« 3つのエピソード セーク、ガオクライ、エート | トップページ | KAOKLAI FAN RING 2005.07 »

2005.06.30

旅するタイ語 7 text

アジア語楽紀行-タイ語 7 タクシーに乗る
(青色は番組内で字幕表記された部分です)

ไป สยาม ค่ะ サヤームまで行ってください

バンコクの町を移動する時に、タクシーは何かと便利です。今日はタクシーを利用する時に便利な表現を覚えましょう。

運転手:ไปไหนครับ                    どこまで行きますか。
ノ  イ:ไปสยามค่ะ                     サヤームまで行ってください。
運転手:ถนนสุขุมวิท รถติดมากนะ スクムウィット通りは、すごく渋滞していますよ。
ノ  イ:ไม่ผ่านสุขุมวิทได้ไหมคะ  スクムウィットを通らずにいけますか。
運転手:ได้ครับ                          いいですよ。

ไป สยาม ค่ะ   เวลวออกเสียงพยัญชนะ ป.ปลา จะไม่มีลมออกจากปากนะคะ
パは息が出ない音です。

タクシーに乗る時の注意です。この明かりがついていたら、空車です。メーターつきのタクシーは車体の上にきちんと明記されています。それでも運転手がメーターを使わないようなら、こう言いましょう。

メーターを使ってください。 ช่วยกดมิเตอร์ด้วยค่ะ  

バンコクのタクシーの初乗り料金は35バーツ。およそ120円。これも覚えておきましょう。

南国タイではタクシーに乗っていると冷房が強すぎると感じることがよくあります。そんな時、この表現が使えます。

エアコンを弱くしてください。
ช่วยหรี่แอร์ด้วยค่ะ ครับ ขอบคุณค่ะ

サヤームまで何分かかりますか。
ไปสยามใช้เวลากี่นาทีคะ 

午前中は車が混むので30分から1時間くらいです。
ถ้าไปรถนี่ก็ประมาณ .ถ้าไปชวงเช้ารถติดหน่อยก็ประมาณ ครึ่งชั่วโมงถึงหนึ่งชั่วโมงครับ 

バンコク名物の交通渋滞。朝と夕方には町中の道が大混雑します。市民が渋滞を避ける手段がバンコクでは整備されつつあります。2004年7月には地下鉄が開通しました。観光客も利用価値大です。ノイさんに乗り方を教えてもらいましょう。

地下鉄の切符の買い方は日本と少し違います。まず行き先を押してからお金を入れます。気をつけてくださいね。
วิธีชื้อตั๋วรถไฟใต้ดินของเรานั้นจะต่างจากประเทศญี่ปุ่นตรงทีต้องกดหน้าจอเพื่อเลือกสถานีต้องการจากนั้นจึงหยอดเหรียญตามราคา  ต้องระวังนิดนึงนะคะ

タイ語が読めない人も、このボタンを押せば、行き先が英語表記にかわります。現在バンコクの地下鉄は1路線。観光客がよく行く町を結んでいるので、とても便利な交通機関です。これで渋滞に巻き込まれることなく、時間を気にすることもありません。

行って来ます。ไปละนะคะ

地下鉄のほかにバンコクで、スカイトレインという電車も走っています。こうした公共交通機関を上手に利用することもいらいらすることなく、バンコクを旅する秘訣です。

バンコクでは目的に合った交通手段を選んでください。そうすればきっと効率よく旅行ができますよ。
การเดินทางในกรุงเทพจะไม่ใช่เรื่องยาก  หากเราเลือกวิธีเดินทางได้อย่างเหมาะสม  เพื่อนๆจะประหยัดเวลาไปได้มากเลยทีเดียวค่ะ

サヤームまで行ってください
ไป สยาม ค่ะ

noi07

|

« 3つのエピソード セーク、ガオクライ、エート | トップページ | KAOKLAI FAN RING 2005.07 »

コメント

はじめまして。こんにちは
NHKの「旅するタイ語」のテキストとしてこのページを拝見させてもらっています。
タイ語が読めないので、発音をカタカナで書いていだだけませんか?

投稿: Kick | 2005.07.13 23:50

>Kickさん
はじめまして、meewです。私のblogをご覧になってくださって、ありがとうございます。

タイ語をカタカナ表記するのは無理があるので、差し控えさせていただいています。本来なら、声調記号付の発音記号を用いたいのですが、PCの文字表記の関係、それもままならないのが実情です。

市販されているこの番組のテキストには発音記号とカタカナと両方表記されているので、市販テキストをご覧になっていただくのが一番だと思います。なお、おさらい版として「アジア語楽紀行-旅するタイ語1-12」という記事をこのブログ内で書いています。そちらには発音のアルファベット表記があるので、よろしければそちらご覧になってください。

「旅するタイ語1-12(予定) text 」は、完全なテキスト版をつくりたいと思ってはじめたのですが、私の実力では到底無理で、タイ人友人の助けを借りています。現在友人が帰国中なので、完成まではもうすこし時間がかかると思います。また、遊びに来てみてください。

投稿: meew | 2005.07.14 10:03

meewさん回答ありがとうございます。
「アジア語楽紀行-旅するタイ語1-12」を拝見させてもらいましたが、とても参考になりました。
これからも、このぺージを参考させてもらいたいと思います。「旅するタイ語1-12text 」完成するといいですね。

投稿: | 2005.07.14 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35917/4779385

この記事へのトラックバック一覧です: 旅するタイ語 7 text:

« 3つのエピソード セーク、ガオクライ、エート | トップページ | KAOKLAI FAN RING 2005.07 »