« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.29

ドロボウ

特に大掃除はしないことにしたが、外回りはきれいにしようと、昨日今日は植物と格闘。といっても、私の家には土の部分がほとんどなく植物もないのだが、家のすぐ裏山に馬刀葉椎(マテバシイ・こんな漢字があるとは知らなかった)の木がたくさんあって、そのどんぐりと落ち葉のかたづけ、そして、隣地に生い茂っている雑草が道路にまで伸びてきているので、そのカットをしていたのだ。先日の大雨でだいぶ落ち葉も濡れていたので、昨日はざっと集めて、乾くのを待った。昨日今日と天気はよかったので、昨日あんなに濡れていた落ち葉もすっかり乾き、今日は、駐車場もその上のまるで落ち葉置き場にでもなっているようなところもすっきりきれいになった。

最近餌をねだる猫にえさをあげる度、雑草の「ドロボウ」がズボンの裾にくっついて困るので、今日は雑草の手入れも。庭と呼べるようなところがない家だから、鎌やら植木バサミなどはない。大き目の花ばさみで切る。ただひたすら切る。細かく切って、燃えるごみ用のビニール袋に入れる。どんどん入れる。落ち葉と雑草とあわせて、大きな袋二つがいっぱいになった。

今日は少し風があるけど、陽がさしてあたたかい。とても気持ちよく作業をして、ふとジャージーを見ると、「ドロボウ」がびっしり。

実は私はこの土地に引っ越してくるまで、この「ドロボウ」を知らなかった。私が生まれ育ったところは、東京の下町で、緑の自然が少ないとろだった。祖母は庭いじりがけっこう好きで、いろんな花が鉢に咲いていたけど、雑草はなかった。今住んでいるこの田舎に来たら、緑の自然がいっぱい。雑草がいっぱい。以前住んでいたアパートの裏にちょっと行ったら、ズボンの裾に雑草がびっしり。それを見た近所の人が、「ドロボウをつけてる」といったので、びっくり。引っ越してきた頃は、本当に何も知らなかったのね。

今日、私がつけたドロボウは「コセンダングサ」だと思う。この類の、棘のあるくっつきやすい種子を「ドロボウ」と呼んだり、「バカ」と呼んだり、「ひっつき虫」と呼んだりするらしいが、子どもの頃にこの存在を知らなかった私ははじめて聞いた「ドロボウ」でインプットされ、あれからずっと「ドロボウ」と呼んでいる。

きれいになった駐車場に座って、陽を身体いっぱいに浴びながら、ジャージーの上下に着いた「ドロボウ」をひとつずつ丁寧に取っていた。すっかり大仕事をした気分になって、今年はいい一年だったなぁ。来年もいい年になるといいな。そんなことを考えていた。あと少しで今年も終わる、そんな師走の一日だった。

| | コメント (3)

2006.12.24

クリスマスの花火

M061224

夏の花火は当たり前だけど、ここではクリスマス・イブに花火があがる。

市として、あんなに借金があるのに、花火大会なんて必要なのかしら。実は、そんな風に思っていた。夏の花火は今やどこでもやっているし、市町村合併でひとつになった市でも今までどおり何ヶ所かで、花火をあげている。その都度、音だけで姿は見えず、うちの猫たちはびっくりするし、あまり好きではなかった。その花火をクリスマスにも!

はじめは「なんで」と思ったけど、よく考えてみたら、クリスマスのこの時期、この辺に住む恋人同士には遊び歩く場所もないのだ。都会のようにクリスマスイルミネーションがあるわけでもなく、洒落たお店がそうたくさんあるわけでもなく、とりあえずは特別な日とされている「クリスマス」をやっぱり特別に過ごしたいよね。そう考えると、頑張れクリスマスの花火!って言いたくなった。

この写真は、家から撮ったもの。引っ越してきた頃だったら、きれいに見えたんだけど、今ではマンションのせいで、花火も半分だけ。花火の数も思ったより少なかったけど、楽しい思い出ができたかな。

| | コメント (0)

2006.12.21

今日、気になった日本語

今日出かけた先で、こんな日本語を見つけた。

M061221

ケータイで撮ったので、わかりづらいが、左の写真はトイレの個室内にある子どもを座らせておく椅子の説明にあったもの。「※お子さまを取り出す時はPUSHボタンを押して・・・・・」

