« キルトトップ、もうすぐ完成 | トップページ | 鈴木を忘れるな! »

2006.04.12

タイ王国大使館へ行って来た

停滞している前線のために、前日から日本列島は大雨の被害が。でも、今日はKと約束したタイ王国大使館行き。新しいパスポートを作るために出かけることになっている。なんとか雨が止むことを願って、家を出た。

この町からはバスでも、電車でも東京へ行くことができる。行きは本数が多いバスを利用した。8時のバスに乗るためにバス乗り場へ向かうが、ものすごい雨。東京では昼前には薄日が射すというから、傘がなくても大丈夫だろうけど、この雨ではとても駐車場からバス乗り場まで行けそうにない。仕方ないので、傘を差すことに。それでもコートはびしょ濡れ。バスの中で濡れたコートと傘を拭いて仕舞い込み、結局この日の出番はこの時だけだった。

Kは遠足気分でお弁当やお菓子を持ってきた。(やっぱり、タイ人!)それでも、バスも電車も利用したことがないので、「中でものを食べても大丈夫?」なんて心配していた。

営業の仕事をしていた彼女は、バンコク-チェンマイ間を何回も運転していて車酔いには強いと言うが、その彼女も気持ち悪いと言い出した。やはり山道で、それに今日は道路に土砂が川のように流れていたりして、普段より揺れたのかもしれない。気の早い人はもう田植えを始めたようだが、たんぼはすっかり冠水していてどの田で田植えが終わっているのかもわからない。昨夜の大雨のせいだ。そういえばバスに乗り込む時、防災無線で「○○川が氾濫しました。付近の方は・・・」と言っていたようだ。直接影響はないが、近くでは電車も止まっている様子。関係はないけど、昨夜は地震もあったらしい。(らしいというのは、我が家では感じなかったから。Kの家では感じたらしいが)

Kが気持ち悪いと言い出すくらいだから、私ももちろん、気持ち悪くなっていた。でも高速道路に入ると二人とも元気になり、さて、今日は用事が終わった後、なにをしようか、あれこれ予定を立てていた。

M060412 タイ王国大使館への道はわかりづらいと聞いていた。Kは以前行ったことがあるが、その時は車。今回は駅から歩いて行くので、大使館のHPから地図をダウンロードして行った。雨はすっかり上がり、傘も必要なくて助かった。さて、MIZUHO銀行を見つけ地図を頼りに歩いていくが、目安になるものがあまりなくて本当にわかりづらい。一度行ったことのあるKがいて、心強かった。こっちだよというKに、私はついていくばかり。「K、すごいね。よくわかるね。」「うん、だって、あの前を歩いている女の人、絶対にタイ人だもの。あの人の後をついていけば大丈夫だよ。」(上の写真、大使館へ行く途中に見かけた猫ちゃん)

大使館の中はKの言ったとおり、「タイ王国」みたい。タイ人がいっぱい。電話をかけている男性を発見。髪が長くてカールしていて、Sek Losoの髪が伸びたみたい。正面に回り、そっと写真を撮ろうとしたら、どこかのおじさんが前に立ってしまった。いったんKの様子を見に行く。もっとも、ここでは私の助けは必要ないけど。もう一度、長髪のSekを見に行くと、ついさっきまで座っていた場所に、もういない。K曰く、「彼女に電話で呼び出されたんだよ」そうだろうね、きっと。

Kの番号は756番。11時過ぎに申し込んだんだけど、何番からのスタートで今は何番なんだろう。スタートはわからなかったが、現在受付中の番号は740番台だ。これならそんなに時間はかからないだろう。じき、Kの番号も呼ばれて、審査受け付け。後はお金を払って、写真を撮るだけだという。6週間ほどして、新しい電子パスポートが届けられるらしい。ただひたすら待つ・・・待つ・・・待つ・・・・なかなかKの名前は呼ばれない。どうもKより後の人がお金を払っているようだ。Kはスタッフに尋ねてみた。するとスタッフは「明日からソンクラーンで大使館が休みになるので、人がたくさん来ている。書類がこんなにたくさんあるのよ。ピー(年上に対する敬称)の書類はちゃんとしてるから大丈夫です。もう少し待っていてください。」と答えた。もちろんこれはタイ語だったけど、「ソンクラーン」「人がたくさん」「書類」手振りの「こーんなに」から類推した日本語訳。Kに確認したら合ってた。「すごいね、P'meew、タイ語よくわかったね」と言われて「う、うん、まあね」

しかし待てども待てども、Kの名前は呼ばれない。そのうち会計の窓口もしまってしまった。が、これは日本人向けのビザの発行業務の分らしい。まだまだたくさんいる、タイ人向けには窓口は開けてあるようだ。そして、Kの名前が呼ばれたのは、なんと最後の最後だった。Kの書類はどこかに忘れ置かれていたのだった。「コートート、ピー、コートート」と何回も謝るタイ人スタッフ。その後、写真を撮り、全て終わったのはなんと2時。いろいろあったけど、これであと5年はパスポートの心配をしなくていいんだから、Kちゃん、おつかれさま。

実はこれらの申請は大使館の建物の中ではなくて、敷地内にある別棟で全て行われた。敷地内には大使館のほか、隣接する大使公邸があり、この公邸は見事な建物だった。Kが写真を撮ってる時、あまり暇なので警備の人とこの建物について話していたら、彼がふと私のデジカメに気がついて、「建物の写真を撮ったんですか?」と聞く。「はい」と答えると、「申し訳ないけど、建物の写真は全て消去してください」と言う。一般の人の住宅ではなくて、タイ王国特命全権大使の公邸なんだとあらためて感じ入った次第。とうことで、この建物の写真はアップできなかったので、ご覧になりたい方はタイ王国大使館のHPでどうぞ。こちらです。

結局、おいしいてんぷらを食べたのはなんと3時。それから、私のリクエストの文房具屋さん、Kのリクエストの電気屋さんを見て、帰りは電車で帰ることにした。バスも電車も初体験のKなので、両方試してみることにしたのだが、行きに少し車酔いしたKは、電車の方がお気に召したみたい。いろいろあったけど、とても楽しい一日だった。Kは「いい経験」と言い続けていた。私は大使館にいたあの超カッコいいタイ人の写真を盗み撮りできなかったのが残念。Kも「これで、彼の写真が撮れたら、最高の日だったのにね」と慰めてくれた。アリガト。

|

« キルトトップ、もうすぐ完成 | トップページ | 鈴木を忘れるな! »

コメント

車酔いや順番待ちなど大変でしたね。
タイ大使館って東京ですよね、
タイ王国みたいな場所・・・私も行って見たいです。
でも用事がないときっと無理ですよね;
タイ人のお友達、私もほしいです。
かっこいいタイ人の写真撮れなくて残念でしたが
また会えるといいですね☆

投稿: レイン | 2006.04.22 18:20

>レインさん
地方に住んでいると、何かと不便です。それでも「午前中の受け付けに間に合う程度の遠距離」なので、いい方なのかも。中には東京に泊まった人もいたのかもしれませんね。

投稿: meew | 2006.04.23 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キルトトップ、もうすぐ完成 | トップページ | 鈴木を忘れるな! »