« 残すところあとわずか | トップページ | 恭喜發財 »

2005.12.31

はるか昔の思い出。

おとといだったか、押入れの奥から何年も前に作りかけてそのままだったキルトが出てきた。ほとんど完成で、あと少しキルティングをすれば終わるのに、どうして放っておいたんだろう。どんなキルトかというと、こんなキルトです。

このキルトの存在はなんとなく覚えていて、たしか押入れの奥に入れたよなぁ。黄色と茶色のキルトだったと思うんだけどなぁ。・・・そうして、押入れの奥にあったのがこれ。パターンなんてすっかり忘れていた。結構複雑なキルティングをしていて、同じのなんて到底できないと思った。もっと下手かと思っていたけど、キルティングは今より上手だったみたい。若かったからねぇ。20年以上前の作品だもん。

なんとか完成させようと手を加えながら、いろいろ考えていた。この茶色の生地はどこで買ったんだろう。これはどう見てもアメリカンコットン。アメリカへ行った時に買ったんだろうか?カリフォルニアの近くのソーサリートというところにすごく可愛いリボン、テープのお店があったことは覚えているけど、生地を買った覚えがまったくない。でも、このキルトを作った頃、ログキャビンを作ったあの暗めの生地もアメリカンコットンだった。やっぱりサンフランシスコで買って来ていたんだろう。そういえば、友人とキルトの話をしたことを思い出した。私がキルトをやるなんて想像できない!って、彼女は言ったんだった。でも、そのときすでに私はパッチワークを始めていて、この土地に越して来る前に住んでいた鎌倉で、キルトをスタートさせたんだった。とすると、生地を買ったのは鎌倉か藤沢の可能性もある。ああ、どうしてもどこで買ったのか思い出せない。

どうしてキルトをやらなくなったのか。なんとなく、母が倒れてからやめたような気がする。母の闘病生活とキルトが重ならないから。このキルトも母の看病で時間がなくなって、そのままになってしまっていたのかな。時間ができてもそのままにしておいて、ごめんね。今度はちゃんと完成させてあげるからね。黄色が可愛いから、車の後ろのシートのかけておいたら素敵。私の黄色い車に。

いろいろ忘れちゃって、思い出せないことがたくさんある。これからはもっともっと忘れてしまうだろうから。せいぜいblogを活用して、記憶をとどめておくことにしよう。

そうそう、なぜ「今日のトトタタ」にこのキルトが写っているのかといえば、タタが大晦日だというのに、お布団の上で粗相をしたからなのさ。粗相と言っても、下に染みてしまうのではなくて・・・といえばお分かりでしょう。お布団といってもこんなこともあろうかと、夏用の家で洗える夏用の薄いのをベッドスプレッド代わりに使っていたから、それほど悲惨なことにはならなかったけど。それにしても大晦日にこんなことをしてくれるなんて、ま、タタらしいわ。

|

« 残すところあとわずか | トップページ | 恭喜發財 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残すところあとわずか | トップページ | 恭喜發財 »