« お花見 | トップページ | 食べすぎ »

2006.04.01

映画 2006 1-3

テレビをあまり見ることがなかったので、必然的に映画を見ることも少なかった。さらに私の家は電波状態が悪いのでなおさらだった。それがスカパー導入以来、映画を見る機会が増えたので、ここに2006年1月から3月の間に見た映画をリストアップしておくことにした。

小さな中国のお針子/ルル・オン・ザ・ブリッジ/何かが道をやってくる/キッドナップブルース/Jesus Christ Superstar/みんなの家/呪われた森/ジャイアント・ピーチ/キラータトゥー/ションヤンの酒家(みせ)/アイリス/三人の帰宅/アメリ/ポワロのクリスマス/ミシシッピー・バーニング/ゴルフ場殺人事件/俺たちに明日はない/武器よさらば/静かの海/ガウディ・アフタヌーン/Do the right things/アカデミー 栄光と悲劇/スリーピー・ホロー/ロボコン/スイミング・プール/アクロイド殺人事件/裸のランチ

27本。かなり見ていることにびっくり。これ以外にもポワロ、ミスマープル、シャーロック・ホームズ、フロスト警部、アンタッチャブル、そしてツイン・ピークスといったテレビドラマシリーズも見ているから、さらにびっくり。

上記映画の中で、一番好きだったのはレイ・ブラッドベリーの作品を映画化した「何かが道をやってくる」。ベティ・デイヴスの「呪われた森」も好きだ。「ガウディ・アフタヌーン」の中で繰り広げられたスペイン語と英語の会話も、興味深かった。バルセロナにいるアメリカ人とスペイン人。はじめは英語で話していても言い争いになるとアメリカ人は英語で、スペイン人はスペイン語でまくし立てる。字幕スーパーを見ているだけでは特に何も感じないけど、一生懸命耳を傾けるとおもしろい。

去年11月、12月の記録も残っていたので、それも書いておこう。 
地下鉄のザジ/のら猫の日記/コンセント/カラフル/アガサ 愛の失踪/ロミオとジュリエット/熱帯楽園倶楽部/ロッキーホラーショー/お墓がない/man-hole/ロスト・イン・トランスレーション

こんなに映画を見たってことは、キルトにかけた時間もこんなにあるってことなんだ。

|

« お花見 | トップページ | 食べすぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お花見 | トップページ | 食べすぎ »