右の写真は、セルフのガソリンスタンドにあったもので、「消防法によりセルフ給油所ではポリ容器へのガソリン給油が禁止されています。ご了承願います。」とある。

このふたつの説明文がとっても気になった。どこか気になったのかって?あ、出かけなくちゃいけない時間だ。続きはまた後で・・・。

帰ってきたので、続きを・・。

左の写真の文は、もちろん「取り出す」。お子さまって持ち上げておきながら、「取り出す」なんて、物みたい。「※お子さまを抱き上げる時は・・・」って書いてほしかったです。

左の写真の文は、「は」と「が」の問題です。「は」の後ろが重要(あるいは未知)事項、「が」の前が重要(あるいは未知)事項という基本的ルールに則って考えて見ます。この文だと、「何かが禁止されているということはわかっているけれど、その何かがわからない」状況にあるように思えてならないのです。

「セルフ給油所では、ポリ容器へのガソリン給油は禁止されています」の文の方がいいと思ったんですが・・・・。写真をよく見たら、「セルフ給油所では」と「禁止」が目立つようになっていますね。すると、まずはじめに、「セルフ給油所では、禁止されています」という情報を浮き立たせておいて、詳細で「禁止されているのは、ポリ容器へのガソリン給油ですよ。」となると、これはこの文で大正解ということになります。文章だけでなく、このポスター全体として考えると、これは優れもののように思えてきました。

ガソリンを入れた時は「絶対におかしい」と思っていたのですが、こうして、もう一度考え直してみると、間違えていたのは私のほうです。時を置いて考え直してみることの大切さを感じました。

| | コメント (3)

2006.12.19

風邪

冬の決まり文句のようだけど、風邪が流行っている。日本語教師たるもの、声が出せなくなったらおしまいだから、喉には気をつけている。そうでなくても、原因不明の咳で生徒には迷惑をかけているから、風邪なんかひくわけにはいかない。日本語を教えるようになる前は、風邪をひいて寝込むこともあったけど、もう長いこと深刻な風邪にはかかっていない。帰宅すると、念入りにうがい、手洗いを欠かさないからだろう。最近はこれに鼻うがいも加わった。かなり時間をかけてやるので、タタが待ちきれないこともしばしば。しかし待たれい!君のためでもあるのだよ。だけど、ぺろぺろなめられのたでは、はたして・・・・。

実は、生徒の一人が風邪でダウン。来週には、帰国して家族に会うんだから、早く治さないとね。ゆっくり休むこと。

| | コメント (0)

2006.12.18

今日も紅茶の話

とあるカフェで、週に1回日本語のレッスンをしている。本来あまり歓迎されることではないのかもしれないが、たいてい生徒たちはここで夕食をとるので、店としてもそう嫌な客でもあるまいと思っている。

場所提供者として、私が毎回ドリンク分を持つようにしているのだが、ここのはドリンクバーだ。以前は、あまりぱっとしないメニューで、お茶の類はティーバッグ。しかもお湯がぬるくて、とても飲めたものじゃなかった。幸い私の好きなMinute Maidのオレンジジュースがあるので、もっぱらそればかり飲んでいた。

その店がドリンクバーをリニューアルして、何週間かたった。今度のはすごいよ。お茶の類はすべてリーフティー。お湯の温度も高くなった。冷たい飲み物も増えたみたい。いろいろ試して、私が落ち着いたのは、チャイ風ティー。チャイがあるわけではないのだが、ブレンドしてそれらしくした。ポットにブレンドティー、ショウガほうじ玄米茶、さらにジャスミン茶、カモミールを少々。そして、別のカップでホットミルク。ここのミルクはホイップミルクで、それだけでもうれしくなるけど、このホットミルクとさっきのスペシャルブレンドティーをあわせて、飲む。これほど楽しんでいる人は他にはいないんじゃないかしら。これで決まりそうだけど、次回はココアを試してみようかな。

| | コメント (4)

2006.12.17

バニラティー

M061217 コーヒーが飲めない私は、毎日紅茶を飲んでいる。昔は何も入れないで、ストレートで飲んでいたのだけど、近頃ではミルクといっしょがお気に入り。バニラティーやチャイなんていうのが大好き。

