« 模様替え | トップページ | 首の痛みだと思っていたら・・・ »

2006.11.04

モデムの交換

木曜日、夕方に帰宅したら、留守の間に停電があったらしい。ここはよく停電になる。停電になるとボイラーのスイッチが切れるので、わかる。たいていの電気製品はこともなく復旧するのだが、ボイラーのスイッチは一度電気が切れるとそのままになってしまうらしい。そしてやっかいなのが、HDDレコーダーだ。復旧することはするのだが、シンクロ録画のスイッチは手動で入れてあげなければならない。それをしないと、予約してあるスカパーの録画ができなくなってしまうのだ。

その日も、手動で復旧させる何ヶ所を確認して、終了のはずだった。が、なぜか、PCがネットにつながらない。モデムを見ると、いつもより、緑ランプがすくなく、見慣れないオレンジランプが点いている。しばらく、ああだこうだとやってみたが、一向によくならず、夕飯の支度に突入。

夕食後、モデムをいじっていると、なぜか急に復旧。いつものグリーンランプが点いた。明日の授業の準備にどうしてもネットに接続したかったので、ほっとひと安心。

翌日の金曜日。朝一番で、メールチェックをして出勤。午後に帰宅して、PCを立ち上げ、メールを書き終え、さて送ろうとするが、前日と同じような状態になり、今度はどうしてもつながらない。いや、前日より状態は悪いようだ。linkランプが全然点灯せず、testランプばかりが大活躍。

結局その夜は、あきらめることにした。だいぶモデムが熱くなっているので、コンセントを抜いてみた。すると、次にコンセントを入れても、今度はまったく通電しなくなってしまった。電源オンのグリーンランプすらつかないのだ。サポートに電話しようにももう時間外なので、今夜はあきらめることにした。今日は祝日で、明日は土曜日。こりゃ、下手をすると、ネットを使えるようになるのは来週かも。明日は図書館へ行って、PCを借りることにしようか・・・。

そして、今日は9時になるのを待って、116へ。私が使っているのは、NTT東日本のADSLフレッツ。インターネット関連の問い合わせ先がこちらになっていたので、ここに電話してみた。

電話に出た女性は、モデムの交換になるので、月曜日に現品を郵送するから今手元にあるモデムは送り返すようにと言う。あちゃ~。やっぱり週明けなのかぁ。仕方ない。

いったん電話を置いてほどなく、その女性から電話があり、故障修理の管轄かもしれないので113に電話してくれという。いきなり新品に交換なんて、NTTずいぶん太っ腹と思ったけど・・・。ま、故障修理でも、早く治るのなら、それに越したことがないから、いい方向に向かうことを祈って、もう一度電話をしなおす。

今日の午後、修理の人をよこすと言うことだった。早くなるのなら、文句はない。そして、午後、担当の人がやってきた。窓から見ていると、モデムが入っているらしき箱を車から出している。やったぁ!新しいモデムかも。

担当の人は、いきなり、新しいモデムをつなげてくれた。今まで使っていたモデムを見て、「このタイプはもう使われていないんですよ」。それもそのはず、このモデムは2001年製。うちでも、たぶん2001年の11月から使い始めたんだと思う。もう5年も使っているんだもの、何かあっても不思議はないよね。

担当の人は、局からこんなに離れたここで、ADSLが使えるのが信じられない様子。速度を確かめてみたいという。私も見てみたい。すると、200とか300とか言う数字を示して、この場所でこれなら上出来でしょうとのこと。私もあらかじめ、スピードは出ませんよと言うことで了解しているし、以前のようにお金を気にしながら、ダイアルアップしたり切ったりするのがイヤで常時接続をお願いした経緯があるから、もちろん文句はない。

ものの数分で、さきほどまでのアナログな生活は、またハイテクな生活に戻り、日本語関係のブログのアップをしたり、メールチェックをしたり、最近凝っているポッドキャスティングのアップデートをしたり、いそがしくなった。新しいモデムに、いきなり交換してくれたNTT、けっこう太っ腹かも。でも、リース料払ってるんだし、間、当たりまえかも。

モデムが新しくなったことで、ものすごく時間がかかっていたダウンロードが(私に言わせれば)あっという間になり、とても嬉しい。ダウンロード時間がファイルの時間以上にかかるなんてことが当たり前だったんだから、6分のファイルが1分でダウンロードできるなんて、わぁ!感激だわ!これが光になったら、どれほどの感激なんだろう。

|

« 模様替え | トップページ | 首の痛みだと思っていたら・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 模様替え | トップページ | 首の痛みだと思っていたら・・・ »