« なつかしい思い出 | トップページ | ガオグライ イン ジャパン »

2005.06.13

成熟するタイのポップカルチャー 1

ponnimit 「月刊日本語」を定期購読するとおまけについてくる「マガジンアルク」、たいていはちらと見て、そのままなんだけど、今日届いたその表紙には「成熟するタイのポップカルチャー 人気のサブカルチャーマンガが日本に留学する理由 マンガ家ウィスット・ポンニミット」とあった。チョムプーさんのココナッツ・カフェのココナツブックスでも紹介されているタイの漫画家。すごいぞ。なんと6ページも。惜しむらくは誰もが書店で買える雑誌ではないこと。近いうちにこの中身もblogで発表しちゃいましょうか。everybodyeverything

日本では評価される「へたうま」が、台湾では絶対にダメという話を聞いたことがある。絵が上手で当たり前、そこからスタート。たぶんタイでも同じだろうと思っていたら、文中に「僕のマンガへのタイの人々の反応は、絵が下手だからと手にも取らない人(笑)と、絵は汚いけど物語をおもしろがってくれる人と、2つにきれいに分かれます」とあった。なるほど。他にも面白い話がたくさん。本当に普通に書店で販売されてないなんて、残念。 右の写真は日本でも購入できる『everybody everything』です。

|

« なつかしい思い出 | トップページ | ガオグライ イン ジャパン »

コメント

はーい、チョムプーです!さっそくトラックバックさせてもらっちゃいました。
でもこの方のことは、始めは白田麻子さんの「アジアな毎日」というブログで知ったのです。白田さんは、アジア映画についてのくわしい本体サイトで愛読者も多い方。またタイ芸能界全体にも精通していらっしゃいます。ちょうど、ブログのほうで、このウィスットさんのライブ情報をのせていらっしゃっていますので、この記事をトラックバックしてあげたらいかがでしょう?きっと喜ばれますよ。

http://blog.goo.ne.jp/siratamako2005

それから、「プレーン・タイ」に私の拙訳をのせてくださってありがとう!写真いりで、とってもステキなレイアウトに感動しています。苦労のかいが・・・私のブログのほうでも、さっそくに紹介させていただきましたーー。
なお、ウィスットさんは公式サイトももっていらっしゃいます。
http://soimusic.com/wisut/

投稿: チョムプー | 2005.06.14 20:42

>チョムプーさん
TBありがとうございます。白田麻子さんはいろんなところでお見かけします。映画や音楽、ポップカルチャーに詳しい方ですよね。僭越だとは思ったんですが、先程TBしました。

投稿: meew | 2005.06.14 23:31

はじめまして。
いつもガオグライ関連の記事をそっと拝見させて頂いています。

今回この記事を見てあっ!と思ったのでコメント書かせて頂きました。

ウィスットさんてタムくんですよね…?
フェリシモ(.fr)でモデルもされていますよ。
(既にご存知でしたらごめんなさい)
everybody everythingはフェリシモの通販でも購入できるそうです。

フェリシモでタムくんの着ている「タイ楽チンパンツ」思わず買ってしまいました。
おなかが冷えず、なのに涼しくてとても重宝しています(笑)

ガオグライとmeewさんのおかげで今とてもタイが好きです。いつかいってみたいなぁ。

投稿: tomo/ck | 2005.06.16 00:43

>tomo/ck さん
はじめまして、meewです。
>ウィスットさんてタムくんですよね…?
そうです。タムくんですよ。フェリシモでモデルですか。知りませんでした。以前フェリシモでお皿を集めていました。絵がかわいくて、今でも使っています。

♪so let's make friends again today
draws to a close our holiday・・・
フリッパーズ・ギターのこの曲、大好きです。

また、遊びにいらしてくださいね。

投稿: meew | 2005.06.16 12:36

 遅ればせながらお邪魔致します。TBありがとうございました。こんな貴重なインタビューを読ませていただけるとは、チョムプーさんのおっしゃる通り、喜んでいます。他のタム君ファンも喜んでいると思います。

 またタイポップカルチャー好きつながりで、よろしくお願いします。僭越なんて、とんでもないです。

 ということで、こっちもTB返しさせていただきますね。

投稿: 白田麻子 | 2005.06.17 21:53

>白田麻子さん
はじめまして、meewです。いつも映画のことなど、お世話になっています。TBしていただいてありがとうございます。

このインタビュー記事、全文転載してしまって、本当ははいけないのかもしれないんですが、 普通に買える雑誌ではなかったので、ちょっと掟破りしました。ですから、小さくなってるんですが、でも、タム君ファンには読んでもらいたいです。ライブイベント、明日ですね。

投稿: meew | 2005.06.17 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35917/4541262

この記事へのトラックバック一覧です: 成熟するタイのポップカルチャー 1:

» タイアートの新しい波『EVERYTHINGEVERYBODY』 [ココナツ・カフェ]
作文教室「言葉の森」の4月3週目の6年生の課題長文に、ミヒャエル・エンデの文章よ [続きを読む]

受信: 2005.06.14 20:36

» ウィスット・ポンニミット(タム君)のライブイベント   6月18日19日 [白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary]
 最近の私の癒しのひとつは、このブログでも度々紹介しているタム君こと、日本在住のタイ漫画家のウィスット・ポンニミットさんの日本語日記です。味があるんですよねえ。 TUM'S DIARY  タム君の漫画の魅力については、私のブログ内の記事にトラックバックかけておきますので、ご参照ください。もちろん皆さんからのTBも大募集。で、イベントのお知らせが届いたので、このブログでもお知らせします。 ウィス... [続きを読む]

受信: 2005.06.17 21:54

» タム君のDVDが出る! [ホリメモ β版]
以前ココとココで紹介したタイ人のマンガ家、アニメーション作家、 ウィスット・ポンニミット君のDVDがついにでる。 hesheit ウィスット・ポンニミット作品集 同名の本をアニメーションにおこしたものと思われる。 たぶんこのへんの作品がおさめられてるはず。買うしかないー。 おお、渋谷のHMVで発売記念イベントかあ。 しかも今日だ。行きたいけどさすがに東京までは出れないか。 しかし、タム君、いきなりビッグになりました。 ファンが増えるといいねえ。 気付かなかったけど、タム君の公式サイト... [続きを読む]

受信: 2005.06.19 00:37

« なつかしい思い出 | トップページ | ガオグライ イン ジャパン »