なぜかバニラティーは日本ではポピュラーではなくて(都会の紅茶専門と違って、いなかのスーパーの話)、探すのが一苦労だった。それが朗報!以前、ティーバッグのtagに象の絵が描いてあったことで、(一部)話題になったLiptonのリーフティがやってくれました。象さんの絵のことで問い合わせした時のお姉さんの応対がとてもよかったことを思い出すけど、いっそうLipton、好きになってしまいます。このバニラティーは、いなかのスーパーでも売ってるから、この冬のティータイムは充実しそう。

| | コメント (0)

2006.12.16

シレン、クリアー

「不思議のダンジョン 風来のシレンDS」クリアー!ま、一度やってるからね。しかしこういうゲームのおもしろさはクリアーした後。これから1000回遊べるというので、遊ばせてもらいます。

サーミーが子どもの頃、近所に「キッチン ○○○」という食堂があって、家族でやってる店なのだけど、今から思えばその店の息子はちょっと変わっていた・・なんて話を聞いた。シレンの中にも料理人が出てくるのだけど、その名前がこの○○○と同じ。せっちゃんのところの○○○とも同じ名前なんだけど。ゲームはクリアーしたけど、まだ崖っぷち食堂が軌道に乗らなくて、この○○○からブフーの杖をもらえないでいる。早く手に入れて、モンスターを肉にしたい。では、また遊んできます。

| | コメント (0)

2006.12.15

もうすぐクリスマス

M061215

寒いこの季節、赤と緑は元気をあたえてくれる色。仏教徒の私でも、宗教とは関係なくクリスマスを楽しんでいる。日本語を教えている生徒は、このクリスマスに家族の元へ帰ったり、休みを利用して旅行をしたりと、それぞれに楽しみにしている。家族へのプレゼントをまだ用意していないKさんは頭を抱えていたけど、いいプレゼントが見つかりますように。

私にもクリスマスプレゼントが届いた。私の大好物のレーズンとクルミがそれぞれに入ったパウンドケーキ。レーズンとクルミが好きって、私、言ったかしら? 今日のデザートはこれに決定。夕食後にいただいた。ワインレーズンは、ラム酒とは違う味わい。さっぱりした感じが新鮮な気がする。・・・でも!はたと気がついた。送った本人はダイエットに成功したからいいけど、私は・・・。でもおいしいから、『みんなの日本語』のマリアさんではないけど、ダイエットは明日からします。ということで、おいしくいただきました。

| | コメント (2)

2006.12.14

なつかしい「シレン」

「不思議のダンジョン 風来のシレンDS」が今日、発売になった。抜け目なく予約しておいたので、さっそくとりかかっている。1995年の12月に発売されたSFC版「不思議のダンジョン2 風来のシレン」、そのもの。一度やっているのだけど、それでもなつかしく、おもしろい。敵モンスターたちには、「あら、お久しぶり!」という感じだ。DSなので、持ち運びが簡単で、部屋の移動が楽々。ベッドの中でもできるね。

私が一番好きなダンジョン・ゲームは「トルネコの大冒険~不思議のダンジョン」(SFC版)。先日でた「ドラゴンクエスト 少年ヤンガスと不思議のダンジョン」は、一人でゆっくり探索できないのが気に入らない。それに、私のミスでゲームプレイ中に電源を切ってしまい、貴重な武器をなくしてしまったこともあって、現在はほったらかしにしてあるが、PS2のファンの音がうるさいのも、遠ざかっている要因のひとつ。その点、DSは静かなのがうれしい。シレンが移植されたのなら、一番最初の「トルネコ」もDSでできるようにならないかなぁ。

なんて考えながらも、来年発表される「ドラゴン・クエスト9 星空の守り人」のことも気になる。こちらもDSで。PSPとDSと迷ったけど、DSにしておいてよかった。

M061214

| | コメント (0)

2006.12.13

匂いからくる頭痛

眼精疲労や肩こりから来る頭痛があるのなら、匂いから来る頭痛というのもあるのかも。

昨日は、髪を切った。最近よくある、お手頃な価格のカット専門店。無香料のシャンプーしか使えない私には、高級な美容院よりもこちらの方が合っている。

カット&ブローをしてもらって、もちろん髪には何もつけないようにお願いした。家に帰ると、それが何時であれ、真っ先にするのは髪を洗うこと。何もつけないといっても美容院の匂いがするから、とても我慢できない。そうして、昨日も、帰るなりお風呂に入って念入りに髪を洗った。少しだけれど短くなった髪は、洗うのも楽になった。

