかっていうと | トップページ | Nothing gold can stay »

2007.01.03

映画2006 10-12

ミステリーアパート/隣人は静かに笑う/スキャンダラス・マーダー/river/銀のエンジェル/イギリスから来た男/あなたに降る夢/ある結婚の風景/ライアー・ライアー/日の名残り/エリザベス/マーサの幸せレシピ/海辺の家/恋におちたシェイクスピア/市民ケーン/ヘンリー5世/ハムレット/オセロ/家族の肖像/アリス/タイム・ラビリンス 時空の扉/シャンドライの恋/父 パードレ パドローヌ/マタンゴ/エマ/予にも憂鬱なハムレットたち/ペリカン文書/ランスキー アメリカが最も怖れた男/カレーライス/秘密の花園/不滅の恋 ベートーベン/ジキルとハイド/小説家を見つけたら/ジェイコブス・ラダー/アザーズ/シャイニング/ネバーランド/ギャザリング/燃えつきた納屋/大人は判ってくれない/君に読む物語/華氏451/クリスマスキャロル/不思議の国のアリス/世にも奇妙な物語/ハメット

観たかどうかの確認のための記録だけど、折角だから、2006年のマイ・ベスト映画の発表。それは「家族の肖像」。こういう映画がわかるようになったってことは、大人になったってことかな。(「年をとった」と「大人になった」・・・)今年はルキーノ・ヴィスコンティ 生誕100年とのことで、いろんなところで見聞きした。クラウディア・カルディナーレが美しい「山猫」もMから入手して観た。(そういえば、「イノセント」をレーザー・ディスクで持っているんだ。レーザー・ディスク、ご存知でしょうか。)「山猫」はその美しさの割には、胸に響くもののがなかったが、「家族の肖像」では、教授の気持ちが何の障害物もなく私の心に伝わってくる気がした。この映画で、はじめてバート・ランカスターの魅力がわかった。(ヴィスコンティとは関係ないが、サーミーはCCが好きらしく、こんなのもあるよと「鞄を持った女」をかしてくれた。が、この映画はおもしろくはなかった)

わりと気に入ったのは、ベティー・ディビスの「呪われた森」、アイリス・マードックを描いた「アイリス」、やはり認知症がテーマの「君に読む物語」。私好みの「マルコビッチの穴」と「マルコビッチの穴」。マリー・アントワネットで今年話題のキルスティン・ダンストがタイムスリップする「タイムラビリンス~時空の扉」。S・キングの「アトランティスの心」や「ネバーランド」も好きだ。

2006年
1 - 3
小さな中国のお針子/ルル・オン・ザ・ブリッジ/何かが道をやってくる/キッドナップブルース/Jesus Christ Superstar/みんなの家/呪われた森/ジャイアント・ピーチ/キラータトゥー/ションヤンの酒家(みせ)/アイリス/三人の帰宅/アメリ/ポワロのクリスマス/ミシシッピー・バーニング/ゴルフ場殺人事件/俺たちに明日はない/武器よさらば/静かの海/ガウディ・アフタヌーン/Do the right things/アカデミー 栄光と悲劇/スリーピー・ホロー/ロボコン/スイミング・プール/アクロイド殺人事件/裸のランチ

4 - 6
マイケルコリンズ/私がこわされる時/初恋の来た道/ショコラ/ホテル・ニューハンプシャー/花とアリス/白いカラス/ナビィの恋/2046/バトル・オブ・シリコンバレー/黙秘/三銃士/フェリーニのローマ/イル・ポスティーノ/グリフィルキン おとぼけ悪魔氷上バトル/悲しみよさようなら/真夏の夜の夢/ヤンヤン夏の思い出/ギフト/ブリジット・ジョーンズの日記/ガープの世界/ジャンダラー/歌え!ジャニス・ジョプリンのように/アタックナンバーハーフ/アタックナンバーハーフ2/ナイトメア・ビフォー・クリスマス/フラッシュ・ゴードン/シザーハンズ/シクロ/ビートニク/g@me 

7 - 9
あるべらえず うんべると~消え入ぬように~/愛がこわれる時/さらば冬のかもめ/テープ/MISTY/ラストゲーム/スウィート・ノーベンバー/風が吹くまま/蠅の王/24時間千万回の奇跡/アダプテーション/レインマン/パイレーツ・オブ・カリビアン/「タイムラビリンス 時空の扉/痩せゆく男/マルコビッチの穴/バックビート/木村家の人々/ロング・グッドバイ/ゴスフォート・パーク/ミッドナイト・エクスプレス/ホテル・ハイビスカス/アトランティスの心/星になった少年/冷血/イージー・ライダー/解夏/妖精たちの森/穴/マジェスティック/十二夜/チョコレート/名探偵登場/グロリア 

10 - 12
ミステリーアパート/隣人は静かに笑う/スキャンダラス・マーダー/river/銀のエンジェル/イギリスから来た男/あなたに降る夢/ある結婚の風景/ライアー・ライアー/日の名残り/エリザベス/マーサの幸せレシピ/海辺の家/恋におちたシェイクスピア/市民ケーン/ヘンリー5世/ハムレット/オセロ/家族の肖像/アリス/タイム・ラビリンス 時空の扉/シャンドライの恋/父 パードレ パドローヌ/マタンゴ/エマ/予にも憂鬱なハムレットたち/ペリカン文書/ランスキー アメリカが最も怖れた男/カレーライス/秘密の花園/不滅の恋 ベートーベン/ジキルとハイド/小説家を見つけたら/ジェイコブス・ラダー/アザーズ/シャイニング/ネバーランド/ギャザリング/燃えつきた納屋/大人は判ってくれない/君に読む物語/華氏451/クリスマスキャロル/不思議の国のアリス/世にも奇妙な物語/ハメット

|

« 何を考えていたかっていうと | トップページ | Nothing gold can stay »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何を考えていたかっていうと | トップページ | Nothing gold can stay »