« iTunesがおもしろい | トップページ | モデムの交換 »

2006.10.31

模様替え

教室で使っている机が小さすぎるのか、Kの足が長いのか、授業中、よく足を蹴られる。そこで、先日見つけた1200×750の机を購入することにした。

去年、日本に本格的上陸をした「IKEA」で、見つけたこの机、実はダイニング・テーブルなんだけど、値段がなんと4900円。これまで使っていたのより、断然安い。安さのわけは自分で組み立てるからだけど、それにしても安い。

このIKEAの困ったところは、進路にしたがって、ぐるぐるぐるぐる回らなければならないこと。方向音痴の私は、今どこにいるのか、いつもわからなくなる。そういったことが得意なサーミーは、私の欲しいものの場所も瞬時に探しだし、いとも簡単にショートカットの道を見つけ出し、目的地へと連れて行ってくれる。うっかり私が寄り道でもしようものなら、見失って迷子になってしまう。そんな時は、ケータイに感謝、感謝。

店の中では黄色いバッグをもって、小物はその袋に入れる。大きい家具は、倉庫みたいなところから自分でとって、レジへと進む。家具は自分で組み立てるようになっているから、机、本棚の類は板何枚かが箱に入っているだけ。今回はこのダイニング・テーブルとPCデスク、それからブックシェルフ、後は、ファブリックを少しだから、私のLapinでも大丈夫だったが、サーミーが見つけたお買い得のソファ・ベッドは無理なので、今回はあきらめた。

2階建ての建物の、1階と2階にカフェテリアがあって、ここも安い。こういうところが好きな私たちは、2階でも休み、レジを払った後、また1階でも休んで来た。

車に荷物を積み込んで、さ、帰りましょうと思って、前を見ると、女性が2人で、車の後部席を倒すのに難儀している。その脇には大きな荷物がたくさん。これは大変だと、お手伝いすることに。といってもお手伝いはもっぱらサーミーが。なんとその大きな荷物、サーミーが目をつけたソファベッドではないか。やっぱり縁があったのかも。

買って来たはいいけど、これを組み立てるのかと、ちょっと嫌になったデスクふたつ。しかしやり始めたら、楽しくて、私ってこういううの好きだったんだと再認識。思い切って部屋の荷物も整理して、教室はすっきり使いやすくなった。Kの授業にも間に合って、「Kが蹴るから大きい机にしたのよ」と言ったら、思ったとおり、大うけだった。

|

« iTunesがおもしろい | トップページ | モデムの交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iTunesがおもしろい | トップページ | モデムの交換 »