すっかり匂いは消したはずなのに、髪を切った夜は、寝付けない。私が嫌う類の匂いからくる頭痛で、眠れなくなるのだ。いつものメラトニンを少し大目にしても、だめだ。どうせそんなことだろうと思って、パズルの本を枕元に持ってきていたけど、どうしてなんだろうと考え込んでしまった。

服も着替えて、身体も髪もすっかり洗ったのだから、匂いは残っていないはず。それなのに、この匂い。鼻の中のところで、しっかりしがみついているみたいに残っているこの匂い。鼻粘膜に匂いが残っているのだろうか?喉のうがいのように、鼻の中もうがいをしてみたらどうなのだろうか?

そんな考えから、喉ではなくて、「鼻のうがい」というのを検索してみたら、あった。かなり詳しく紹介されていたので、さっそくやってみることにした。本来は風邪や花粉症のためらしいが、私にもよさそう。少し鼻にツーンときたが、たいしたことはなかった。なんだかすっきりして、とても気持ちがいい。髪のカットの後だけでなく、いろいろと匂いが気になる時(毎日のように気にしてるから)にもやってみよう。これはいいことを知った。

| | コメント (2)

2006.12.12

悪戯

今日から新しい生徒のレッスンが始まった。レッスン初日に・・・とも思ったが、「写真を見せましょうか?見せてください」なんて文章があったから、これはちょっと ice breakingでもしましょうか。

私の生徒となったら、必ずくぐらなければならない関門。それは、写真を見せられることなのさ。Sek LOSO とのツーショット写真はボロボロになっているけど、いまだ健在。今日も活躍しました。

「誰ですか?」と聞くので、ふざけて「私の夫です」不思議そうな顔をするので、すかさず、「うそです」タイのスーパースターだと言っても、にわかに信じず、ほかの写真を見せても首をかしげている。一体何人に見せたことだろう?ただの一人として、「わぁ~、すごくカッコいい!ハンサムですねぇ!」の声が上がらないことが不思議。(そんな私が不思議ってみんな思っていることだろうけど・・・)

ツーショットの写真はともかく、これらの写真、カッコいいと思うでしょ。

M06121201 M06121202

 

| | コメント (0)

2006.12.11

今月の歌

iTunesで購入した曲の中でも、この曲は毎日のように聴いている。しかもくり返して。今のところ、iTunesの曲は持ち出すことができないので、この部屋にいる時だけだけど、とても素敵な気分になれる曲。それは、Lindisfarne の Meet me on the Corner。1972年の曲。1972年かぁ。懐かしいなぁ。懐かしさもあるんだろうけれど、いい曲だ。ということで、今月の歌はこれ。

Lindisfarne とは、honey moon の語源になったとも言われる、"Lindisfarne Mead" が作られる島の名前(別名 Holy Island)。この "Lindisfarne Mead "は、はちみつとハーブを入れて造るワインとか。お酒が苦手な私でもなんだか飲んでみたくなる。

M061211

Hey mr. dreamseller, where have you been,
tell me have you dreams I can see?
I came along, just to bring you this song,
Can you spare one dream for me?

You won't have met me, and you'll soon forget me,
so don't mind me tugging at your sleeve.
I'm asking you, if I can fix a rendezvous.
For your dreams are all I believe.

Meet me on the corner when the lights are coming on,
and I'll be there, I promise I'll be there.
Down the empty streets we'll disappear until the dawn
if you have dreams enough to share.

