« ピンチヒッター その1 | トップページ | 映画2006 7-9 »

2006.09.30

Capote と Frost

M0609301 M0609302

今日9月30日は Truman Capote の誕生日。ということで1年遅れて日本でも映画『Capote』が封切られた。映画館へは行かないから、私が観るのはだいぶ先のことになりそう。そんな今日は、Capote本人が出演した映画『名探偵登場』(1976)を観てすごした。富豪の Twain 役の Capote、若い時の美しさは見る影もないけど、この役はとても合ってた。でも、映画 『Capote』でフィリップ・シーモア・ホフマン扮する Capote は、本物以上に本物みたい。多分ヒットしないだろうけど、私としてはめずらしく観てみたい映画のひとつ。

それから、アメリカ文学つながりで、こんなニュースも。

ロバート・フロストの未発表作、学生が発見

バージニア大学の院生が『ボストンの北』という本の中に手書きで未発表の詩が記されていることを知り、探し当てたという。1918年の作で、"War Thought at Home"という題らしい。では、Frostの詩を。

Stopping by Woods on a Snowy Evening
(雪の夕べ森のそばにたたずんで)

Whose woods these are I think I know.
His house is in the village though;
He will not see me stopping here
To watch his woods fill up with snow.

My little horse must think it queer
To stop without a farmhouse near
Between the woods and frozen lake
The darkest evening of the year.

He gives his harness bells a shake
To ask if there is some mistake.
The only other sound's the sweep
Of easy wind and downy flake.

The woods are lovely, dark and deep,
But I have promises to keep,
And miles to go before I sleep,
And miles to go before I sleep.

眠りまでもう少し、眠りにつくまであと少し。

|

« ピンチヒッター その1 | トップページ | 映画2006 7-9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンチヒッター その1 | トップページ | 映画2006 7-9 »