« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.30

ガオグライ 6位です

アンディ・フグさんを抜いて、ガオグライ・ゲーンノラシン、現在6位です。

好きなK-1ファイターは?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.04.28

ガオグライ再び

最近、柄にもなく格闘技関係の雑誌を見たり、テレビ番組を録画したりしている。格闘技があんなにも好きじゃなかったのに、そして実は今もあまり好きじゃないのにである。

通勤途中の大きな書店がないため、コンビニで格闘技とか、ゴングとか言う文字を探しては、恐る恐るつまんで、そ~っとあたりを気にしながら読んでいたりする。が、あいにく、ガオグライの記事は載ってなかったりして、がっかりするだけなんだけど・・・。しかし今夜の「すぽるとRRS」はちょっと違った。今度の日曜日の「K-1 Las Vegas、レミーvsマイティ・モー」の特集ということで、もしやと思ったとおり、ガオグライ、出ました。ちょうど日付が変わる頃、例のマイティー・モーを一撃!のシーンをやっていた。うつろなマイティー・モーの後ろのほうで、まるで子どもが喜ぶみたいにぴょんぴょんはねていた、ガオグライ。とてもかわいらしかったし、かっこよかった。ほんの30秒くらいのシーンだったけど、うれしかった。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2005.04.26

YAMAHA NOUVO のCM

噂に聞いていた、あのCMが見られた。あのCMというのは、去年タイで流れていたYAMAHA のバイクのCMで、イギリス留学中だったSekが出演しているもの。ご覧になりたい方はどうぞ!

   YAMAHA NOUVOのCMนื้

อพล nouvo

    このCMに使われている曲はここでDownloadできます。よかったらこちらもどうぞ。
  เสียงเรียกเข้าโทรศัพท์มือถือ truetone

  歌詞はここです。
  เนื้อเพลงโฆษณา

the_leader

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.04.25

Sek Loso.com coming May 5

当初5月1日に予定されていた、Sek LOSOのオフィシャル・サイトのグランドオープンが5月5日に延期になった。でも、日本では男の日だからいいか。男の子のSek、頑張れ、アメリカを魅了しちゃえ!

ということで、http://www.sekloso.com/にアクセスすると、先日応募したうちのタタ猫と私の左手を見ることができます。バックに流れる曲は下のサンプルリストにはない曲。あいかわらずイサーン臭さのない曲です。(sigh)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.24

K-1占い

K-1占いというのがあるそうだ。おもしろそうなのでやってみた。すると結果は

m050424

なんと!ガオグライ・ゲーンノラシンだった!占いの内容は私はともかく、ガオグライにぴったりだと思った。私の辞書にない文字は「エレガント」、これには納得したけど。こんな私の本日の運勢は・・・

1位☆ガオグライ・ゲーンノラシン/2位☆ピーター・アーツ/3位☆武蔵/4位☆レイ・セフォー/5位☆曙/6位☆マイティ・モー/7位☆ジェロム・レ・バンナ/8位☆レミー・ボヤンスキー/9位☆魔娑斗/10位☆シリル・アビディ/11位☆フランソワ・ボタ/11位☆アーネスト・ホースト とあり1位のコメントは「庭から石油が噴出しそう」でした。なんとうれしいコメント、ちょっと庭を掘ってみましょうか。

皆さんもお試しあれ。

| | コメント (44) | トラックバック (1)

2005.04.22

一緒に歌おう!偉大なるファイター

นักสู้ผู้ยิ่งใหญ่
naksuuphuuyingyai

----------------------------

ตะวันแดงสลับแสงจันทร์ส่อง                      เขาเฝ้ามองไปรอบทิศ
tawan deeng salap seeng can soong     khao faomoong pei roup thit

มิอาจมีสิ่งมีชีวิต                         เล็ดรอดหูรอดตา
miiaat miising miichiiwit           lek root huu root taa

เพื่อปกปักอธิปไตย                       ปกป้องพี่น้องให้อยู่เย็น
phua pokpak athipatai             pokpoong phiinoong hai yuuyen

กองหน้าลาดตระเวน                      กองหลังจะตีฝ่า
kong naalaat taween                konglang ca tiifaa

----------------------------

คือนักสู้ผู้ยิ่งใหญ่                          คือคนไทยผู้ยิ่งยง
khuunaksuuphuuyingyai           khuukhon thaiphuuying yong

คือลูกหลาน            ตั้งมั่นเจตจำนง                      สืบทอดเจตนา
khuuluuklaan       tangman cetcamnoong       suup thot ceettanaa

เหนื่อยกายจะยิ่งฝ่า                       เหนื่อยใจจะยิ่งฝืน
nuaikaai ca yingfaa                   nuaicai ca yingfuun

ปกป้องผืนดินให้ยั่งยืน                        เฉกเช่นบรรพชนไทย
pokpong fuundin heiyangyuun       cheekchen bapphachon  thai

----------------------------

ทุบหม้อแกงให้เกิดแรงดลใจ                            ตีไม่ได้ต้องอดข้าว
thupmoo keeng heikeet reeng donjai        tiimeidai tong ot khao

กลยุทธ์สุดยอดแพรวพราว                          ตำราพิชัยสงคราม
konla yut sut yoot phreeu phraau       tamraa phichai songkhraam

มีคนน้อยร้อยรวมเป็นปึก                          ค่อยนึกคิดทำการใหญ่
miikhon nooirooi ruampenpuk           khoi nuk khit tham kaanyai

