« KAOKLAI ファン オフ会のお知らせ | トップページ | やばいおいしい »

2005.07.25

「旨い」です。

久しぶりに日本語の話題。

気になる日本語を上げていったらきりがないが、さっきテレビで見たCMから。山口智子が出ているトップバリューのCMの最後がとても気になる。

うなぎを食べて、彼女が一言。「旨いです」日本語は場面や、関係によって使うことばを変える。これが面倒でもあり、また、面白くもあるんだけど、最近はそうでもないらしい。若い女性が平気で「昼、何、食う?」なんて言うのを耳にする事が多々ある。どれだけきれいにしていても、そういう女性には幻滅だ。

山口智子もとてもステキに写ってるんだけど、それまできちんと話しているんだけど、どうして「おいしいです」って言えないんだろう。

|

« KAOKLAI ファン オフ会のお知らせ | トップページ | やばいおいしい »

コメント

Σ( ̄□ ̄;)
す、すみません、私は普段相当口が悪いです^^;

投稿: あきえ | 2005.07.25 23:29

わっ私も・・・。口悪いです・・・。

でも日本語ってキレイな言葉だと思いますよ。
発音とか表現とか、他の言語にはないものがたくさんありますし。
もっとキレイに話せたらな、とは思うんですが長年の慣れというのは恐ろしいものです・・・。

投稿: evo | 2005.07.25 23:52

 面白いトピックですね。僕も結構そういう言葉気になってたんです。
 山口智子さんという人はドラマの役柄等から推測するに、おそらく 「仕事も家庭もバリバリこなす現代のカッコいい(とされている)女性」を象徴する存在なのでしょう。少なくともそういう路線で売り出している芸能人でしょうね。
 ですから言語面においても gender roleを適度に破壊してみせることは彼女のイメージを保つことになります。いわゆる「男言葉」を混ぜることによって「かっこいい女」という彼女のイメージは強化されるということですね。
 ただしあまりやり過ぎると社会の規範から逸脱し「品が無い」というマイナス・イメージを作りますから、最後の一言で「旨い」というのが彼女や彼女の事務所、そして広告代理店としてのちょうど良い「落としどころ」なのでしょう。 

投稿: しょちょう | 2005.07.26 04:58

>あきえさん
誰でも普段は、口が悪いんです。人の目を意識した時にどう話すかが問題なんです。
あきえさんが「口が悪い」なんて、想像できませんけど。

>evoさん
evoさんも「口が悪い」んですか。ほんとに?
階級言葉や、敬体、常体。確かに面倒ですけど、これほど便利なものもないですよね。evoさんのおっしゃるとおりに、「慣れ」が怖いんですよ。間違った言い方でも、そればかり聞いていると正しいと思ってしまう。正しくてきれいな日本語を使うように努力していると、すてきな日本人になりますよ。

>しょちょうさん
「落としどころ」。そうなんです。その「落としどころ」の基準が、私と若い人たちの間ではずいぶん違ってきている気がします。今回のケースも、私の目には「品がない」と映るんですが、若い人たちには「カッコいい」と映るんでしょうね。

投稿: meew | 2005.07.26 10:10

meewさん
ありがとうございます。でも日常はものすごく口悪いです(笑)格闘技とか見てたら特に…贔屓の選手が勝ったときなどは「やったー」じゃなくて「おっしゃぁあー!!」でガッツポーズですから(汗)
TPOはなるべくわきまえたいと思ってはいますが、こうしてコメントしている時も、ボロがあちこちに出てやしないかと、実はヒヤヒヤしています(笑)

投稿: あきえ | 2005.07.26 22:26

>贔屓の選手が勝ったとき・・・それは、みんな同じですよ。むしろ、私の方が「凄い」かも。教室では絶対に使わない言葉を発してますね。あきえさんの文章はいつも安心して読んでいますよ。

