« 立派になった | トップページ | マイホームばんざい »

2005.08.07

とりあえず終結宣言(仮)

5月のはじめに兆候があって、「やばっ。今年こそは長引く咳とは縁を切るぞ!」と思ったのもむなしく、またしても長引く咳に蝕まれてしまった。

ここ5年位か、いやもっと前からか、冬の終わりから春先にかけて、風邪でもないのに、咳が長く続いて困っていた。私もだけど、サーミー(夫)が一番困っていただろう。なにしろ、うるさいから。薬をのみ続けて、3週間から1ヶ月くらいで治るのだが、授業中に咳が出るとと、非常に困る。

ところが今年は最悪の年だった。買い薬で治るはずが、1ヶ月たっても治らず、今年はとうとう、医者に行ってみることにした。町の内科医院で、咳止め「フスコデ」をもらうが、変化なし。花粉症の相談にも乗ってもらい、アレルゲンの検査をしてもらった。再度来院。前回の咳止め(フスコデ)に加えて菌を殺すという「クラリシッド」をもらう。咳とアレルギーとの関係はないといわれた。しかし、咳は変わらず。もう一度来院。「クラリシッド」は消えて、また咳止め「フスコデ」のみ。もちろん、咳はあいかわらず出っ放し。

咳は耳鼻咽喉科で診てもらうといいというアドバイスを受けて、耳鼻咽喉科へ。あまり行きたくない、すぐ近くの大病院にしか耳鼻科がないことが判明。仕方ないので、そこへ行く。しかし、私のこのアプローチは間違っていたかもしれない。耳鼻科では鼻の穴からファイバースコープを入れて、喉の様子を診断。耳鼻科の範囲では異常はないので、これから出す薬が効かなかったら、呼吸器内科へ行くことを勧められる。この時の薬は咳止め「メジコン」、痰を切る「ムコダイン」、炎症を抑える「ダーゼン」。

予想通り、薬を飲んでもまったく変化なし。おススメにしたがって、同病院の呼吸器内科へ。第一希望のK先生が多忙のため、O先生。何回も説明しているので、なんだかお芝居のセリフのような気がしないでもない。前回の耳鼻科ではレントゲンを撮らなかったが、病院が変わったので仕方ない。内科で撮ったのに引き続き2回目の胸のレントゲン。写真を見ても異常はなく、私としては何でこうなるのか不思議。O先生は「気管支炎ですよ」という。病名はついたけど、一歩も進んでいない気がする。咳によく効く漢方を処方される。漢方は好きだけど、息が止まるような咳をなんとかして欲しい。「小柴胡湯」と「麦門冬湯」。実は「小柴胡湯」は咳が出はじめの1ヶ月のころ、薬屋で見つけて飲んでみたんだけど、まったく効かなかったという経験がある。漢方って「小柴胡湯」だったんだ。このことは会計も済んだ後にわかったんだけど、なんだかんだ言うのももう疲れたからこのまま飲むことにした。

ところが、その翌日くらいから、症状が悪化。傍で聞いていて首を絞めたくなるようなうるさい咳。しかも夜中に。息ができなくて苦しい。漢方は効き目がゆっくりだからなぁと思っていたら、血痰と鼻血。今まで「血痰は出ませんね」「はい、出ません」と答えていたのに、出ちゃったよぉ!さらに鼻血のようなものが。鼻血なんてもう何十年も出したことがないから、これを鼻血の仲間に入れてよいのかわからないけど、ものすごく薄い。鼻血ってもっと濃いような気がしてたんだけど。夜中に鼻血、血痰。ティッシュは空っぽに、ゴミ箱はいっぱいに。翌日、また病院へ。

その日はO先生はお休み。第一希望のK先生に診てもらう。前回は朝9時半に行って診てもらったのが5時半だったから、覚悟して行ったのにその日は早かった。医師に見てもらう前に看護婦に症状を話す。もう一度胸のレントゲンを撮ってくれという。3日前に撮ったばかりなのに、そう言っても「身体には害はないですから」。財布に害を及ぼすんだけど。血痰の話をしたら、「じゃ、培養検査をしましょう」さらに財布の具合が悪化。

K先生にこの症状を抑える薬を出してもらう。アレルギー症状を抑えるという「ジルテック」、血痰関係か止血剤の「アドナ」それから咳止めの「ブロチンコデイン液」。はじめ咳止めは粉だった。私は薬をのむのが上手なんだけど、粉だけは駄目。薬局にお願いして粉じゃないのに替えてもらう。「変な匂いとか大丈夫ですか」粉じゃなければ大丈夫です。変な匂いと言われたブロチンコデイン液、甘くてけっこうおいしかった。漢方の薬も「多めの水で飲んでください」と言うので、お茶みたいに飲んでいいんですよねと聞くと、「え~。まずいよ」。でも、桃のマークのファミリー・レストランの烏龍茶よりおいしかった。

血痰と鼻血は咳のせいでしょうという見立て通り、すぐに治った。培養検査なんてやらなくてもよかった。アレルギー性の症状を抑えるという「ジルテック」がかなり聞いたようだ。これって花粉症の薬だと思うんだけど、私の咳はアレルギーとは関係、ないの?あるの?

