« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.29

「Suica をふれてください」

JR東日本の「モバイルスイカ」サービスが始まった とかで、テレビのニュースで、自動改札機の映像を見た。大きく写ったそこに書いてある文字を見て、???。

ネイティブの利点は、「なんだかおかしい」と即座に感じることだとすると、この違和感はネイティブのものだと信じよう。日本語学習者だったら、「ふれる」は自動詞だと思っていたけど、他動詞だったんだと考えてしまうだろう。疑い深い学習者だったら、辞書を引くなりして確かめるだろうけど、日本人を頭から信用する善良な学習者は、ここで大きな落とし穴に落ちてしまうことになる。

「Suica をふれてください」この文に、違和感は感じませんか?こういう気持ち悪い文がいやなんです。高校生の斉藤君だったら、きっと、「これは日本語じゃない!」と言い切っただろうな。

日本語文法(国語文法ではなく)で解釈すると、「~を動詞」「~が動詞」のように、助詞の「を」をとる時は他動詞、助詞の「が」をとる時は自動詞となる。手元の辞書で「ふれる」をひくと、自動詞とあるから、「~がふれる」が正しい。どうしても「Suica を触れる」でいきたければ、「Suicaをふれさせてください」。でもね、「かざす」では、どうしていけないのだろう。Suicaやケータイをふれさせるのではなく、近づければいいんでしょう。いい言葉があるじゃない。上記の新聞記事でも、写真の説明は「携帯電話をかざすと自動改札を通れる「モバイルSuica」のサービスが始まった=28日午前、JR新宿駅で」とある。他動詞の「を」を使いたいんだったら、それでいいと思うのに、どうして?それに、この文に違和感も感じなかったなんて。どうして?

そんなことを思っていたら、同じようなことを考えている人を見つけた。私は簡単に日本語文法で片づけたけど、ちゃんと国語文法でとらえているので、関心のある方はこちらもお読みください。とてもおもしろいです。

新しい技術が言葉を変える、言葉を作る!?――カードをふれてください (1) (2)

大阪ではSuicaの変わりにICOCAが使われている。上の記事によると、さすが大阪は洒落ていて、「suica をふれてください」なんていうわけのわからない日本語の代わりに「ICOCA」 とだけ書かれているらしい。スマートだなぁ。

| | コメント (4)

2006.01.26

新庁舎

小菅の東京拘置所の寒さを思えば、ぽかぽか太陽が当たる窓際はなんて天国!そんな時、このような記事を見つけた。

堀江容疑者あきれた独房第一声「株価は見られないんですか」

私の関心を引いたのは、見出しではなく、次の部分。ライブドアの社長たちがいるのは、去年二月に一部完成した新施設の独居房で、・・・空調は整っており・・・。東京拘置所へ移送される時、テレビ朝日の富川アナウンサーは、小菅にまだ残る雪をつかんで、たしかに冷暖房もない3帖といってた。その後も報道の多くは暖房もない部屋でと言ってる。私も先日の記事で、暖房のない部屋に入れられるのは絶対いやだ!と書いた。しかしこれを見ると。

そこで少し調べ物。そうしたら、東京拘置所の新庁舎は従来のとは異なり、「冷暖房が使われるようになった」らしい。相反する情報のどちらかが間違いということではなく、どちらも正しかったようだ。それにしても旧庁舎に入れられてしまうかもしれないから、正しい生活を送ることに変わりはない。

| | コメント (2)

2006.01.23

3帖の部屋

先週はライブドアのことでテレビのニュースは大騒ぎだった。そして、今週も大騒ぎは続きそう。ライブドアの社長の事情聴取が今日あったというニュースを夕方に聞いて、夜には「逮捕だってさ」。インターネットをやっていて、ライブドアのことを見聞きしても、元来、経済やら株やら、まったく数字に弱い私は、ああいう会社が何で儲けているのかまったくわからなかったのだが、先週の一連のニュースでなんとなくわかりかけてきたところだった。

