« ガオグライ特別出演 K-1 in Las Vegas  | トップページ | タイの音楽 »

2005.05.05

レタス言葉・・じゃない

久々に日本語の話題。

だいぶ前に甥のナオキと遊んだ。私に紙の猫を作ってくれたあの甥だ。彼は来年小学校に上がる歳。はなしていて気になった点がいくつかあった。あのくらいの歳の子どもにありがちの悪い言葉を使いたがる傾向。大人の反応がおもしろくて使うらしい。意味を理解して使ってるのではなさそう。そしてもうひとつ気になった点はといえば・・・。

「行けない」を「行けられない」という。注意しても聞く耳を持たない年頃の彼だけど、一応聞いてみた。「それ、違うんじゃない?行けないでしょ?」「いいの、みんなそう言ってるから。」

そして、しばらくして、ナオキと同じ歳のJちゃん(女の子)とはなしているときに、彼女も「行けられない」と言った。Jちゃんは私の生徒のお嬢ちゃん。幼稚園で鍛えられているため、家族の中で一番の日本語使いである。なるほど、ナオキの言うとおり、みんなそう言ってるらしい。

五月(サツキ)言葉、レタス言葉というのがある。必要のない「」「」をつけたり、たしたりする誤用のことだ。例えば、五月言葉は「行くの使役形→行かせる(正しくは行かせる)」、レタス言葉は「行くの可能動詞→行ける(正しくは行ける)」。この「行けられる」は完全にⅠグループ(五段活用動詞)と2グループ(上一段及び下一段活用動詞)を混同している。(Ⅰグループは「行ける、書ける、置ける」2グループは「食べられる、見られる、起きられる」)いみじくも同じ歳の、違う地域に住む国籍の違う二人から同じ活用を聞いたと言うことは、これは特殊な例ではなくて一般的に使われているのだろう。

Ⅱグループ動詞に対してⅠグループ動詞の活用を適合させてしまう誤用例は見かけることが多かったが(食べれる、見れる、起きれる)、この誤用例は初めてだった。しかし、もうすでに広まっているのかもしれない。

|

« ガオグライ特別出演 K-1 in Las Vegas  | トップページ | タイの音楽 »

コメント

日本語って本当に難しいです(>_<)私はまだ国語は好きな方ですが、「食べれる、見れる、起きれる」は間違ってる使い方と分かっていても使っちゃう時があります。でも「行けられない」という言葉が流行ってるなんて初めて知りました!最近は文法の勉強とかしてるので、間違えた言葉を覚えないようにしないといけないなぁと思います。

投稿: 匿名希望 | 2005.05.06 18:04

きれいな言葉、正しい言葉で書かれた本をたくさん読むことが、日本語を磨く一番の方法だと思います。頑張って、きれいな日本語を後世に伝えてくださいね。若い人たちにお願いです。

投稿: meew | 2005.05.06 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35917/3992327

この記事へのトラックバック一覧です: レタス言葉・・じゃない:

« ガオグライ特別出演 K-1 in Las Vegas  | トップページ | タイの音楽 »