« 相撲とサッカー | トップページ | ことば あれこれ »

2006.11.22

銀糸をつかって

週末に思い立って作り始めた月謝袋入れ。本日、完成。落としキルトの糸に銀糸を絡めたので、ちょっと豪華(なんだけど、写真ではよくわからないのが残念)。

M061122

月末にひと月分の授業料を請求するのだけど、かばんの中に入れておくとつい忘れちゃうこともあるし、テキストやファイルにはさんでおいてちらちらするのもいやだなと思っていた。そこで、パッチワークで作ろうと思って、作り始めたのが土曜日。一日かけてある程度めどが立ったのに、なんだか嫌になって違うパターンに変えたのが日曜日。レッスンの間を縫って、ちくちくやっていた。銀糸がけっこう効いていて、程よい豪華さ。意外と金糸よりも銀糸の方が豪華かも。来週にはさっそく活躍してもらおう。

|

« 相撲とサッカー | トップページ | ことば あれこれ »

コメント

金と銀も意外にシックでいいんですよねー。
それにしても、思い立ったらすぐできるところがすごいです。この前のキルトを習いに行くちょっと気まずかったお話もおもしろかったです~、なにか、人生の短編小説みたいですねぇ。
町はクリスマスグッズがあふれてきましたね。手作り苦手の私もちょこっと何かをやってみたい時期ではあります。紙でオーナメントを作るとか、いつもほんとにそれくらいですが・・・(たぶん今年はグラスにクリスマスっぽい造花を巻くくらいでありましょう)

投稿: チョムプー | 2006.11.22 20:17

チョムプーさん
>金と銀も意外にシックでいいんですよねー。
そうですね。年を重ねると金や銀が似合うようになるのは、そのせいかもしれませんね。作りかけたピンク地の方は金糸をメインにして、銀糸も合わせてみました。こちらは通帳ケースとして使う予定です。

クリスマス・グッズにも、金糸、銀糸を絡めると、豪華になりそう。なにか作ってみたくなりますね。

投稿: meew | 2006.11.23 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相撲とサッカー | トップページ | ことば あれこれ »