« KAOKLAI FAN RING 2005.08 | トップページ | Office 24 »

2005.08.01

LAST FIGHT to TOKYO DOME

m050801k1昨夜、放映されていた「K-1 World GP in Hawaii」。
最後にチラッとガオグライが映った。ぼーっと見てたのに、その一瞬は際立っていた。

絶対に買わないと思っていた格闘技の雑誌を先日買った。これはサーミーが洋裁の本を買うくらい稀有なことだ。買った理由は、もちろんガオグライ。彼の写真が載っている「格闘技通信」を、古本屋で買った。

下の記事の写真はその本からスキャンしたのだが、同時に買ったもう1冊にチャイ・スーのことが載っていた。(2005.11.08、No.360)その中でガオグライは、イグナショフと闘った時には、いつも以上のチャイスー(闘う心)を持っていたのかとの質問に、こう答えている。

チャイスーはいつもと同じ。相手が大きいからといって特別な闘争心を持つわけではない。もし自分よりも小さな相手と闘う時でも、それ相応の闘争心がなければ負けてしまう。

この言葉は、これからしばしば思い出す言葉になるだろうと思った。

|

« KAOKLAI FAN RING 2005.08 | トップページ | Office 24 »

コメント

うわ、ちょっと見るのをなまけている間に、エライことになっていたのですね!
ガオちゃんとお話できる方が来てくださったとは~~!
そして、「チャイ・スー」という言葉があったとは~~~。これまた勉強になります!
ちなみに、スポーツマンシップは、「ナームチャイ・ナック・キラー」(meewさんに教えてもらってワタシのPCタイ文字表記できるようになったのですが、まだ打つのが超おそーいのでしばらくかんべん)ですよね。タイの国語教科書にそういう題の単元があるんですが、内容は、サッカーなんです~~。ムエタイはやっぱり庶民のものだから?でもでもタイの小学校では体育で「ムエタイ体操」があるはずなのですが・・・
ノーン・マムちゃん、そのままの純粋な精神をそこなわずに成長してね~~~。ふろむピー・チョムプー。

投稿: チョムプー | 2005.08.01 14:12

私も昨日K-1見ましたよ!そのときに出てたのも気付きました^^「あvvガオグライだvv」って感じで!曙のセコンドの中にレイセフォーがいたのにはちょっと驚きました。一緒にスパーリングをしてたというのは聞いてたのですが。改めてセフォーを見ると「強そうだなぁ」と思ってしまいます。でも、ガオグライならモーやイグナショフを倒したんですから、セフォーも倒せますよね!?セフォーの挑発に乗らず立ち技最強ムエタイで勝利を手にして欲しいです!がんばれ、ガオグライ!!!

投稿: 匿名希望 | 2005.08.01 17:36

このガオグライナックムエっぽくてかっこいいですね!
曙のセコンドにセフォーびっくりしました〜。。
セフォーとガオグライのカードは面白そうですが、
自分の好きな選手だと楽しんで見ていられませんね><

投稿: suvi | 2005.08.01 22:24

いやー、カラバオの「偉大なるファイター」毎日聴いてます、かっこいい!早く試合中継上で聞きたいです!そんな中・・・meewさん、見に来て!やっとやっと、ブログにタイ文字表記できました!ほんとにお世話かけちゃってありがとうございます!!

投稿: チョムプー | 2005.08.01 22:51

>チョムプーさん
「ナームチャイ・ナック・キラー」頭に浮かんだのは 「 นํ้าใจ นัก killer 」殺し屋シップ???そんなのないですよね。一人で笑い転げてしまいました。
タイ語表記、おめでとうございます。昨日、ココナッツ・カフェ行ってきました。ちゃんとタイ文字でしたね。これからのさらなる発展、期待しています。

>匿名希望さん、suvi さん
この試合、ガオグライも見るんでしょうね。いつもと同じ「大きなチャイスー」で勝ちぬいて欲しいですね。

投稿: meew | 2005.08.02 12:00

ハワイ大会…実は全く見てません^^;
この大会の選手とガオグライが開幕戦で当たる事もないし…と思ってしまうと、今の私のK-1そのものに対する興味はその程度です(汗)
でも、一瞬だけ出たというこのカットは、まさにガオグライって感じでいいですね☆
チャイスーに関する記事、私も好きですよ。ガオグライが、イグナショフ戦が決まったときの事を聞かれて、本当は「気が重く」なっていたと告白していたのも印象に残りました。それでもチャイスーを持っていたからこそ、あれほど感動的な勝利を呼ぶことが出来たのかと。
中迫戦、そしてセフォー戦、彼の努力とチャイスーで、勝利を手にしてほしいものです!

投稿: あきえ | 2005.08.02 19:14

最後の曙・ホンマン戦は、見ていられませんでした。まともな試合じゃありませんでした。

そのあと、チェ・ホンマンがリングサイドのマイク・タイソンに挑んでいましたが、本当にマイク・タイソンがK-1に参戦するんでしょうか。彼は犯罪歴があるので日本に入国できないけど、韓国でなら試合ができるそうですが・・・。

そんなことより、今はガオグライの心にあるチャイ・スーのことを考えましょう。でも、チャイ・スーはナック・ムエだけのものじゃないですよね。私にも、みんなにもあるチャイ・スー。なくしてはいけないものですね。

投稿: meew | 2005.08.02 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35917/5259919

この記事へのトラックバック一覧です: LAST FIGHT to TOKYO DOME:

« KAOKLAI FAN RING 2005.08 | トップページ | Office 24 »