« ぽかぽか | トップページ | 恩師に再会 »

2006.02.18

アイリス

「鐘」で知られるイギリスの文学者、アイリス・マードックを描いた映画「アイリス」を見た。

彼女にとって一番大切な「言葉」がとらえられなくなっていくなんて、なんて残酷なことなんだろうと、心がどんどん重くなっていった。毎日感ずる恐怖、恐れ。こればっかりはどうしようもない。しかし、その夜、ニューロンは成人してからも再生される可能性があると聞き、少し心が軽くなる気がした。

|

« ぽかぽか | トップページ | 恩師に再会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぽかぽか | トップページ | 恩師に再会 »