« Granma's fan 03 完成! | トップページ | ピンチヒッター その2 »

2006.10.05

体力づくり

今日から新しい授業が始まった。またしても、英語を教えている人だ。同じ職種なだけに、やり易い面もあり、やりづらい面もあり。昨晩はとても緊張したが、いざはじめてみれば、とてもいい感じで進めることができた。教える方も教わる方も、両者ともに緊張していたが、授業の最後には氷も溶けていたように思う。

さて、今日は久しぶりにスイミング。私の住むK市には会員制のプールしかない。会員ではない私は相当の料金を支払わなければ使うことができない。こんな点は、都会がうらやましくなるところだ。しかし、今日から日本語のレッスンが始まったT市には一年中使える市営の温水プールがある。レッスンの後は予定もないことだし、プールで泳いで帰ることにした。

何ヵ月ぶりだろう。水の中の身体の重いこと、重いこと。25メートルプールを往復するのがきつい。25メートル泳いでは小休止のくりかえし。それでも久しぶりの身体にはきついので、水中ウォーキングに切り替える。利用者を見てみると、これでも私が一番若そう。おじいさんが2人くらい。後はみんなおばあさん。全部で10人くらいだろうか。泳いでいる人もいるけど、歩いている人が多いので、いっしょに歩くことにした。が、水中ウォーキング、けっこう疲れる。全然進まない。そのうちコツをつかんで、水中ホッピング。さらには水中ランニング。とても楽しくて、笑みがこぼれてきて、最後はへらへら笑いながら飛び跳ねていた。近くで見たら気味が悪いかも。でも、そんなことが気にならないくらい、気分爽快。1時間くらい水の中にいて、帰って来た。

日本語を教えるのは体力がいる。なにも日本語には限らないだろうけど、私の知っている日本語教師はよく歩く。身体を鍛えるために歩く。恩師ミモザもよく歩く人だけど、友人の日本語教師Oさんも体力をつけるためによく歩いていた。(きっと今でも歩いていると思う)少し仕事がいそがしくなってきた今こそ、体力のなさを自慢していても仕方ないから、水泳で体力をつけよう。そうすれば、来年はこの嫌な咳からも逃れられるかもしれない。

|

« Granma's fan 03 完成! | トップページ | ピンチヒッター その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Granma's fan 03 完成! | トップページ | ピンチヒッター その2 »