彼が逮捕されたことで、手のひらを返すような言動をとる人もいるらしいが、私の中では何をしているのかよくわからない人というイメージは変わらないが、この寒い季節、時に半袖で登場するのを見ては、暖房のよくきいたところにいるんだろうなぁと、それはちょっとうらやましかった。というのは、去年から寝室を3帖間の狭い部屋に移した。以前はPCのある部屋が寝室だったのだが、道路に面していてうるさいので、引っ越した。この3帖の狭い部屋、夏は暑くて困ったが、冬は快適。狭いからすぐに暖かくなる。そうなると、使わないPC部屋の寒さ。ついつい億劫になって、足が遠のき、blogの更新も、吝かになっているわけなんだけど。特に今年の寒さには閉口していて、半袖姿でいられるライブドア社長がちょっとうらやましかった。ところが、今回の逮捕で、小菅の東京拘置所に入れられることになり、そこの独居房の広さも3帖らしい。私の場合、3帖の快適さは暖かさが保たれての話。小菅の部屋には暖房がないとか。とすると、この寒さの中、彼はどんなにつらいことだろう。

だいぶ前の出来事だが、地元の著名人がが拘留中に亡くなった。肺炎だったらしい。悪いことはできないねと話したが、本当に悪いことはできない。夏ならともかく、冬に暖房のない部屋に入れられたら、私は絶対に体を壊すね。ちょっと本筋じゃないところで、悪いことをしない決心をした。

| | コメント (0)

共通一次

この土日は、雪の中、共通一次。受験生の皆さん、大変でしたね。共通一次が終わると私も少し勉強しようという気になる。(天の邪鬼?)

共通一次の英語の試験問題が新聞に載るので、毎年やってみている。一応英語の学校を出てるので、これくらいはできなくちゃと思ってやってるけど、日本語教師になったから、じゃ、国語の問題もやってるのかというと、これは現代国語しか太刀打ちできなくて、落ち込むだけだから、端から手をつけないようにしている。

寒い日曜日、部屋にこもってやってみた。英語の勉強はまったくしてないけど、そう忘れてもいなかった。でも途中の問題は、面倒くさくなってパスしてしまった。かなりのポイントの問題だったけど、さすがそれだけのことはあったわ。正解率90%。6点の問題を3問もパスしてこの正解率。今年も何とか維持してることに安心。

| | コメント (4)

2006.01.22

今日はキルトフェスティバルとJesus Christ Superstar!

今日も寒い日。暖かい部屋にこもってテレビを見た。

今日の目玉はNHKで生中継される「東京国際キルトフェスティバル」とJesus Christ Superstar!

m06012202 現在東京ドームで開催されている東京国際キルトフェスティバル、行ってみたい気もするけど人出がすごそう。テレビで見られるならそれが一番。もっと作品を紹介して欲しかったけど、録画してから見たので、グダグダやってるのは早送り。英国アンティークキルトについてよく知らなかった。もっと紹介して欲しかったなぁ。毛織物の国だけに、ウールを使ったものや軍服を使ったものなど、とても興味深かった。

万人向けに紹介していたので、ちょっと物足りなかったけど、やはり賞を取るキルトはすばらしい。本物を見てみたい。そうそう、三浦百恵さんのキルトも紹介されていた。

m060122 そして、夜はスカパーで "Jesus Christ Superstar"。私が高校生の時にアルバムが発表され、この映画はその後発表されたもの。以前NHKで放送された時も楽しみにしてみたんだった。個人的にはこの映画よりも、アルバムの方が思い出深い。アルバムが発表された頃、当時のFar East Network(FEN)で、毎晩のように紹介されていた。当時はカセットに録音するなんてこともできなかったから、毎晩ラジオにかじりついて必死で聴いていた。そして日本でもアルバムが手に入れられるようになると、すぐに入手し、毎日聴いた、歌詞が一冊の本になっていて、当時キリスト教の英語学校に行っていた私は、そのアルバムを持って通っていた。日本人先生の中には露骨に嫌な顔をする人もいたけど、熊のプーさんを教材に使った先生は「そのアルバム、貸してくれる?」と言った。一生懸命に歌詞を勉強しただけあって、今夜の歌、ほとんど歌詞を覚えていた。タイ語もこんなふうに勉強して、身についたらいいのになぁ。

| | コメント (0)