Lay down your bundles, of rags and reminders,
and spread your wares on the ground.
Well I've got time, if you deal in rhyme,
I'm just hanging around.

| | コメント (2)

2006.12.10

キルト三昧の一日

朝はとても寒かったのに、昼間は陽がさしとても気持ちのよい日曜日。今日はキルト三昧の一日だった。

細長く切ったストリングスのパッチワークに夢中。縫い目に金糸銀糸を絡めると、今の季節にピッタリ。本当にちっちゃな小物を完成させた後は、このパターンで大物を狙おうか。小物はすぐにできたけど、大物はこれから少しずつ手をかけていこうと思う。ただ、仕事も少しずつ増えてきて、今までのようなキルト三昧の日々は、そう送れなくなるかも。で、今日は思い切り、キルト三昧。

M061210

| | コメント (0)

2006.12.09

こわい食べ物

NYのレストランからトランス脂肪酸が締め出される というニュースを聞いたが、トランス脂肪酸(トランス・ファット)が、一体どういうものなのか、よくわからなかった。マーガリンや、ファーストフードの揚げ物用油に用いられており、日本でも使用されている。ただ、日本ではアメリカほど多く使われていないので、影響は少ない・・とか。

近いうちにどこかで特集をするでしょう・・・なんてのんきに構えていたけど、どこも私に知識を授けてくれないので、またもやネットでいろいろ調べてみた。

するとかなり悪者のようだということがわかり、これはすぐにでもなんとかしなくちゃと思った。コレストロールだとかナントカだとか、油を制限することはまったくしていないし、味を優先しているので、マーガリンは一切使わない。が、サーミーは一時高脂血症がなんとやらで、時々マーガリンを使っている。マヨネーズにも使われているとか。でもマヨネーズはあまり好きじゃないから、これは問題ないかも。しかし、ミルクティーに入れるポーションのミルクにもトランス・ファットが使われているとのこと。私はミルクティーが大好きでよく飲む。面倒なので、冷蔵庫に入れなくてもよい、植物性のものを使うこともあるけど、これも改めなくちゃ。

問題は、ケンタッキーの今年のSnowmanのカップが気に入ってること。もう1つほしいんだけど、トランス・ファットが使われている油で揚げたチキンを食べる気がしなくなった。困ったなぁ。カップだけ売ってくれないかしら。

M061209

| | コメント (2)

2006.12.08

キャット・レスキュー

先月、崖崩れを防ぐコンクリート防護壁内動けなくなっていた犬(『崖っぷち犬』として有名かも・・)が、無事救出されてほっとしたが、今度は猫が木からおりられなくなっていたとか・・・。猫が木からおりられないなんて、ちょっと情けない気もするが、こんなことがあった。

もう何年も前のことだけど、ちょうど我が家の近くに崖崩れを防ぐ例のコンクリート防護壁というのができてすぐのこと。例の崖っぷち犬がおりられなくなったのと、まさに同じところに猫がいたのだ。3晩かそこいら、夜になると悲しげな鳴き声がして、それがだんだん弱くなっていくようだから、私たち家族は気が気ではなかった。はじめはどこで鳴いているのかわからなかったのだが、防護壁の中ほどの段の上、崖っぷち犬がいたあの場所に見つけた時は、目を疑った。たしかに、上にも下にも、右にも左にも移動できそうにもない。消防に電話をしようかと思ったが、その時、ある人のことが頭に浮かんだ。それはサーミーの仕事仲間のカーペンター・T。私たちの猫好きを知っている彼は、本当は「なんで俺が?」と思ったのだろうが、なんとか聞き入れくれて、防護壁をのぼっていき、猫を救出してくれた。地面に下ろされた猫は、お礼も言わずに一目散に逃げていってしまった。

その時の様子をビデオで撮っておいたらよかったと思うが、その時はそんな余裕なんてなかった。あげようと思って用意しておいた餌に目もくれずに、猫は逃げていってしまったけれど、私たちはほっとした。

いく度か、動物の救出劇が報じられるたびに、カーペンター・Tの救出劇を思い出す。彼は、救出の網も袋も何も持たずに助けだしたのだから、それはすばらしいものだった。

| | コメント (2)

2006.12.07

皆勤ならず

12月は、毎日更新を狙っていたのに、53時間にも及ぶメンテナンスのせいで、まったく手がつけられなかった。そして、今日やっと終わってほっとしたのに、このメンテナンスの結果、問題の原因の特定もできず、メンテナンス前の状態にもどしたとか・・・。ごくろうさま。そんな時もあるか。

今日は、おいしい焼き芋も手に入れたし、気になっていた手芸店の会員更新もしたし、明日からまた頑張ろう。で、今日はこんなのに遭遇。よくご覧あそばせ。

M061207

| | コメント (2)

