« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.30

キルト千夜一夜 anvil(金床)

キルト・パターンをできるだけ詰め込んだサンプラーキルトを作ることに決めて、キルト・パターンをじっと見ていたら、いろいろなことが頭に浮かんできた。アラビアン・ナイトになぞらえて、キルト千夜一夜と題して、キルト製作過程ともに紹介していこうと思う。

m051130 まず最初はこのパターン。

これはanvil(金床、あるいは金敷)と呼ばれる。「かなとこ」とは鉄を鍛える時に使う道具。ふたつ重なっているように見えるかしら。開拓時代の生活に欠かせない小道具がキルトのパターンになっているが多い。11月14日に紹介したベッドカバーのパターンもモンキーレンチだ。

しかし、このパターンを見ていて思ったのは、開拓時代の生活ではなく、 Blake だった。 イギリスの詩人 Blake の詩に 「虎」(Tyger) と言うのがあり、その中にこの「かなとこ」がたしか出てきたと思って調べてみると、やっぱり  あった。

“The Tyger”

William Blake

Tyger, Tyger. burning bright,
In the forests of the night;
What immortal hand or eye.
Could frame thy fearful symmetry?

In what distant deeps or skies.
Burnt the fire of thine eyes?
On what wings dare he aspire?
What the hand, dare seize the fire?

And what shoulder, or what art,
Could twist the sinews of thy heart?
And when thy heart began to beat.
What dread hand? & what dread feet?

What the hammer? What the chain,
In what furnace was thy brain?
What the anvil? what dread grasp.
Dare its deadly terrors clasp?

When the stars threw down their spears
And water'd heaven with their tears:
Did he smile his work to see?
Did he who made the Lamb make thee?

Tyger, Tyger burning bright,
In the forests of the night:
What immortal hand or eye,
Dare frame thy fearful symmetry?

均整の取れた美しい虎の頭脳を鋳造した後鍛えるのに、どんな「かなとこ」が使われたのだろうとうたわれている。私の「かなとこ」はちょっと不均等になってしまったが、ちょっと太り気味の愛猫タタの手足を鍛えるぐらいには、使えるだろう。目の前でひらひらさせれば、飛びついてくるに違いない。

ところで、タイガー。思い出すのは、Sek LOSO。http://www.sekloso.com/は最近閉じられたまま。やっぱり、ちょっとさびしい。

ちなみに「かなとこ」とはこれです。

m05113002

| | コメント (3)

2005.11.28

キルト・トップ完成

m051128  ログ・キャビンのパターンで寝室の小窓用のキルトのパッチワークが済んだ。キルト・トップが完成した。手持ちのチェック柄を総動員したのだが、ピンクは薄すぎたし、緑色のチェックは柄が合っていないけど、練習だから良しとしよう。

昨日紹介したサンプル記事の小さな四角はボーダーでぐるりと回した。当初、シンプルに4色くらいでと思っていたのだが、華やかにしようとチェック柄も総動員、ボーダーもにぎやかにして楽しいトップにしてみた。

ひとくちにキルトといっているが、実際のキルトは、一番上にキルト・トップ、キルト芯、そして裏布の三層から成っている。この三枚をあわせて、キルティングして、キルトが出来上がるというわけだ。

今回はキルト芯として、コットンジャージーを使うことにした。本来はドミット芯やキルト綿などを使うのだが、手持ちのコットンジャージーの使い道が他になさそうなので、キルトの芯として使ってみることにする。初めてなので、うまくいくといいが。

右の写真はキルト・トップを広げたところ。サイズは47.5×87.5cm。小窓のサイズに合わせた。この下にコットン・ジャージー、本来ならさらに裏布をおくのだが、今回は裏布はなし。重くなるとキルティグが難しくなり、ただでさえ下手くそな私のステッチはみるも無残なものになってしまうから、なるべく軽くしようと思う。裏側のステッチがあまりひどかったら、裏布を当てようかとも思っている。

パッチ・ワークが終わり、細かい糸くずが出なくなった。喘息ではないけれど、例の咳のことがあるから、糸くずや裁断の際の布くずには注意していたのだ。ちょっと楽になった。

さぁ、これからキルティング開始。手が痛くなるんだよねぇ。でも楽しい。

| | コメント (6)

2005.11.27

小窓用キルト ログキャビン

生地見本の使い道が決まった。4.5cm×9cmの長方形をふたつに切って、小窓用のログキャビンのボーダーに使おう。サイズが基本になるのと同じなので、ちょうどいい。ログキャビンの地の色と同じ生地でつないで、こんな感じになった。ログキャビンの方はもう出来上がってるので、近いうちにキルト・トップは完成。いよいよ、キルトティングです。

m051127

| | コメント (0)

2005.11.22

サンプルキルト

洋裁の仕事をしている人から、要らなくなった生地見本をいただいた。4.5cm×9cm、そして8cmの四角を半分に切った三角形。普通なら使い道はないんだろうけど、パッチワークをやろうとしている私には「宝の山」。

ベッドカバーのパターンはいろんなパターンを集めたサンプラー・キルトにしようと思っている。そして、今日いただいた生地サンプルでも小品を作ろうかな。そうするとそれはサンプル・キルト」だったりして・・・。

| | コメント (0)

2005.11.20

キルト 今、昔

キルトの番組(楽しいキルトのすべて)を見てからというもの、キルト熱が再発して、とうとうまたやり始めた。

まずは、寝室の小さな窓にかけるタペストリーを作り、その後はベッドカバーを作る予定。パターンは何にしようか・・・。手元にチェックの生地が色違いであったので、それを使おう。大好きなログキャビンで窓用タペストリーにしよう。ベッドカバーのパターンは何にしようか・・・。ものすごく、楽しい。

タタが来てから針仕事らしい針仕事をしたことがなかったので、タタは興味津々。針が危なくて、はらはらしてるのをよそ目に、針山にすりすりしてる。針だけは気をつけないとね。

さて、うちの猫とキルトの今昔。左は今のタタ。今日のトトタタでも紹介した写真です。モモとポポの写真は先日載せたから、今日はその前の猫たち。ポポのお父さん(チャウチャウ)とお母さん(コロッケ)。25年以上前だけど、私の第1次キルト時代ね。いずれにしても猫は寄ってくるのね。

m051120

| | コメント (5)

2005.11.18

旅番組

古くは「兼高薫 世界の旅」を楽しみに見ていた。もうこの番組を知っている人も少なくなったのだろうな。

普通にテレビでやっている旅番組を見ることはあまりないけど、ちょっと変わった旅番組を楽しみにしている。

その筆頭は「水曜どうでしょう!」旅番組かい!と言われそうだけど、どう見ても旅番組でしょう。電波少年に見られるような行き当たりばったり、向こう見ずな冒険旅番組を呈しているけど、「電波少年」と違うのは、裏方さんがしっかりその存在をアピールしていること。大泉洋と鈴井貴之をメインに押しながらも、ディレクターの藤村氏、船にやたら弱いカメラマンの嬉野氏が姿を現さないまでも、しっかりとそこにはいる。当然、いるべき人がいると言う点が一連の番組とは違っていて、おもしろい。あいかわらずサイコロを振ってばかりだけど、楽しんでます。それにしても、オリジナル版、リターンズ、そしてクラッシックスと3回も使い回すなんて、すごい。そして、クラッシクスで初めて「水曜どうでしょう!」を知った私の遅れ具合も、すごい。

次なる旅番組は、スカパーで見ている「ガムシャラ旅行団」女性お笑いコンビのイザベネが中国からメコン川を南下して行くと言うもの。こちらの方が「電波少年的」ではあるが、旅人が女性なだけに、見ていてそれほどの苦しさはない。イザは日本人とフランス人の混血。ベネはセネガルとどこか東欧(調べておきます)の混血。日本語はまったく問題なく、さらに英語、フランス語など五ヶ国語を操るとか。番組内での日本語がもう聞くに堪えないくらいひどいのに、英語はとてもきれい。どうせなら、全部英語で話してほしいくらい。我が家の隠れた人気番組だ。

スカパーのお試し期間中にその他にも行き当たりばったり、メチャクチャな旅番組をいくつか見たけど、特に見たいとは思わなかった。「ガムシャラ旅行団」は契約していないEX ENTERTAINMENTと言うチャンネルで知り、契約しようかどうか悩んでいたら、契約してあるSo-netチャンネルで新しく始まることになり、これも何かの縁かと思った。

そういえば、「水曜!どうでしょう」も「ガムシャラ旅行団」もはじめた見たのが、最終回だったとは。

| | コメント (8)

2005.11.17

これで安心

頼んでおいた薬が届いた。メラトニンと(偽)ジルテック。同じところに頼んだのに、メラトニンはアメリカから、(偽)ジルテックはタイから。メラトニンは一昨日。ジルテックは今日。

あいかわらず何もなくては眠れないので、メラトニンは欠かせない。あと残り数錠だった。ジルテックも、またあの、原因不明のひどい咳がでた時のために欠かせない。これでひと安心だ。

| | コメント (2)

2005.11.15

Lapin

三年前の七五三にやってきた黄色のラパン、うさこちゃん。もう三年も頑張ってくれているんだね。ご苦労様。先日車検も済ませ、走行距離はなんと約5万キロ(正確には49136km)。前の車ワゴンRは8年間で10万キロちょっと(正確には100608Km)だった。うさこちゃんは遠距離通勤に使ってるからね。これからもよろしく。

| | コメント (3)

2005.11.14

「楽しいキルトのすべて」

あいかわらずスカパーをよく見ている。今日はキルトの話を。

今でこそ手仕事をしなくなったが、編み物や縫い物は大好き。ひとときはサーミーのセーターは全部手編みだったし、自分のものも何枚も編んだ。洋裁は知識がないので難しいのはできないが、手芸は大好き。中でも夢中になったのはパッチワーク・キルト。肩こりがひどいので、本当はあまり向いていないのかもしれないけど、手仕事をするのが楽しくて楽しくて。早くキルト台を広げたいからと、晩御飯の片づけを急いだ時期もあった。

そんな私です。スカパーで「楽しいキルトのすべて」なんて番組を見つけたら、放っておけないでしょ。実はこれを放送している「She TV」というのは契約しているチャンネルではなかった。スカパー開放日の第一日曜日に見てみたら全部見たくなり、単独で契約した。(1ヶ月なんと294円。安くてよかった)キルターのエレノア・バーンズがミシンを使ったパッチワーク・キルトを紹介している。全7回でこんな構成。

#1 タウンスクウェア祭り
#2 セントラルパーク
#3 おばあさんのお気に入り
#4 友情の星
#5 メインストリート
#6 天使の祝福
#7 ミニチュアタウンの世界

1枚のタペストリー・キルトを部分ごとに紹介していくもので、全部見たらこのタペストリーができるはず。

私が以前やっていたのは手縫いのパッチワーク。ミシンのパッチワークはやったことがないので、あんなふうにして簡単にできるの?はさみじゃなくて、ロータリーカッターで切るの?ステンシルは使わないんだ!と驚きがいっぱい。録画したのを何回も何回も見ている。ただ見ているだけでは我慢できなくて、またやりたくなり始めているけど。猫がいるからなぁ。それにあのミシン、もう30年も前のもので、使い物にならないし。でも手縫いのパッチワークならできるかな・・・。

以前に紹介したかもしれないけど、私の唯一の大作。ベッドカバーです。当時いた猫「蒲公英(たんぽぽ)」と「桃太郎」も一緒に。

m051114

| | コメント (6)

2005.11.12

チャウダー

寒くなってきた今日この頃、夕飯には体が温まるものが食べたくなる。シチューの類は、大好きで、クリームシチューもビーフシチューも、ポトフも、はたまた薩摩汁もトン汁も好き。本格的に作るのではなくて、市販のルーを利用するお手軽風。そんな私は、今年から新しく発売された「北海道ハウスチャウダー」が、最近のお気に入り。

「チャウダー」には2種類あって、牛乳を使った白いニューイングランド・チャウダー。それから、トマトを使った赤いマンハッタン(ニューヨーク)・チャウダー。「北海道チャウダー」は白いニューイングランド・チャウダー。いわゆるクラムチャウダーといわれているもの。アメリカではクラムといえば、ハマグリだけではなくアサリも指すから、家での献立、ハマグリやホタテではなくて、アサリで十分。懐にも暖かいメニューです。

名前からもわかるとおり、チャウダーはアメリカの料理。ニューイングランドへ渡った移民が作り出したものらしい。「チャウダー(<chow 食べる)」という言葉もアメリカ英語とか。そういえばアメリカ英語を勉強していた最初の年、まだあのビルの2Fにカフェテリアがあって、朝ごはんを食べそびれた日など、休み時間にスープを買って飲んでいた。あのスープトマト色していたんだけど、マンハッタン・チャウダーだったのかな。それとも単にミネストローネだったんだろうか。あまりに昔で、忘れてしまった。

何年か前まではここいらにもモス・バーガーがあったのだけど、今はなくなってしまった。たしか、モス・バーガーにもチャウダーがあって、寒い冬の日にクラッカーと一緒に食べたことを思い出した。

m051112

| | コメント (8)

2005.11.11

11月11日11時11分11秒

昼前にサーミーが何かを持って部屋に入ってきた。なにやらあわてている様子。手に持ってるのは電波時計だ。

ほら、見て。もうすぐ11月11日、11時11分11秒だよ。

私も机の上にあった電波時計を手に取る。11月11日11時11分5秒、6、7、8、9、10。そして11秒。

ディスプレイに1が10、並んでいた。

| | コメント (5)

2005.11.06

和寶貝玩世界

m05110601和寶貝玩世界』と題された書物が台湾から届いた。

以前教え子だったYさんが、主婦としての目から日本の生活を書いたものだ。彼女はとても聡明で、好奇心旺盛で行動力もあり、さらに文才もある。休みの日には、日本中を飛び回っていたが、なるほどと思った。

残念なことに、中国語がわからないので、漢字から類推しては見るが、思い違いもあるだろうなぁ。しかし写真もたくさんあって、これはとても楽しく、とても懐かしい。上のお嬢さんのPちゃんは日本語を勉強するお母さんのそばで、時にはぐっすり眠っていたり、時には思い切り勉強の邪魔をしてくれたり、でもあの笑顔で微笑まれると、すべてを許しちゃうくらい可愛らしい少女だ。今は妹ができて、すっかりお姉さんになってることだろう。

まだ赤ちゃんだった彼女を写した、私の好きな一枚。この写真には裏話があるんだけど、Yさんしてもいいよね。実は、Pちゃんこの時、頬に虫刺されか何かがあって、そのまま写真を撮るのは可哀そうだった。そこでYさん、桜の花びらをその上にのせて、撮ったとのこと。才女の所以だ。

Yさん、すばらしい本を書きましたね。送ってくれてありがとう。私にもとてもいい思い出です。

m05110602

| | コメント (2)

2005.11.05

DVDレコーダーはスゴ録に決定!

使わないのに、スカパーの録画のためにPCをつけっぱなしにしていることに罪悪感を感じて、というのは言い訳で、DVDに焼くのが面倒だとか、寝室でスカパーを見たいとか、他に理由はあるんだけど・・・とにかく、HD付きDVDレコーダーが欲しくなった。

以前から狙っていたのはSONYの「スゴ録」。スカパー専用に欲しいので、チューナーはなくてもいいくらいだけど、地上アナログ、いわゆる普通のテレビ番組は録れてもいいよね。BSも、あればいいけど、あるとないとでは価格に大きな違いがある。となると、スゴ録の最下位機種で決まり。一度は電気屋さんに買うつもりで行ったのに、もっと安くて、250GBもあるT社製品を見たら、もうちょっと考えようなんて、日和ってしまった。

その後もやはりSONY社製品にしようと思ってはいたものの、なぜか買いに行く機会がなく、早く買いに行かないとなくなっちゃうねぇなんて言っていたある日。新聞に入ってきたK電器屋さんのチラシ。私の欲しいスゴ録が、4万円を切っている。ネットで買えばそのくらいの値段は当たり前かもしれないけど、地元の店を大切にと思っている私は、出来るだけ地元で買おうと思っている。その店が、4万円を切ったとあっては、いくら忙しくたって買いに行かないわけにはいかないね。夜になって時間をみつけ、あわてて買いに行った。

さあ、手に入れたはいいけど、表示チャンネルをいつも使ってる数字にするのが大変!とか、スカパーのケーブルを持ってこなくちゃ、そうそう、電話線もだね。あれ?このスペースにスゴ録が入らないよ・・・ああ、大変でした。

まぁ、なんとかおさまって使えるようになりました。スカパー録画が購入目的。その方法は3種類ある。1、シンクロ録画。2、AVマウスを使って録画。3、外部入力で手作業録画。

一番簡単そうなシンクロ録画を試してみた。スゴ録の入力1にスカパーをつなげて、シンクロ録画ボタンを押せば、スカパーのチューナーにスイッチが入ったことを感知して録画が始まるというもの。試しに録画してみたら、OK。上手くいった。簡単だった。・・・ところが、スカパーの視聴予約や予約の確認をしようとスカパーのチューナーのスイッチを入れると、途端に、スゴ録で録画開始。スカパーのチューナーのスイッチは常に切っておかなくてはならない。・・・2のAVマウス録画を試してみよう。

使わずにしまっておいたAVマウスを出してきて、AVマウス録画の設定。これも簡単にできた。テストをしてみよう。スカパーのチューナーのスイッチを切ってと。あれ、この方法だと切っておかなくてもいいのか。でも見ないしね。始まるまでまだ時間があるから、さっきHDDに録画しておいた番組を見ていよう。・・・すると録画の予定時間が始まり、なにやらメッセージが出た。録画するにはスイッチを切れとかなんとか。おっと!今度はスゴ録のスイッチを切っておかなくてはならなかったのか!あわてて切ったけど、録画は失敗。困ったねぇ。どの方法がいいのかな。

それでは3の手動の方法。これもやってみよう。これは今までPCでやってた方法、ちょっと面倒だけど。PCでは番組名を入れられたのに、スゴ録では録画予約段階では番組名を入力できない。録画が済んだ時に初めて入力できるようだ。でも、この方法なら、スカパーのチューナーもスゴ録も、スイッチが入っていようが切れていようが「没関係」「マイペンライ」。ちょっと手間がかかるけど、これにしよう。そう思って、録画予約を入れていったら、なんと8時間分しか予約が出来ないんだと!たったそれだけじゃぁ、困る。

散々悩んで、何回もやり直して。それぞれに長所、短所あって、帯に短し、襷に長し。結局、スカパーの予約確認する時はシンクロ録画を切ることにして、もし間違えて確認画面が録画されても消しゃいいやと、シンクロ録画に落ち着いた。

今週は忙しかったのに、こんなことしてたから、余計に忙しかったんだなぁ。

| | コメント (11)

2005.11.04

しばらくタイに行っていないので、サーミーも私も禁断症状が出ているのかもしれない。
サーミーは夢にまで見たという。タイにいて、なぜか子どもたちにチップを上げているとのこと。20バーツじゃ多いし、10バーツじゃ少ない。そこでポケットから14バーツコインとか、16バーツコインとか探して、子どもに渡すと、子どもたちがいろんなものを持って来るんだと。蛙を焼いたのとか、蛇を焼いたのとか、猫とか・・。

えっ!猫も焼いたの?

いやいや、猫は生きてるやつだけど・・・。

だよね。ほっとした。

| | コメント (14)

2005.11.02

新方言

こういう仕事柄(日本語教師)、言葉には興味を持っている。が、「新方言」は嫌いだ。どうして?といわれても、嫌いなものに、実は、理由はない。「嫌いだから嫌い」なのだ。理由は後からいくらでもつける事ができる。

幸い、回りに若い人たちがいないので、新方言にはそれほど接しないですんできた。時折、雑誌でこういう言い回しがありますよと知らせられるくらいだった。が、インターネットが発達して、blogをやるようになると、そうも言っていられなくなった。私のblogで用いることはないが、楽しみに読んでいる若い人たちのblogの中には、時折意味がわからない言葉が潜んでいる。いや、ちりばめられていることだってある。

野良犬が嫌いな人は、町を歩く時、気をつけて歩かなくてはならない。いつ何時、いきなり野良犬が飛び出してくるかもしれないから。曲がり角では立ち止まり、辺りを見回すだろう。私もちょうどそんな思いを感じた。

仕事では、細かいことで日本語を直し、練習させ、定着させているのに、インターネットの世界では、ああ、なんということだろう。その差を楽しむ余裕はなく、実は困っている。疲れている。

そこで、みなさんにお願いです。このblog内では新方言を使わないで下さい。新方言があった場合、精神衛生上よくないので、訂正しちゃうかもしれません。

| | コメント (20)

2005.11.01

犬だって好きなんだよ

私は猫派。犬には追いかけられたり、噛みつかれたりした嫌な思い出もあるけど、実はちょっと好きだったりする。中でも柴犬は大好きで、見かけると絶対に立ち止まっちゃう。猫と違って触ったりはしないけど。それからビーグルには縁があって、ビーグルは私を噛まないと信じている。

犬が主人公になったドラマはたくさんあるけど、私が好きなのはこれ。『ウィッシュボーン』1995年にアメリカへ行った時、テレビで見たのが始まり。アメリカ中西部の小さな町で友人の家にホームステイをした時、家でテレビを見ていたら、たまたまやっていた。別の友人の息子(確か当時中学生)に尋ねたら、「ああ、あの子どもが見るドラマね」って答えだったけど、私はすごく気に入った。ジャックラッセルテリアという犬が扮するウィッシュボーンが空想の世界で古典文学を紹介していた。ものすごくおもしろくて、帰国してからもこの話ばかりしていた。

そのうち日本でもやるようになった。たしか1998年のことだったと思う。『夢みる小犬ウィッシュボーン』NHKだった。吹き替えで、ウィッシュボーンの声が「春風亭昇太」、全然よくなかった。でも毎回見ていた。

スカパーで古い番組をやっているので、もしや『ウィッシュボーン』、そう 思って調べてみたら、Super Channel でやっていたらしい。2001年4月から2001年9月。残念。願わくば、再放送を!

m05110102

| | コメント (16)

KAOKLAI FAN RING2005.11&12

fanring1201

fanring1202

2005.12.18 at Kofu, Yamanashi

m051101

| | コメント (150)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »