« お礼 | トップページ | 隆行の去就 »

2006.10.25

「うるさい」の意味は?

タイ人のKがおもしろいことを言った。「日本語の『うるさい』には、静かにしろっていう意味があるけど、タイ語の『うるさい』はうるさいって言う意味だけなんだよ。」

たしかに。話している子供たちの声でテレビの音が聞こえない時、彼らに向かって「うるさい!」と叫んだら、たいてい、「ごめんなさい」と言って静かになるだろう。タイ語だとหนวกหู (うるさい)だけでは不十分で、เงียบๆ(静かにしなさい)を付け加えなければならないらしい。

英語ではどうなんだろうと思って、アメリカ人に聞いてみた。Noisyには、やはり「うるさい」の意味だけらしい。クラスで騒いでいる生徒に、"You are noisy." って言ったら、その生徒はなんと答えるかしら?そう尋ねてみたら、「"Yes, I'm noisy. So what?"・・・かもね」だった。

言外の意味を汲み取らなければならない日本語の難しさよ。その日も、ジャケットを着ているKに「寒いですか?」と聞いたら、「はい、寒いです。」と答えられてしまい、はて、私は半袖なんだけど暖房を入れたほうがいいのかしら?と考え込んでしまった。

私の発した「寒いですか」の意味は、「寒そうに見えるから、多分この部屋の温度では寒すぎるのでしょうか。もし、寒いのなら、暖房を入れましょうか?」の意味。しかしKの「はい、寒いです」の真の意味は「外は風があって、寒いです。(この部屋は、寒くありません。)」ということだった。

日本語のレッスンだから、ここまではっきりと説明するけど、普通の会話では、真意を探り、探られ、顔色をうかがい、うかがわれ、誤解が生まれていくのではないだろうか。

「うるさい」と言われて、それが「静かにしろ」という意味だとわかった時、Kは「日本語は大変な言語だ」と思ったかもしれないけど、その話をするKの口調は、私には楽しんでいるようにも聞こえた。

|

« お礼 | トップページ | 隆行の去就 »

コメント

ふーむ・・・これはおもしろいですねえ!日本人的な「ふくみのある会話」。日本人て「言われなくてもできなければいけない」といういわば「気働き」「気配り」がよしとされる国だったですよね。今はそうでないでしょうが?ぼうっとした私は「気がきかない」と親によくおこられていましたが。そういえば、こういう「気」についての表現もタイ語や英語にないかもしれませんね。この項、いつか私の作文生徒さんたちへの「学級新聞」に引用させてもらっていいですか?

投稿: チョムプー | 2006.10.30 11:14

>チョムプーさん
>この項、いつか私の作文生徒さんたちへの「学級新聞」に引用させてもらっていいですか?
どうぞ、どうぞ。ご自由にお使いください。

現代のように外国人が多く住むようになると、日本語の使い方も変わっていくのだと思いますが、こういう日本らしさは残っていて欲しいなと、私は思っています。

投稿: meew | 2006.10.30 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お礼 | トップページ | 隆行の去就 »