« 皆勤ならず | トップページ | こわい食べ物 »

2006.12.08

キャット・レスキュー

先月、崖崩れを防ぐコンクリート防護壁内動けなくなっていた犬(『崖っぷち犬』として有名かも・・)が、無事救出されてほっとしたが、今度は猫が木からおりられなくなっていたとか・・・。猫が木からおりられないなんて、ちょっと情けない気もするが、こんなことがあった。

もう何年も前のことだけど、ちょうど我が家の近くに崖崩れを防ぐ例のコンクリート防護壁というのができてすぐのこと。例の崖っぷち犬がおりられなくなったのと、まさに同じところに猫がいたのだ。3晩かそこいら、夜になると悲しげな鳴き声がして、それがだんだん弱くなっていくようだから、私たち家族は気が気ではなかった。はじめはどこで鳴いているのかわからなかったのだが、防護壁の中ほどの段の上、崖っぷち犬がいたあの場所に見つけた時は、目を疑った。たしかに、上にも下にも、右にも左にも移動できそうにもない。消防に電話をしようかと思ったが、その時、ある人のことが頭に浮かんだ。それはサーミーの仕事仲間のカーペンター・T。私たちの猫好きを知っている彼は、本当は「なんで俺が?」と思ったのだろうが、なんとか聞き入れくれて、防護壁をのぼっていき、猫を救出してくれた。地面に下ろされた猫は、お礼も言わずに一目散に逃げていってしまった。

その時の様子をビデオで撮っておいたらよかったと思うが、その時はそんな余裕なんてなかった。あげようと思って用意しておいた餌に目もくれずに、猫は逃げていってしまったけれど、私たちはほっとした。

いく度か、動物の救出劇が報じられるたびに、カーペンター・Tの救出劇を思い出す。彼は、救出の網も袋も何も持たずに助けだしたのだから、それはすばらしいものだった。

|

« 皆勤ならず | トップページ | こわい食べ物 »

コメント

そのニュースどちらも見ました!ちいさい命を助けるために一生懸命・・・まだまだ日本人も捨てたもんじゃないなーと・・・でもカーペンターTさんはすごいですねえ。ってか、ちょっとTさん危なかったのでは?!おかしかったのが、このワンちゃんを救った救急隊長さんが、番組で和田アキ子さんに、「私とアイドルが両方この崖にいたら、どっちを先に助けますか?!」とこわい質問をされたのに、あわてずさわがず、「そういう場合は弱っているほうから先に救出することになっています」と答えられたのがかっこよかったですー。
さすが、プロ!って感じでした。

投稿: チョムプー | 2006.12.09 10:17

>チョムプーさん
>「弱っているほうから先に救出する」ほんと、プロですね。
カーペンターTさんも、プロのカーペンター(大工)なので、高いところは何のその、それに動物好きだし、見事なプロの仕事でした。

こちらには無賃乗車した黒猫ちゃんのニュースが。

http://www.chunichi.co.jp/00/gif/20061209/lcl_____gif_____015.shtml

投稿: meew | 2006.12.10 14:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皆勤ならず | トップページ | こわい食べ物 »