« 私の星がなくなった | トップページ | 人生の目標 »

2006.08.30

アスペクト

マッサージをやっている私の友人、タイ人のK。お客さんから予約の電話が入った。「今日、3時からお願いできますか?」K「予約が入りました」

さて、このお客さんは3時にマッサージを受けることができるでしょうか。

実際にはKは「すみません。予約が入りました」と残念そうな口調で答えるから、お客は予約済みなんだと理解するのだが、上記のように意地悪く書くと、ちょっと「???」となる。お客の応答からKもなんか変だと思ったらしく、この使い方は正しいですか?と聞いてきた。

こんな時、なんというか?日本人なら「すみません。その時間は予約が入っています」だろう。

A 「予約が入りました」
B 「予約が入っています」

Aは、動作が終わった直後。Bは、現在の状態。Aだと、予約の電話をしたお客は、たった今自分の予約が終了したとも受け取れる。普通なら「予約が入りました」とは言わず、「予約を承(うけたまわ)りました」とか、「予約を入れておきます」とかいうだろう。

日本語文法の相(アスペクト)というのは、日本人は難なく使っているが、いざ説明しようとするとわけがわからなくなってしまうものだ。それを理解しろというのだから、言われたほうはかわいそうだけど、こんな国に住むことになってしまったのだから、勉強しないわけにはいかない。

|

« 私の星がなくなった | トップページ | 人生の目標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の星がなくなった | トップページ | 人生の目標 »