« 旅するタイ語 12 text | トップページ | ディスカバリーが米国横断 »

2005.08.21

気になる日本語

やっぱり気になる日本語

「これは難しい問題です」とか「どちらを取ろうか、とても悩む」。私ならそう表現するところを、「悩ましい問題」とか「どちらを取ろうか、とても悩ましいなぁ」等と言っているのを耳にする。「悩ましい」手元にある国語辞典で調べてみると、1.苦しい。つらい。2.[文語的]病気などのために気分が悪い。だるい。3.官能が刺激されておだやかでないとある。広く解釈すれば1の「苦しい、つらい」の意味で使っていると解釈できなくもないけど、無理にそういわずに、「難しい」「悩みます」で済むものを・・・。

この言い方はだいぶ前から耳にしていた。一般の人だけではなく、最近ではアナウンサーも口にするから、みんな7回以上耳にしてしまったんだろうなぁ。間違った言い方でも、それを知らずに何回も耳にすると、それが正しいと思ってしまうから、怖い。

初めて「なにげに・・・」という言葉を聞いたのはかなり前(少なくとも15年くらい前だと思う)のことだった。当然ふざけて言ってるんだろうと思ったらそうでもなくて、今ではまるで正しい日本語のような顔をしている。正しい言い方を7回聞いたら、間違いに気がついてくれるといいんだけど。今では「なにげなく」を使う人の方が少なくなって、なかなか7回に達しないのかもしれない。(別に、8回でも10回でもいいんだけど。人によっては1回で気がつくかもしれないしね)

|

« 旅するタイ語 12 text | トップページ | ディスカバリーが米国横断 »

コメント

これは面白いエントリですね。
確かに「悩ましい」とか「なにげに」は良く耳にします。
正しい日本語って難しいですね。
ところで7回同じ言葉を耳にすると感化されてしまうものなんですか?
知りませんでした。
なかなか覚えられないタイ語も7回で覚えられるかなぁ,,,

投稿: うるとらの音 | 2005.08.22 23:06

>うるとらの音さん
こんばんは。人間は1回聞いただけじゃ覚えられなくて、最低でも7回は必要だって、何かで耳にしました。選挙で立候補者が連呼するのや、テレビCMなんかがそのいい例ですよね。

私は授業で、逆に使うことがあるんです。「7回までは間違えてもいいけど、それ以上はダメだよ。今日のは3回目だからね」なんて具合に。

うるとらの音さんだったら、7回も要らないでしょう。

投稿: meew | 2005.08.22 23:26

「なにげに」は非常によく耳にしますが、「悩ましい」は私はあまり耳慣れないですねぇ、、。
確かに違和感があります。アナウンサーもこういう発言をするのですね。。
「悩ましげ」でしたらよく使いますけど。
実は恥ずかしながら私も「なにげに」は友人同士の間で使ってしまいます。
「なにげなく」という意よりも、「さりげなく」「意外に」というニュアンスでつい出てしまうんですよね、、
「なにげに可愛い⇒期待してたわけじゃないけど結構それなりに可愛いかも」
というような気持ちで言っているのだと思います。
日本人て、こういうぼかした表現を使ってしまう、頼ってしまう傾向にあるのでしょうか。
meewさん、私もタイ語を勉強していますが、なぜか「kham sap」という単語は何回聞いても忘れて、5,6回は先生に直されてやっと頭に入りました。ぎりぎりセーフですね、、

投稿: あい | 2005.08.23 19:15

>あいさん
คำศัพท์ 「単語」ですよね。きっかけがあると覚えやすいので、打ち出してみました。私も忘れないようにしましょう。
7回説、当たってるかもしれませんね。

投稿: meew | 2005.08.23 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35917/5571319

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる日本語:

« 旅するタイ語 12 text | トップページ | ディスカバリーが米国横断 »