« タイ語の十二支 | トップページ | くだらない一句(?) »

2006.09.08

robinson

スピッツの曲で「ロビンソン」という曲がある。タイのロビンソン・デパートへ行った時、インスパイアーされてできた曲だというが、どこのロビンソン・デパートなんだろう?どのあたりにインスパイアーされたんだろうと、常々思っている、私の大好きな曲。

今日は、10年近く前に受けた「日本語教育能力検定試験対策夏季スクーリング」の資料を見ていて、この曲を思い出した。「「ロビンソン」の表現効果を言語学的に考える」とタイトルのついた資料3‐1のプリントに、この曲の歌詞を分析してあるのが出てきたからだ。この曲を聞いたのは、その時が初めてだった。後にこのロビンソンが「宇宙家族ロビンソン」でも、春日部にある「ロビンソン・デパート」でもなく、タイの「ロビンソン・デパート」だと聞き、え~っ!とびっくりしたのだが。

このプリントの内容はとても興味深いもので、おかげで「ロビンソン」を何回も聴いてしまった。ちょっと紹介してみよう。

♪新しい季節は なぜか切ない日々で 
♪河原の道を自転車で 走る君を追いかけた

ここで、自転車に乗っているのは誰か?

   1  自転車で走る君を 僕は追いかけた   (自転車は君)
   2   僕は自転車で追いかけた、走る君を   (自転車は僕)
   3  僕は自転車で走る。僕は君を追いかけた(自転車も走るのも僕)

この3つの解釈が成り立つ。何とイジワルな言語、日本語!

曲を聞くと、♪河原の道を じてんしゃで~ 走る君を追いかけた♪のように聞こえる。私は当初、「(僕は)自転車で、走る君を追いかけた」(2)と思っていた。それは「自転車で」の後にブレイクがあるから。そこでサーミーと妹に聞いてみた。すると二人とも自転車に乗ってるのは「君」だと言う(1)。こうなると、詩の解釈次第でどちらともとれる。

でもその後に続く、、

♪思い出のレコードと 大げさなエピソードを
♪疲れた肩にぶらさげて しかめつら まぶしそうに

で、自転車に乗っていたのは「僕」で、走っていたのは「君」だということが明らかになった。

    疲れた肩に(荷物を)ぶら下げて、(君は)まぶしそうにしかめつらをした

荷物をぶら下げていたら、自転車はこげないでしょう。それから、話している人が自分のことを「まぶしそうに」とは描写しないでしょう。だから走っていたのは「君」と言ったら、サーミーが「若い子なら肩に荷物をかけても自転車をこげるよ」と言った。はて、そうなると。日本語は難しい。

この曲のタイトルは「ロビンソン」なんだけど、もちろん、私はタイ語っぽく「ロビンサン」!

|

« タイ語の十二支 | トップページ | くだらない一句(?) »

コメント

えぇぇぇぇ~っ!!!
「ロビンソン」ってタイのロビンソンデパートだったんですかぁー!!
なんでまた・・・しかも「河原を自転車で」ってタイっぽくないじゃないですかー。
しかし、確かチャオプラヤー河の近くに一つ見かけた(ファミリーカーの中から)気がします。ニューロード店かヤワラート店か知らないけれど・・・でも河原はないですよね。
私がよく行っていたのはアソーク店。まだBTSもエンポリウムもなく、渋滞がひどかったころは、伊勢丹まで1時間以上かかるのでお誕生会のプレゼントとかちょっとした買い物があるときはロビンソン止まりでした。いかにも庶民的でお手洗いがタイ式しかなかった・・・
いつも舞台裏みたいな駐車場から入るので、さらに庶民感がつのるデパートでした・・・でもマクドナルドがあって、そこのソフトクリームが確か、超安かった記憶が。
でも、今日本の郊外型大型スーパーとかに入ると、「わあ、タイと似てる!」と思ってしまう自分がいます。

投稿: チョムプー | 2006.09.09 15:01

私はアヌサワリー近くのロビンソンでしたねぇ・・・懐かしいです。アパートを借りた日に生活用品一式を買いに行った記憶があります。タイに住み始めた当初からあまり日本人のいない地域に住んでしまったので、MBKとかイセタンとかにはじめて行ったときはカルチャーショックでした。「日本人がいる!!」って。
ちなみに私も自転車が「君」だと思ってました。理由は、レコードを担いで走るのは大変そうだからです。自転車の人が重い荷物を担いでいるほうが自然かなと。でも改めて考えてみるとよく分からなくなりますね。

投稿: hana | 2006.09.09 17:09

เรียนภาษาไทยด้วยเหรอค่ะ ได้เห็นคนญี่ปุ่นเรียนภาษาไทยแล้วรู้สึกดีใจจัง โชคดีนะคะ

投稿: aom | 2006.09.09 18:03

>チョムプーさん、hanaちゃん。
そうらしいですよ。歌詞からはまったくうかがい知れませんが、robinsonはタイのโรบินสันだということです。

私のロビンソンと言えば、ニューロードのロビンソンです。はじめたタイに行った時に、泊まったホテルのわりあい近くにあって、その時、行きました。その後はあまり行くことがなかったんだけど、いつか行ったら、すごく懐かしかったな。

>คุณ aom
ขอบคุณมากที่มาblogของฉัน blog ของ คุณ aom น่ารักจังนะ ฉันจะเรียนภาษาไทยพยายามค่ะ

投稿: meew | 2006.09.10 21:00

私も先日タイに行ったときに、
ロビンソンデパート行きました。
確かシーロム駅の近くの。
へぇ~あのスピッツの「ロビンソン」が
タイのロビンソンデパートだったとは!!という感じですね。

投稿: レイン | 2006.09.13 11:07

>レインさん
アソーク、アヌサワリー近く、ニューロード、シーロム。これでも、バンコクのロビンソン・デパート、全部ではないようですね。
http://www.robinson.co.th/store_en.asp

投稿: meew | 2006.09.13 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイ語の十二支 | トップページ | くだらない一句(?) »