2006.01.20

お姉さん指

冬季オリンピックの花、フィギュアスケートの日本代表A選手。練習中に足の骨を骨折していたとか。インタビューでA選手、

「小指とお姉さん指のところが・・・」

これは日本語ではあるけれど、適切とは言えないだろう。どうしてか。「お姉さん指」が幼児言葉だからだ。最近はこのように、適切な語を使えない状況が多すぎるように思う。無理に難しく言ったり、外来語に置き換えたりするのは勿論だが、公式な場所ではしかるべき言葉を用いて欲しいと思った。

それでは、「お姉さん指」に代わる語とは。医学用語の「第四指」とまでいかなくても、「薬指」があるでしょう。でももしA選手が「紅さし指」を使っていたら、私は、即、大ファンになっていたかも。

実は、第四指の呼び方は興味深いものがある。「薬指」「紅さし指」「紅付け指」「お姉さん指」のほかに、「名無し指」とも言う。これは漢語の「無名指」から来ているのだろう。ちなみに英語では"ring finger"、そしてタイ語では นิ้วนาง (女の人の指)と言う。

| | コメント (4)

全消去

例年にない厳冬で、毎日寒い。寒いと、思考能力がただでさえ低いところへ持ってきて、さらにダウンするから、いろんなことが起きる。昨夜は、大変なことが起きてしまった。

去年の秋にHDDレコーダーを購入して、実によく利用していた。もう十分元を取ったのではないかと思うくらい。そのスゴ録だが、昨夜、ふと思い違いをして、HDD内のタイトルを「全消去」してしまった。HDD内にあった宝物は、サーミーが好きな鉄道関係がほとんどだけど、時間がなくてまだDVDに焼いていないものがほとんど。スカパーからの録画はタイトル名が自動でつかないので、ケータイ方式でタイトル名も入れ、初めと最後の余計な部分も削除しておいたのに・・・。

DVDにダビングし始めて、もうすでにダビング済みであることに気がつき、DVDの内容を消去しようとして、HDDの内容を消去してしまった、と言う、お粗末な話。自分が不甲斐なくてがっかりした。

昨夜はもう、何もする気にならなかったが、夜も明けたら、今日、スゴ録を購入したと思えばいいや、また同じ番組をやるでしょう!と、少し前向きに考えることができるようになってきた。それにしても寒さのせいにしてるけど、原因はほかにあったりして。

さらに前向きに考えれば、先日見た映画「ルル・オン・ザ・ロード」。ポール・オースターの作品だけど、いまひとつ納得できず、消化不良。その映画に出てきたミュージシャン役の男優がとてもカッコよかったので、その部分だけ残しておこうと思いながら、その時も私の操作ミスで登場部分を消してしまったという失敗があった。HDDの残り容量も増えたことだし、もう一度TRYしよう。

| | コメント (3)

2006.01.18

これは日本語じゃない

広いお風呂に入ると、それだけで気持ちがいい。先日、スーパー銭湯に行った。男湯での出来事をサーミーが話してくれた。

ずいぶんと子どもに見える3人組が韓国式アカスリの部屋のドアの前で何か話しているらしい。聞くともなく耳にしたのは「これは日本語じゃない」の声。アカスリの部屋のドアに貼ってあるのを見て、なにやら言ってる。「じゃ、声出して、これ読んでみろよ」

