« 謝謝、大家 | トップページ | 成熟するタイのポップカルチャー 1 »

2005.06.12

なつかしい思い出

今日は前々から思っていた部屋の模様替えをした。物置同然になっている部屋に私のベッドを移して、この部屋を仕事部屋にしようと考えているからだ。ちょっと遠い場所での仕事が終わって、今度は地元での仕事を増やそうと思ったのだ。

その準備で、まず物置になっている部屋の整理。ベッドを置くスペースを確保しなくてはならない。ちょっと変わった形をしている部屋で、抱えづらいたんすを動かした。日頃使っていない筋肉を使って、なぜか足の指が痛い。力を入れて歩いていないからだろう。確かに歩くことじたいが少ない。またウォーキングを始めようか。

昼間は部屋の模様替え。そして夜はここのところ取り組んでいる、ネガフィルムのスキャン。タイ旅行の初めのころはデジタルカメラじゃなくて、普通のフィルムカメラだった。PCでも見たいと思ってやり始めたのだが、PCでも見たい写真は旅行の写真だけじゃなくて、以前飼っていた蒲公英(たんぽぽ)や桃太郎の写真などなどたくさんあって、まだしばらくこの作業は続きそう。

もう四半世紀近くも前になってしまうことにびっくりしたのだが、母と一緒に映っているネガが出てきた。サーミーが引越し疲れで持病が再発し、入院したときにお見舞いに来てくれた時の写真。紙の写真では持っているけど、こうしてPCに入れておけば、いつでも母に会うことができる。なつかしく、うれしい気持ちになった。

|

« 謝謝、大家 | トップページ | 成熟するタイのポップカルチャー 1 »

コメント

ずいぶんいい掘り出しものでしたね。得した気分じゃないですか?

投稿: しょちょう | 2005.06.14 05:29

>しょちょうさん
掘り出し物。そうなんですよ。20年前の旅行の写真が出てきて、サーミーに見せたら、「今と全然違うじゃん」って。私も「昔はかわいかったでしょう」って・・・・これって、掘り出し物?

投稿: meew | 2005.06.14 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35917/4529518

この記事へのトラックバック一覧です: なつかしい思い出:

« 謝謝、大家 | トップページ | 成熟するタイのポップカルチャー 1 »