漢方がなくなったので、予約診療でO先生に診てもらう。予約診療で30分以内に診療を受けると予約料だって(500円)。駐車料金を節約するために暑い中、歩いて行ってるのに、500円余計に取られた。前回の痰の培養検査の結果は異常なし。漢方を続けましょうとの事。運よく今年治っても、また来年同じようなことが起きるのはいや。どうしたらいいんでしょうか。どうしてこうなるんでしょうか。するとO先生、「ストレスです」。咳が出始めたその1ヶ月くらい前にあったなにかが原因だろうと。ストレスは人並みにはあるから、言われてみればあれかなぁとは思うけど、よくわからない。

アレルギー症状を抑える「ジルテック」の最後の1錠をのんだ。その日も、その次の日も、サーミーは私の咳を意識しなかった。咳は出たけど、今までのようなのではなく、息ができなくなるようなのではないし、痰も全然出ない。もう、終了宣言出していいね。よし、終わりだ!というのが実は昨日。長かった咳ともお別れ、すごく楽、気持ちいい。具合がいいからよく眠れる。眠るのにも具合が悪いと眠れないんだねぇ、なんて喜んでいた。

ところが、今日になって、また咳が出始めた。昨日、出かけたからか。出かけると咳がひどくなる気がする。かといって、まったく家から出ないわけにもいかないし。
2日間の「ノー・咳・ディ」があったので、「とりあえず終結宣言(仮)」を出すことにして、5月2日から8月4日にわたる咳の闘病記録を書いてみた。心配してくださってみなさん。こういう経緯だったんです。ご心配をおかけしました。これからひどくなることはないと思います。問題は来年。どうなるんでしょうか。また咳が出るんでしょうか?来年の春をお楽しみ(?)に!

|

« 立派になった | トップページ | マイホームばんざい »

コメント

すさまじく大変な闘病生活でしたね…お疲れさまでした…
今年は花粉症だけでも異常なぐらい症状が酷い年でもあったので、そういうのも若干影響があったんではないでしょうか?
咳…普通の咳や風邪の咳には、私にはカリン蜂蜜が一番きくんですが、meewさんの咳はそういうのとはまた違うんですかね?もし風邪等の咳と変わらないようなら、ぜひお試し下さい。
何はともあれ、今年、このまま完全に症状が終結することをお祈りいたします。

投稿: あきえ | 2005.08.07 21:01

これが血痰と鼻血の原因だったんですね。
年々ひどくなって他の病気を併発しないよう
十分にお気をつけ下さい。といっても、どうやって気をつければいいのか、それが問題ですね。

投稿: ひら | 2005.08.07 22:27

私も長期間の咳に悩まされたのですが、
日本に帰ってからはピタッと止まりました。
今更ながら、大気汚染が原因だったのかなと思ってます。

ので、綺麗な空気の場所で過ごしてみてはいかがでしょうか。

ではではお大事に

投稿: hira | 2005.08.07 23:18

>meewさん
長い闘病生活お疲れ様でした。
原因はきっとストレスや何かのアレルギーや
色々な物が重なっていたのかもしれませんね。
私も、歳を取るにつれ体のあちこちにガタが
来ています。とりあえず、運動不足は
どうにかしなければと思っています。
くれぐれもご自愛ください。

投稿: あぽ | 2005.08.08 00:08

その経過はおそらくアレルギー反応ですね。ジルテックのような抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤が第一選択で、それでも効かなければステロイドホルモンということになりますが、人によっては漢方が著効する場合があります。いずれにせよ、アレルギーだということがはっきりすれば治療方針ももう少し定まったものになるでしょう。来年はあちこち行かなくても済むのではないでしょうか。

投稿: しょちょう | 2005.08.08 10:07

>あきえさん
いろいろとご心配いただきありがとうございました。「完全終結宣言」を出したかったんですが、とりあえず日常生活や授業にはさしつかえない状態になりました。Dr.はストレスがなければ大丈夫っていうんですが、私の生活って普通の人以上のストレスはないと思うんです。むしろ他の人より、全然すくないのでは。来シーズンはカリン蜂蜜飲んで予防します。

>ひらさん
そうです、ブアカーオの記事に書いちゃったんで、ご迷惑をおかけしました。ブアカーオは血痰なんて出さないですよね。そのブアカーオですが、映画に出るとの情報があります。↓のしょちょうさんのコメント参照。

http://blog.so-net.ne.jp/syocho/2005-08-07-1

INGRAMジムのHPにもかいてありますね。

http://www.ingrampromotion.com/

「トムヤムクン」ばりのアクション映画。楽しみですね。

>hiraさん
はじめまして、meewです。「タイ語ネット」のhiraさんですよね。いつも読ませていただいています。チュラでのタイ語の勉強という貴重なプロセスを紹介してくださり、とても参考になりました。私には絶対無理だということがわかりました。楽な学校で勉強しながら、老後はタイに住もうと思っています。もう片足突っ込んでるんですが。
hiraさんもSek LOSOがお好きですよね。何回もコンサートに行ってるんですよね。タイでの新しいアルバム「Sek LOSO the Collection」、お聴きになりましたか?