2006.12.04

だいじょうぶ

今日の日本語のレッスンでのこと。夕食にローストビーフサンドイッチを食べた。食べ終わったその、クレソンだけが残っているお皿を見て、Nが言った。「何を食べたの?」ローストビーフサンドイッチを食べたSは答えた。私はクレソンを指さし、ふざけて「食べる?」と聞いた。するとNがこう答えた。「だいじょうぶです。」

ああ、その言い方、好きじゃないなぁ。そう思った矢先、Sが「けっこうです、だよ」と教えていた。胸をなでおろしたmeewであった。

さて、そのN君の授業も終り、そろそろ夜も更けてきた。N君は朝早くから働いているので、眠そうだ。「眠いですか?」すると、N、少し考えて、「いいです」 

この場合は、「だいじょうぶです」でいいんだよと言うと、さっき、「好きじゃないといったじゃないか」というので、こんな話をした。

「だいじょうぶ」には"No Problem" という意味があり、その意味で考えると、「コーヒーのおかわりはいかがですか?」「No Problem」は、おかしいでしょう?「食べたいですか?」「だいじょうぶです」も同じこと。でも、転んだ人に「だいじょうぶですか?(Any Problem?)」「だいじょうぶです。(No Problem)」はOKなんです。

「そうなのか。僕は No Thank you は 『だいじょうぶ』 だと思っていたよ。」

こんな簡単な説明でわかってもらえるなんて、すべてこんなふうにうまくいくといいのにね。

| | コメント (0)

2006.12.03

とかげの王様

M06120301

昨日の夜は、暖かいベッドの中で、スカパーを見ていた。

今年の Sek LOSO のカウントダウン・ライブはプーケットらしい。日本人の足が遠のいているというプーケットにたくさん日本人が行くといいね。

先日、タイ人友のKとはなしていたら、Kが「P meewはいいね。Sekに会えて。私はタイ人なのに、一度も会ったことがないよ。」なんて、うれしいことを言ってくれた。さらに続けて、「P meewと会ったことを、Sekもおぼえているかもしれないね」 いくらなんでもそれはないと思うけど、ちょっと気分をよくした私でした。

さて、上の写真、限りなく話題の人に見えるので、番組を見ながらドキドキしてしまったのだけれど、Sek LOSOは、特に「拒絶するタブーに挑んで、それを直接歌に託したり」はしていないので、あしからず。2人とも酒好きのところは似ているけど、Sek には酒びたりにはなってほしくないな。写真はSek LOSO ではなくて、Lizzard King の "The Doors" Jim Morrison でした。 

M06120302

| | コメント (0)

2006.12.02

暖かい一日、でも明日は寒そう

なんと暖かくていい一日だったことか。車の中は暑いくらいで、サーミーは半袖のTシャツになっていた。私もフリースを脱いでしまった。こんな日だから、大きく「石やきいも」と書いてあるあの店に、石焼き芋がなかったのもしかたない、許そう。

今日の収穫はBook Offで、Eric CarmenのCDを見つけたことだろう。先日、iTunesでみつけたEric Carmenは新しいRecording Version で、心に思い描いていたのとは違っていた。だから、今日は即ゲットしてしまった。さっそく車の中で聞いてみてたしかに懐かしかったのではあるが、どうも印象が違う。よく考えたら、Liveで聴いた伊豆田洋之のバージョンが思い出として残っているのかもしれない。Yudai の情報ほしさに伊豆田洋之のFCに入っていたことがあったくらいだから、かなり聴いているはず。そうでなくても、思い出と現実は違うのかも。

さて、今日はこんなに暖かかったのに、明日は12月の末頃の寒さになるとか。年に一度の「日本語能力試験」の日なのに、あまり寒いのは困るな。受験生の皆は、外の寒さと室内の暑さと両方に気をつけて。すぐに脱げるジャケットを着ていくといいかも。それから、万一のために、消しゴムを2つ用意するのを忘れないように。でも一番の対策は、暖かくして早く寝ること。 ぐっすり寝て、明日はがんばれ!

| | コメント (0)

2006.12.01

路上の・・猫?

スーパーの駐車場に車を止めて、ふと下を見たら・・・

M061201

なんだかエイリアンみたいな猫のシール(?)が落ちていた。白いのは、駐車エリアを示す白線。このシールの大きさ(というか小ささ)がわかるだろうか。こんなところで、いったい何をしてるんだ?

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »