« スカパー! | トップページ | 私は6ヶ所、サーミーは2ヶ所 »

2005.09.18

日本語を考える 2題

今日の「日本語を考える」。yahoo!のニュース・ヘッドラインに今日はこんな2題が。

「蛙」?知らない大学生35%
東京の女子高生に方言ブーム

「春はあけぼの」、赤とんぼの歌詞「負われて見たのは・・」、「夏は来ぬ」の意味がわからない。はたまた「蛙」が読めない。とのことだけど、もう、毎度のことで驚かなくなってるのが、いや!

もうひとつの方は、かわいらしい気もするが、ちょっと気をつけてほしい。方言を楽しむのはとてもおもしろい。とても素敵なことだと思う。でも自分の言葉と違う方言を使っているとき、その違いを意識して、その違いも楽しんで欲しい。

外国人に日本語を教えるという仕事をしていると、規範となる文法に則って日本人が日本語を話してくれると、彼ら(学習者)も楽なんだけどと思ってしまう。時として、方言には彼らの文法と違うのがあって、彼らをどれだけ困らせることか。特に書き言葉では、そう思う。

私は東京の下町生まれ、下町育ち。だから、当然「かたす」とか「あっちがし」とか使う。新潟出身の祖母が使っていたのが「潤(うる)かす」。こういうのは家族の間では普通に使っても、サーミーや、サーミーのお父さん、お母さんには通じないから言い換える。何かの時に「うちではこう言うんだよ」っていうのは、とてもおもしろい。でも、これらはとても日本語学習者には教えられないな。特に初級の生徒には。

|

« スカパー! | トップページ | 私は6ヶ所、サーミーは2ヶ所 »

コメント

うちの両親は共に九州出身なので時折会話の中に「わっぜーか」とか「あたげ」などという言葉が混じっています。子供の頃から聞いているので違和感ないですね~。以前私が話題にした「ばり」も、もしかしたらどこかの方言なんでしょうか。

投稿: ひら | 2005.09.18 22:35

私は去年、大学で日本語教員養成課程を受けたんですが、日本語教育って、なにを教えるのか難しいですね。言葉って色んなのがあって多様だと思います。本当は間違っている事もあるけど、実際の生活で使われている言葉を教えるのも、ただ教科書どおりの本当に正しい言葉を教えるのも、どっちにしてもいいことも不便なこともありますねー。日本でなにをしたいかにもよりますかね。しかも最初から方言だと、ダニエルカールさんになっちゃいますね。日本語教育って、難しいけど、とっても面白そうだと思います!興味あります!
タイって地域によって方言がたくさんあって、通じないとかあるんでしょうかね?

投稿: みよ | 2005.09.19 17:22

>ひらさん
おばあちゃんも使えば方言で、おばあちゃんが使わなければ若者言葉なんでしょうね。でも最近はおばあちゃんが一緒にいないから、その辺がよくわからなくなってるのかもしれませんね。家族だけで通じる言葉って、ちょっと秘密めいていて、かっこいい気がしませんか?

>みよさん
日本語教員養成課程。わぁ~、本格的ですね。私はおばさんになってからはじめたので、きちんとした勉強をしていないので、機会があったらやり直してみたいと思っています。大学時代にとっていた「言語学」とか「国語学」とかけっこう役には立ちましたが、日本語教育能力試験は年を取ってからはつらかったです。
でも、実際の場ではつらさはなくて、楽しさだけですね。私が住んでいるような田舎では、専門的な勉強をしたいのでそのために日本語を勉強するという人は少なく、生活支援の意味合いがほとんどです。日本語の知識だけでなく、生活の知識を必要とされることもあって、おばさんなりに若い子には負けないぞ~って頑張っています。
みよさんも、日本語教育に対する興味を持ち続けて下さい。(いろんな意味で)大変だけど、日本語教師になってくれたら、うれしく思います。
タイには、北、東北、中央、南の4つの方言があると聞いています。サワディカーが、北部チェンマイの方ではサワディチャーオと言うらしいですが、私にわかるのはそのくらいです。どなたか詳しい方、お教えください。

投稿: meew | 2005.09.20 17:51

面白そう!!能力試験受けたんですねー。それって日本語教員になるには役に立ちますか?受けてみようかなぁ。田舎の方でも日本語を習いたいという需要はあるんですね。へぇ、語尾がチャーオになっちゃうんですねー!!!
私は今大学4年生で、就職がまだ決まってないのですが、どういう仕事に就こうか迷ってます。でも、いつかそういう仕事したいなぁ。今すぐはきっと無理なので、とりあえずはお金を貯めて情報を集めるくらいしかできませんが・・・。いつかきっと・・・★

ところで、皆さんはもうとっくのとうに知ってるのかな?これって多分ガオグライがパソコンしている姿ですよねー?!パソコンで何見てるんだぁー?!ガオグライとメールしたーい♪http://www.chokemuay.com/images/jockygym.09.03.05.18.JPG

投稿: みよ | 2005.09.22 14:58

>みよさん
「日本語教員」というのは「日本語教師」のことですよね。「日本語教師」になるのなら必須です。もっとも田舎の「日本語ボランティア」だったら、有資格者じゃなくてもやっていますが、持っているに越したことはありません。東京では日本語ボランティアでも有資格者がうじゃうじゃいるという話を聞いたことがあります。
しかし、田舎にしろ、都会にしろ、日本語教師の待遇はよくなく、楽な生活は今のところ望めないでしょう。結婚するので転職したり、日本語教師を続けるために喫茶店でアルバイトをしたりしている知り合いがいます。私はこれで食べていかなければならない状況ではないので、やっていけていますが。でも、この仕事の喜びは簡単には伝えられないものがあります。

パソコンで勉強するガオグライですね。しょちょうさんのblogで見ました。レイ・セフォーの情報を集めているんでしょうか。

投稿: meew | 2005.09.22 23:02

とっっっても参考になりました。ありがとうございます!

あっそうなんだー(♯▽♯)もうご存知でしたか。失礼しました。

いよいよですね。どきどき。

投稿: みよ | 2005.09.23 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35917/6003874

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語を考える 2題:

» トンデモ科学と俗流若者論 [タカマサのきまぐれ時評]
■現役大学生が、ちまたに横行する「俗流若者論」をバッサバッサきりまくる、『後藤和智『新・後藤和智事務所 ~若者報道から見た日本~ 俗流若者論から日本社会の一面をのぞく』は、毎回高水準の批判が展開されているウェブログだ。当サイトサイトでも、リンク集の常連...... [続きを読む]

受信: 2005.09.25 18:21

« スカパー! | トップページ | 私は6ヶ所、サーミーは2ヶ所 »