« 「すいか」と「食堂」と、そしてちょっと「センチ」 | トップページ | あっという間だった »

2006.06.23

カカか、カカか

今朝早くのサッカーWP、日本-ブラジル。夜中に何度も目が覚めるのも、こんな時には便利だ。イタリア-チェコ戦を見終わったあと、このまま4時まで起きてはいられない。結果だけ明日聞けばいいやと思い、思い切って寝てしまった。目ざめたのは、ちょうど選手が入場するところだった。試合結果は残念だったけど、実力から言って仕方ないでしょう。

さて、試合を見ていて、気になることがあった。海外のサッカーには疎いので、ブラジルチームのカカ選手の事は最近知ったのだが、試合を実況するアナウンサーのカカの呼び方が違う。それまで聞いていたカではなく、カと言ってるのだ。母音を伸ばすと「かかあ天下」の「かかあ」に聞こえる言い方。そういえばサーミーもこう言ってたなぁ。ふざけてるのかと思ったけど・・・待てよ。

この試合の選手名はアルファベット表記。たまたま同じアルファベットを使っているけど、ブラジルはポルトガル語。ポルトガル語には詳しくないけど、兄弟のようなスペイン語ははるか昔にちょこっとやった。そのときの記憶では「NS母音で終わる単語は最後からふたつ目にアクセント」ではなかったっけ?(違っているかも)kakaは、はじめのkaにアクセント。するとこのアナウンサーの呼び方は間違っていることになるけど、こういう人が間違えるかなぁ。そこでハタと気がついた。これです。 ´ 。アクセント符号。いわゆるアルファベット表示は「アセント´」や「ウムラウト¨」「チルダ˜」を用いないのが通常。ということはkakaはKakáではないかしら。

そこで見つけた下の写真。カカのACミランでのユニフォーム。

M060623

疑問氷解。最後の母音Aの上にアクセント符号がついているから、ここにアクセントが来るということで、カ。かかあ天下のカカで正しかったのだ。こういった類の符号はdiacritical markと呼ばれ、実は日本語にもある。多くの日本語学習者が疑問に思うアレ。日本語のローマ字表記で用いる長音符号。 ˆ 。これです。名前はサーカムフレックスcircumflex。長音記号としては ¯ マクロンmacronの方が一般的かも。

転んでもただでは起きない日本語教師。今日はいろんな符号を勉強したのだった。べつに転んではいないけど。

|

« 「すいか」と「食堂」と、そしてちょっと「センチ」 | トップページ | あっという間だった »

コメント

「カカ」については今までのスポーツニュースでは最初の「カ」にアクセントがあったはずなのに、何でこのW杯では後ろの「カ」にアクセントがあるのかな~、とちょっぴり引っかかってました。meewさんのおかげでスッキリしました。
ドイツ代表の選手にも引っかかる読み方をする人が一人いるので調べてみようかな、と思います。

投稿: ひら | 2006.06.23 22:47

>ひらさん
スポーツニュースでは、あいかわらずの呼び方をしているようですけど、本人に会ったら、かかあ天下の「カカ!」って呼びたいですね。そんな機会はきっとないでしょうけど。
ワールドカップもこれからが本番。ひらさんはドイツを応援してるんですよね。開催国だし、優勝候補ですね。

投稿: meew | 2006.06.24 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「すいか」と「食堂」と、そしてちょっと「センチ」 | トップページ | あっという間だった »