« チャームキルト | トップページ | タイ文字の書き順 »

2006.01.07

へのへのくつじ・・?

m06010701_ パナマのサンブラス諸島のケナ族の手仕事に  「モラ」がある。逆アップリケとでも呼びたくなるような独自な手法で、それはそれは見事なものだ。私も2枚持っていて、これはそのうちの1枚。こんなに難しいのはともかく、2色の簡単なものをいつかやってみたいと思っていた。実はサーミーはありきたりなアメリカン・パッチワークよりもこのモラの方が好きな様子。そこで遊び半分トライしてみた。

はじめは猫のシルエットでも・・そう考えてデザインしていたんだけど、問題は「やりたいこととできること」。下手くそな私には技術がない。やっぱりダメだとあきらめかけた時、ひらめいたのが、これ。

日本語の授業でもよく使う私のオリジナル。皆さんが知ってるのは「へのへのもへじ」でしょう。でも「もへじさん」は口が曲がってて、可愛らしくない。いわば男の子バージョン。そこで女の子用に開発(?)したのが、「へのへのくつじ」これをモラでつくってみた。ジャーン!

m06010702

鼻が高くて、口元も可愛いでしょう。うーん、モラとしては最低だけど、私のテクニックではこれ以上は無理だということがわかった。モラは見て楽しむだけにしよう。

|

« チャームキルト | トップページ | タイ文字の書き順 »

コメント

・・・これはいったい、どうやって作っておられるのでしょうか?!すごく不思議!!世界中にはまだまだ知られていないいろいろなクラフトがあるんでしょうね。私もはやく、針がもてるようになってキルトに挑戦したいです。

余談ですが・・・meewさん、先日はどうもありがとうございました。毎日楽しんでいますよ。

投稿: hana | 2006.01.08 00:02

>hanaちゃん
機会があったらどこかでモラをご覧になってください。虜になってしまうかも。
上の布に切れ目を入れて、下の布の色を使って模様を表わす物なんですが、上の作品はサンタの顔部分はアップリケになっています。「へのへのくつじ」でいうと、青い布のへのへのくつじという字をはさみで切って、たてまつりでまつるだけ。ただそれだけなんですが、私にはこれが精一杯でした。

私も、お正月早々TKの「パー・チェット・ナー」を歌ってしまいました。訳詞楽しみにしていますよ。

投稿: meew | 2006.01.08 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャームキルト | トップページ | タイ文字の書き順 »