投稿: meew | 2005.07.27 00:22

>あきえさん&evoさん
全然口悪くないじゃないですか!!!お上品ですよ^^きっと私が一番悪いんだろうと思います(苦笑)関西弁入りまくりですから更に悪く聞こえるかも…。直さなくては嫌われますね(汗)

>meewさん
「旨い」はあまり言いませんねぇ。「おいしっ!!!」ってよく言いますけど^^言葉は大切ですよね。もっと考えて使わなきゃいけないですね。

投稿: 匿名希望 | 2005.07.27 13:01

>匿名希望さん
「関西弁入りまくりだから悪く聞こえる」ってことはありませんよ。京都の言葉なんて、とても上品じゃないですか。(これに関してはいろいろあると思いますが・・・)ことばのTPOが大切なんです。

>「旨い」はあまり言いませんねぇ。
ほっとしました。自分らしさを表わすために、どんな言葉使いをしたらよいか、よく考えて見るのも興味深いですよ。

投稿: meew | 2005.07.27 14:56

私も口が悪くてうっかり汚い日本語を使ってしまうことが多々あります。。(笑)
日本人として綺麗な日本語を使えるように心がけないと!
日本人よりもむしろ外国人の方が正しく、美しい日本語を話す方が多いと思います。

匿名希望さん
meewさんの言う通り、関西弁や京都の言葉は
お上品で憧れます!
どこの方言でも味があって素敵ですね♪

投稿: suvi | 2005.07.27 22:11

外国人に負けないように、皆さん、がんばってくださいね。

投稿: meew | 2005.07.27 22:16

meewさんのおっしゃる事はその通りだと思います。
日本語に限らず他の言語(例えば英語)においても、話言葉や書き言葉に対しての世代間でのズレは大きく感じています。例えばSekLoso.comで使われている書き言葉に対しても大きなズレを感じる事があります。
私たちが今日普通に使っている日本語の表現も日本語に精通している外国人や縄文時代の日本人からみたらおかしな表現を使っているかもしれませんね。
言葉は生き物なので使われ方や意味合いが時代を経て変化する事は避けられないと思います。
でも、私は山口智子の『旨いです』ですははっきり言って品が無いと思います。場面を変えて一言『旨い!』であれば納得しますけれど。

投稿: ysaito | 2005.07.27 23:46

>ysaitoさん
言葉の問題はどこの国でも同じようですね。SekLoso.comで「lol 」(あるいはLOL)というのを見たんですが、何のことかわからなかったので、オーストラリア人の生徒に聞いてみましたが、彼もわからないと言っていました。ネット検索して「laugh out loudly / lots of laugh」のことだとわかりましたが。世代間でやはり、ずれがあるようですね。「中国語でもそうなんですよ」と、台湾人の生徒もしみじみいっていました。

言葉が変化するのは避けられないことですね。しかし「意味変化が起きたこと」と「意味を間違えて使うこと」はまったく違うと思います。最近テレビで聞いた「間髪を容れず」は、啓蒙番組の効果か、3回とも「かん、はつをいれず」と発音していました。それまでは「かんぱつを、いれず」だったんですが、直せば直るんじゃないかと喜んだ次第です。(ところが!実は今とてもショックなことが!詳しくは今日の記事をご覧下さい)

場面を変えた山口智子の「旨い!」、そうですね。友だち同士、家庭内などであれば、逆に好感を覚えるかもしれないのに、あのCMでは逆効果です。でも土用のうなぎのCMだから、今日までですね。

投稿: meew | 2005.07.28 10:54

>meewさん&suviさん
ありがとうございますm(__)m上品だなんて…!!といっても、京都弁は全然使いませんよ!!使うとしたら舞妓さんぐらいですかね??(「~どす」とか…)
TPOを大切にします^^

投稿: 匿名希望 | 2005.07.28 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35917/5150376

この記事へのトラックバック一覧です: 「旨い」です。:

« KAOKLAI ファン オフ会のお知らせ | トップページ | やばいおいしい »