あ、それから「京都日記」友人のタイ人が楽しみにしています。

これからもよろしくお願いします。

>あぽさん
ご心配をおかけしました。一番大きな原因は「廊下じゃなくて、老化」でしょうね。基本的に運動が好きではないので。・・・思い切って、ムエタイでもはじめようかなんて、大それたこと考えたりして・・・。ムエタイは無理ですけど、体力をつけなければなりませんね。ありがとうございます。

>しょちょうさん
ブアカーオの映画出演の情報、ありがとうございます。↑のひらさんのコメントの返事で紹介させていただきました。

私の咳は、初めからアレルギーではないかと思っていたのですが、内科、耳鼻科、呼吸器内科(の二人のうちの一人)の医師がアレルギーとは関係ないと断言しているのです。毎年咳が発生する時期が異なるのがその理由だそうです。呼吸器内科のK先生に診てもらった時は三人の医師にそう言われた後だったので、アレルギーの話は全然しませんでした。にもかかわらずはじめてアレルギーを抑える薬を出してもらえて、なおかつその薬「ジルテック」が効いたと思います。担当医はK先生ではなくて、アレルギーとは無関係だと断言したO先生なので、漢方治療を続けていますが、「ジルテック」が切れた今、また咳が出始めたというのは、やはりアレルギーなんでしょうね。「ストレス」とはあまり縁のない生活してますから。

投稿: meew | 2005.08.08 10:42

メジコン、ムコダイン、ダーゼン!
実は私も、先月からひいたセキの風邪から、まだときどきセキが出ます。この薬の名前おなじみになってしまいました・・・(笑)。
就寝中もセキで目がさめるので、精神的なストレスではないと思います・・・あと、わかっているのにネットサーフィンの夜更かしもよくない(肩こり、眼性疲労、睡眠不足・・・でも、今は夜のほうが涼しいし)。でも私の友人も、3ヶ月くらいセキが続いていると聞いているので安心?しています・・・って安心しちゃいかんか。まあ、次第にへってきてはいますが・・・ホアヒンあたりでのーんびり、上げ膳据え膳でいられたら、よくなりそう・・・ちなみにオットは小児ぜんそくだったそうで、昔から季節の変わり目や疲れたらせきこんでいます。薬きらいなので医者とかには行っていませんが・・・でもバンコクでは気温が一定で寒くなかったのでセキが出ていないんです。娘も幼児のとき一時夫の遺伝?で小児ぜんそくになりかけたのですが、バンコク赴任がきまり、行くと伝えたら小児科の医者に、「きっとよくなりますよ!暑いし、プールによく入るだろうし」と太鼓判を押され、まさにそのとおりになりました・・・。やっぱりおたがい老後はタイですねえ。

投稿: チョムプー | 2005.08.08 11:24

>チョムプーさん
チョムプーさんもお大事になさって下さい。まったく「寄るなんとか」には勝てませんね。

完治するにはタイに行くしかないですかねぇ。

投稿: meew | 2005.08.08 22:11

数日前にブログを始めたばかりで勉強中です。これからも参考にさせて頂きます!頑張って下さいね。

投稿: sayaka | 2005.08.10 23:22

Sek LOSO the Collectionは数曲しか手に入らずで、次回のタイ行きで購入しようとしていたのですが、この前は繋がらなかったThailandCD.comへのリンクが繋がり、全曲聞ける事が分かりました!悪い事してるんじゃないだろうかとの思いを振り切り、ダウンロードしています。早速聞きまくって、次のコンサート参戦に準備しようと思います。เพลงไทยページのおかげです。多謝です!

あと、咳の件ですが、meewさんがタイに居るんだとばかり思っていて、なんだか的外れなコメントをしてしまいました。ゴメンナサイ。お大事にしてください。

ではでは、これからも宜しくお願いします。

投稿: hira | 2005.08.12 22:06

>sayaka さん
私もブログのことはよくわからないんです。一緒に勉強しましょう。

>hira さん
Sek LOSO the Collection、全曲ダウンロードできましたか。でも、あまり音質がよくないでしょう。今度タイへ行ったら、VCDを買ってくださいな。

タイに住んでいるのなら、うれしいんですが。残念ながらもう3年ほど行ってません。hiraさんのblogを読んで、行ってる気になっていました。

Sek LOSOのコンサートにいらしたら、「タイ語ネット」でレポートお願いします。

投稿: meew | 2005.08.12 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35917/5352586

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず終結宣言(仮):

« 立派になった | トップページ | マイホームばんざい »