サーミーは私と違って、何にでも首を突っ込むタイプじゃないから、素知らぬ顔でその場を離れたらしいが、脱衣所で一緒になった3人組は、制服を着て出て行ったらしい。高校生と見たらしいけど、休日に部活?家の風呂が汚れるから、帰りに風呂に入って来いって言われたのかしら?それとも塾帰りの仲良し3人組?残念なことに当の3人組にはお目にかかれなかったけど、その問題のポスターは、見てこなくちゃ。男湯も女湯もそうは違わないでしょう。

そのアカスリ部屋は浴室にあるけど、入ってすぐのところだから、服を着たまま行ってみた。何枚か貼ってあるけど、これらしい。ふ~む。

メチャクチャな日本語とまではいえないけど、句読点の使いかたがおかしかったり、誤植があったりして、厳密な意味では「日本語じゃない!」。日頃私が文句を言ってるようなことを、そんなこと言いそうにない高校生が真剣に話していたので、サーミーはおもしろかったらしい。私はまだまだ日本も捨てたもんじゃないねと大喜び。

その3人組に敬意を表して、「これは日本語?」シリーズを近々展開することにする。見聞きしたおかしな日本語をメモしていこうと思う。斉藤君、日本語、これからも頑張ってね!

| | コメント (4)

2006.01.17

楽しい時

キルトは楽しい。見ていても楽しいし、自分でやっても楽しい。考えていても楽しい。どれもみな楽しいのだけれど、一番楽しいのは、なんといっても針を運んでいる時。しかし、その前にやらなくてはならないことがいろいろある。

生地を買ってくると、まずやらなければならないのが「水通し」。生地についている糊を落とすのと縮み防止のため。これをやると針の通りが格段スムーズになるので、欠かせないのだが、ちと面倒。今日も27cm×33cmの端切れを20枚、水通しした。生乾きの時にアイロンをかけて、布目を通しておくことも大切。小さいからアイロンがけは楽だけど、何メートルもまとめて買った時は、「ああ、冬でよかった」と思った。

パターンも決まって、生地も決まったら、型を写して裁断。これらをきちんとやっておかないと、後で狂いがでる。そうしてやっと針を持つ段階へ。針仕事をしながら、あれこれ考えたり、ミステリー番組を見たりしている時が一番楽しい時。この時はすべての準備が整ってはじめて訪れる時。

私は、とかく、準備を怠って、もっと楽しくなるはずの「時」をいいかげんに過ごしてきてしまった。楽しく時を過ごすために、やるべきことは怠らずにきちんとしなくちゃね。

m060117

| | コメント (0)

2006.01.15

タイ語の勉強

タイ語の先生で吉川敬子という方がいらっしゃる。「徒然なるままに」という日記を公開されていて、私もときどき拝見しているのだが、先日、「外国語学習開始!」というタイトルの記事があった。ここで書かれている13ヶ条すべてを実践はできないが、これだけは心がけよう。それは「何があろうが、学習を続ける。言い訳は許さない」今年はこれを心がけよう。

幸い、今年はタイ人友と一緒にそれぞれ、彼女は日本語、私はタイ語の勉強を頑張ろう!1年間でどのくらい勉強できるか、競争しよう!と念頭の誓いを立て、頑張り始めたところだから、是が非でもつらぬきたい、つらぬこう!

そして、その数日後、吉川先生の記事に「タイ語の文字は自分で書こう!」というのがあった。タイ語を勉強し始めた頃は、タイ文字の勉強からはじめた。ローマ字の練習帳を買ってきて、何回も何回も書いた。鳥さんのコーカイから順番に何度も書いた。はじめはバランスが取れなくて、大きな字でしか書けなくて、なんとも格好悪いものだったが、そのうちにだんだんと見られるようになってきたが、その頃はข と บ が同じ字になってしまって、タイ人に笑われたりしたんだっけ。その時のノートは今でもとってある。どんな字を書いていたかちょっと見てみよう。

m060115

PCを使うようになり、タイ語も打ち出せるようになると、当然PCの方がきれいだから、手で書くことが少なくなってきた。しかし、私の今のタイ語能力は「書いて覚える」ことを必要としているので、今年は書くぞ!あの頃のように、ノートを何冊も何冊も使おう。あの頃より、小さな字で書けるようになっているはずだから、同じ冊数でもたくさん書いているはず。でも、それよりももっと多くのノートをタイ語で埋めよう!来年は、きっと、きれいなタイ語が書けるようになっているはずだ。

| | コメント (10)

2006.01.13

日刊 meew

もうご存知の方もたくさんいらっしゃるでしょうが、こんなサイトが。「日刊あなた

とてもおもしろいので、ぜひお試しあれ!ある日の私はこんな記事。

meewの「突撃!隣の晩ご飯」
ワイドショ-の名物コーナー「突撃!隣の晩ご飯」の収録が今日行われた。突撃レポーター役を引き継いだmeewにとっては、これが初めての収録となった。大人気コーナーだけに、最初はいささか緊張の色が見えたが、それはさすがにmeewのこと。すぐにエンジン全開となった。「甘からず、辛からず、うまからず」といった、どこかで聞いたことのあるようなギャグをふんだんに織り交ぜ、爆笑をえた。しかし、2件目でビールをご馳走になったmeewはついに暴走。放送禁止用語を連発し、ついには収録がストップ。結局幻の作品になってしまった。先が思いやられるスタートとなったが、meewは一向に強気の姿勢を崩さず、「次はもっとすごいよ」とスタッフを震え上がらせた。おそらく降板になるだろう。

meewの色気徹底研究
今年度の「恋人にしたい人」部門においてもぶっちぎりの一位を獲得したmeew。イチローの7年連続首位打者など問題にならない15年連続での受賞である。わんぱく小僧から、おじいちゃん、ED患者までの票を幅広く獲得しており、まさにぶっちぎり!そのデビューからまったく変わっていないというプロポーションは、見事!の一言。その秘訣を聞いてみた。「三角食べをすることが大事だと思います。」インタビューの間も、ご飯、味噌汁、牛乳と三角食べは怠っていなかった。誰かmeewの16年連続受賞を崩せる人はいないのか!?

meewさん、河童の皿を拾う!!
6日正午過ぎ、ミシシシッピ川のほとりを散歩途中であったmeewさんが、河原にキラリーンと光るものを見つけた。近づいてみると、直径15センチほどの七色に輝くお皿で、不思議に思い拾ってみると、舐めるような視線を感じたという。meewさんが振り返ってみると、後ろに慌てふためいている茶褐色の河童らしきものがいた。「サラ、カエシテ・・・。ハヤクカエシテ・・・。カワクカラ。ハラショー。」とロシア語なまりで語りかけてきたと言う。すると、にわかにmeewさんの後ろから後光がさし、meewさんは「あなたがなくしたお皿は、金のお皿ですか、銀のお皿ですか?」と、急にどこかの物語で見たようなセリフを自動的に喋りだした。しばらく考えたあと河童は、「・・・ギンノオサラ」と答えたという。こうしてmeewさんは河童の携帯番号をゲットし、二人の交際が始まったそうだ。(ちちりフラン記者)

| | コメント (2)

2006.01.12

Happy Birthday

実は、今日は私の誕生日。お祝いメッセージを下さった方たち、遅くなりましたが、ありがとう。(実はこれを書いているのは16日)

今日はサーミーに何でも買っていいと言われて、某デパートへ行った。地元では手に入らないものを買いまくった。ほとんど食べ物。このデパートを選んだのは、ベーカリーのアンデルセンが入っているから、私が好きなもののベストテンの、それも上位に位置する「ヌスコペンハーゲナー」、今日はこれを買いに来た。地下へ行く前に、まず腹ごしらえ。上階のレストラン街へ行き、ここでも好きなものを選んでいいという。中華で大好きな「銀座アスター」があったので、ここにする。月並みだけど、ここの酢豚はおいしくて、これまた好きなもののベスト10に入るほど。しかし、さすが老舗レストラン。外の椅子に座って待っている人多々。そこで仕方なく隣のイタリアンレストランへ。

私はチーズの類はそれほど好きではなく、ブルーチーズはまず食べない。そんな私がなぜか、ゴルゴンゾーラのピザが好き。サーミーは私とは違って、乳製品、何でも来い!ゴルゴンゾーラ、大好物!昼はパスタとゴルゴンゾーラのピザをご馳走になった。

この日催事場では、沖縄九州の物産展を開いていた。ここに思いがけないものが。本来このデパートには入っていない、カステラの福砂屋の売り場が。もちろん、ゲット。他にも冷やかしながら、そうそう、今日の目的を忘れてはいけない!と地下の食品売り場へ。アンデルセンを見つけるが、なぜか「ヌスコペンハーゲナー」がない。もしやこの店も「ヌスコペンハーゲナー」を扱っていない店?お店の人に聞いてみるとそうだった。どうして、アンデルセン(もしくはリトルマーメイド)の超目玉商品「ヌスコペンハーゲナー」をおかない店があるの?

今日の目的を果たすために、別の店へ。いつも「ヌスコペンハーゲナー」を買っている駅ビルのお店へ。するとなぜかここにも置いていない。お店の人の返事も同じ。「今は製造を見合わせています」とのこと。残念だけど、どうしてだろう。疑問。

結局、この日は、その他にも大好きな紅茶を何種類も、ユーハイムのハイデザント等など。日頃、地元では手に入らないものを思う存分買ってもらった。食べるのは私だけじゃないから、サーミーも損はしないけどね。

東京にいた頃は歩いてでも買ってこられたものが、1日がかりでも空振りに終わってしまうこともある。こんな時はちょっと悲しいけど、出かけていった代償に頭痛のおまけ付だと、田舎暮らしの方がいいかなと思う。

| | コメント (2)

2006.01.11

タイ文字の書き順

「タイ文字はすべて、丸から書き始める」独学でタイ文字の勉強を始めた時の教科書にそう書いてあった。その後タイで子供用のタイ文字練習帳を買ってきたけど、そこにもすべて丸からスタートするように指示があった。

「鳥さんのコー・カイ」や「旗のトー・トン」は丸がないけど、丸があるのは、すべて丸から書くように練習していた。それが今日!タイ人友のギーと話していて、私の名前(แมว)を書いた時、ギーが「P meew、違うよ。」と言い出した。何が違うのかと思いきや、サラ・エー(แ)の書き順が違うんだと言う。「何で?タイ文字は全部丸からでしょう?」「違うよ。魚のปや馬のมはそうだけど、指輪のวや、母音のแ、เは上から書くんだよ。」

m0601111 ちょっと待ってよ。まず見つかったのはタイのソーソートーで売ってるタイ文字練習帳。ちゃんと丸から書くようになってる。するとタイ人のギーちゃん。「これは日本人用の本だから・・・。タイ人は丸から書かないよ。」と。それでは、これはどうだ!あきらかにタイ人のお子様向けの練習帳。

m0601113

「あれぇ、変だね。丸から書いてる。でも私が小学生の時、先生が黒板にこうやって書きなさいって教えてくれたのは、上からだったよ。」

m0601112 そういえば、Sek LOSOにサインをしてもらった時、私の名前を書いてもらったその時も、Sekはแを上から書いていた。若者はこう書くんだなと思ったんだった。その話をギーにすると、「ね、ね。タイ人はみんなそうだよ。」

「ほら、日本人はイ形容詞、ナ形容詞って知らないでしょ。外国人は知ってるけどさ。タイ人の書き方と外国人の書き方と違うのも、それと同じだよ。」なんて、わかったようなわからないようなことを言われた。

今まで、何回もแ、เや วを、目の前で書いてたのに、何で気がつかなかったんだろう。いいえ、今日、気がついてくれたからよかったんだ。実はものすごく書きづらかったんだ。でもタイ人が学校でこう習ったって言うんだから、私だって、真似してもいいよね。自分の名前に三ヶ所もあるからね。

| | コメント (9)

2006.01.07

へのへのくつじ・・?

m06010701_ パナマのサンブラス諸島のケナ族の手仕事に  「モラ」がある。逆アップリケとでも呼びたくなるような独自な手法で、それはそれは見事なものだ。私も2枚持っていて、これはそのうちの1枚。こんなに難しいのはともかく、2色の簡単なものをいつかやってみたいと思っていた。実はサーミーはありきたりなアメリカン・パッチワークよりもこのモラの方が好きな様子。そこで遊び半分トライしてみた。

はじめは猫のシルエットでも・・そう考えてデザインしていたんだけど、問題は「やりたいこととできること」。下手くそな私には技術がない。やっぱりダメだとあきらめかけた時、ひらめいたのが、これ。

日本語の授業でもよく使う私のオリジナル。皆さんが知ってるのは「へのへのもへじ」でしょう。でも「もへじさん」は口が曲がってて、可愛らしくない。いわば男の子バージョン。そこで女の子用に開発(?)したのが、「へのへのくつじ」これをモラでつくってみた。ジャーン!

m06010702

鼻が高くて、口元も可愛いでしょう。うーん、モラとしては最低だけど、私のテクニックではこれ以上は無理だということがわかった。モラは見て楽しむだけにしよう。

| | コメント (2)

2006.01.06

チャームキルト

ふたつの小窓用キルトを完成させ、サンプラー・キルトは今年中にできるかなぁなんて、フワフワ思っていたら、さらにフワフワしそうな楽しいことを耳にした。

それはチャームキルト。999枚の自分で買ったのではない布を使って作るキルト。詳しくは「ここ」をご覧下さい。①同じ布は2度使わない②自分で買った布は使わない③同じ形のピースで作る。この3つのルールに則って、パッチワーク用の生地を交換して、キルトを作る。ものすごく、楽しそう。今すぐ計画に移すつもりはないけど、いろいろ想像してみるのも楽しそう。どのパターンにしようかなぁ。とりあえずは、生地を集めておいてもいいかなぁ。999枚も集めなくちゃならないんだから。交換には生地を10cm四方に切ってするそうだから、私も生地をカットしておこうかしら。

もし、現在チャームキルトの生地交換中の方がいらっしゃったら、連絡ください。私の持ってる生地と交換しましょう。なんだか楽しそう。

m060106

| | コメント (0)

2006.01.03

『Killer Tattoo』

ちょっと先の話だが、1月28日(土)、スカパーでタイの映画が放映される。

m060103

DVDのジャケットはこれ。どうもドンパチやりそうな映画なので、meew は敬遠していた。スカパーのAXNチャンネル(ch.725)で紹介されていたので、見てみると・・・こちらです。やっぱり、それも大銃撃戦!実はこういうの好きじゃないんですよ。でも、この番組、字幕放送なので、タイ語の勉強にはいいかも。関心がある方はチェックをお忘れなく!

この映画は2001年の作品で、日本でもDVDが出ているようだ。監督はユタート・シパパックで、『February』の監督。この『Februray』は割合安心して見られる映画だったんだけど。出演は『マッハ!』にも出ていたペットターイ・ウォンカムラオ。それから、ミュージシャン、ソムチャイ・ケムクラットは・・・タオ・ソムチャイだ。タオの苗字、知らなかった。ナット・ミリアと結婚して、RSからGrammyに移籍したとか。でもごく最近二人の仲はダメになったとか。

それにしても、私、よく見つけたなぁと思うよ。

| | コメント (6)

2006.01.02

さむいお正月

m060102

| | コメント (0)

2006.01.01

恭喜發財

あけましておめでとう。

何もなくても新しい年は気持ちがいいもの。今年も実り多き年となりますように。

恭喜發財 紅包掌来

| | コメント (9)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »