« やっぱり気になる | トップページ | タイ文字カード »

2006.05.28

昨日の夜は、わりあい早くから眠くなって、眠くなって・・・。12時前には眠っていた。

ところが、2時10分に目が覚めて、なぜかそれからずっと眠れず。結局朝までずっと起きていた。時間を無駄にしないようにと、「もっと頭を鍛える大人のDS」についているDr.マリオ、「細菌撲滅」を延々とやってた。これじゃ時間の無駄だと気がつき、やはりDSの「THE イラストパズル&数字パズル」にかえて、数字パズル、いわゆる数読をやり始めたら、眠いのに眠れない時はうまくいかない。同じ数字を使ってるのに気がつかず、うまくいかない。さてそれではと、タイ語の教科書を持ってきて、「母音記号をともなわない独立した1字の高子音字、あるいは中子音字からなる音節と低子音字で始まる音節の2音節を含む場合の声調変化」について勉強しはじめた。一応、理解はできるんだけど、実際に行動に移せるかどうかは別。高子音字、中子音字、低子音字の区別がきちんとできていないことに気づき、「ก ไก่ 中子音字 ข ไข่ 高子音字、ค ควาย 低子音字・・・」と言いはじめたら、すごく眠くなった。けどもうすでに朝。サーミーも起きはじめたし、猫たちも行動を開始している様子。このまま起きちゃえ!やっぱり、DSなんかで遊ばないで、タイ語の本を読めば眠れたんだ。次はこの手でいこう!

今日は日曜日、例の「日本語」の講習会。講義の間や昼食の間はなんともなかったけど、帰宅したら眠くなってきた。まずい!夕飯までちょっと寝ようかな。でもそうすると、また夜眠れなくなっちゃうかな・・・。そうだ、DSでもやることにしよう。いや、PS2のヤンガスにしようかな。間違ってもこんな時、タイ語の勉強はしない方がよさそうだね。

|

« やっぱり気になる | トップページ | タイ文字カード »

コメント

meewさま

タイ語の高・中・低子音は、コー・カイ順に覚えるより、そのグループでひとまとめにして、高いのばかり、低いのばかり、とかで唱えるほうが効率がいいかもしれませんよ。
私がバンコクで字を最初に習った、NISAのやり方がそうでした。
本来は、声調で単語を覚えたほうが、つづり字も声調規則から理論的に覚えやすいと思います。
私の場合だけですが、声調と単語数をソーソートーのローマ字教科書でがんがん覚え(させられ・・・小テストがあるから)、同時にNISAで文字を覚える。こうすると、単語をタイ文字で読める量はふえると思います~~~。

投稿: チョムプー | 2006.05.28 20:18

>チョムプーさん

>そのグループでひとまとめにして、
そうですね。私はそれぞれの文字に色のイメージをつけて、おぼえるようにしています。壁に貼ってあるコーカイ表に従って、高子音字が緑、中子音字が赤、低子音字が青。
時間をかければ何とか分けられるんですが、「第2音節の頭子音字が低子音字のうちの単独字」これを瞬間的に把握するには、練習あるのみですね。練習になるか、睡眠にいざなわれるか・・・。はたして・・・。

投稿: meew | 2006.05.28 20:37

私は文字の色分け表(中子音字が緑、高子音字が赤、低子音字がグレー)を作って(というか、山田先生の本のパクリです)、勉強用の下敷きにはさんで使っています。でも最近はなんとなく単語を見るだけで声調とともに発音ができるようになりました。ここまで来るのに時間はかかりましたが・・・。タイの人は単語を目で追う、というよりは何語かまとめて目に入れて読解をしているように思うので、私も目下その方法に切り替え中です。

投稿: hana | 2006.05.29 07:33

>hanaちゃん
私も同じ本を使っています。その下敷きにはとてもお世話になりました。ところが、コーカイのポスターと色が違うんです。壁のポスターを見ることが多く混乱の元になるので、最近、色を切り替えました。

投稿: meew | 2006.05.29 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり気になる | トップページ | タイ文字カード »