กู้ชาติให้เป็นไท                    สร้างแคว้นแดนสยาม
kuu chaat hei penthai       saang khween deen sayaam

----------------------------

คือนักสู้ผู้ยิ่งใหญ่                          คือคนไทยผู้ยิ่งยง
khuunaksuuphuuyingyai           khuukhon thaiphuuying yong

คือลูกหลาน            ตั้งมั่นเจตจำนง                      สืบทอดเจตนา
khuuluuklaan       tangman cetcamnoong       sup thot ceettanaa

เหนื่อยกายจะยิ่งฝ่า                       เหนื่อยใจจะยิ่งฝืน
nuaikaaica yingfaa                    nuaicai ca yingfuun

ปกป้องผืนดินให้ยั่งยืน                       เฉกเช่นบรรพชนไทย
pokpong fuundin heiyingyuun       cheekchen bapphachon  thai

----------------------------

คือนักสู้ผู้ยิ่งใหญ่                          คือคนไทยผู้ยิ่งยง
khuunaksuuphuuyingyai           khuukhon thaiphuuying yong

คือลูกหลาน            ตั้งมั่นเจตจำนง                      สืบทอดเจตนา
khuuluuklaan       tangman cetcam noong       sup thot ceettanaa

เหนื่อยกายจะยิ่งฝ่า                       เหนื่อยใจจะยิ่งฝืน
nuaikaai ca yingfaa                    nuaicai ca yingfuun

ปกป้องผืนดินให้ยั่งยืน                        เฉกเช่นบรรพชนไทย
pokpong fuundin heiyangyuun       cheekchen bapphachon  thai

ปกป้องผืนดินให้ยั่งยืน                            เฉกเช่น...นักสู้ผู้ยิ่งใหญ่
pokpong fuundin heiyangyuun           cheekchen naksuuphuuyingyai

------------------------------------------------------------------------------------

タワン デーン サラップ セーン ジャン ソーン
カオ ファオモーン ペイ ロープ ティット
ミーアット ミーシン ミーシウィット
レック ロート フー ロート ター
ピュア ポッパ アティパタイ
ポクポーン ピーノーン ハイ ユーイェン
コン ナーラット タウェーン
コンラン チャ ティファー

※クーナックスープーインヤイ
※クーコン タイプーイーン ヨン
※クールーラーン タンマン チェットチャノーン
※スプ トット チェータナー
※ヌアイカーイチャ ユインファー
※ヌアイカイ チャ ユインフーン
※ポックポン フーディン ヘイヤンユーン
※チェークチェーン バッパチョン タイ

ウプモー ケーン エイケート レーン ドンチャイ
ティーメイダイ トン オット カオ
コンラ ユット スット ヨート プレウ プラウ
タムラー ピチャイ ソンクラーム
ミーホン ノイロイ ルアムペンプ
コイ ナック キット タム カーンヤイ
クー チャート ヘイ ペンタイ
サーン クウェーン デーン サヤーム

※2回繰り返し

ポックポン フーディン ヘイヤンユーン
チェークチェーン ナックスープーインヤイ

カタカナ version  by あきえさん

------------------------------------------------------------------------------------

日本語訳

赤い太陽が月の光に変わり、あたりを照らす
彼はあたりを見回し、進む

どんな小さなものも見逃さないだろう
主権を守るため
仲間が何事もなくすごせるために
前の一団は警戒し、後ろの一団は切り込んでいく

偉大なるファイター 勇敢なタイ人
意志を引き継ぐ子孫たち
疲れた身体はさらに突き進み 疲れた心はさらに奮い立つ
土地を守り続けてきたタイの先祖のように

スープ鍋を叩いて 奮起を促す
叩かなければ  元気は出ない

光り輝く最高の戦略 勝利法典
数は少ないが 結束して
ゆっくり考えて、大きな仕事をする
タイという国を救って サヤームを創る

偉大なるファイター 勇敢なタイ人
意志を引き継ぐ子孫たち
疲れた身体はさらに突き進み 疲れた心はさらに奮い立つ
土地を守り続けてきたタイの先祖のように

土地を守り続けてきた偉大なるファイターのように

2005.04.24少し訂正

| | コメント (59) | トラックバック (0)

2005.04.20

Beck と LOSO

Sek LOSO.comで募集していた写真も今日で締め切り、5月1日にはいよいよOfficial Siteもオープンする。ちょっとドキドキしてる。

ガオグライの情報収集のかたわら、LOSO時代の曲を聞き続けている。そんな時、ふとサーミー(夫)がはなしてくれるアニメの話を思い出した。もう終わってしまったが、夜中にやっていた「Beck」。ハロルド作石の漫画で、大人気らしい。中学生がバンドを始める話で、バンド名が「Beck」。飼い犬の名前だというが、もちろん Jeff Beck からとったのだろう。そのバンド「Beck」がアメリカデビューすることになった。その際、バンド名を「Beck」から「モンゴリアン・チョップ・スクワッド」に勝手に変えられてしまう。テレビのアニメはデビューしたあたりで終わってしまったらしい。

Sek LOSOは、名前を変えることはなくてほっとしたが、Sekの持つタイの泥臭さ、イサーン臭さは、デモを聴いた限りでは感じなかったなぁ。なんだか Beatles を思わせる曲が多かった。・・全体を聴いてから判断しよう。

さて、連日聴いているLOSOの2005年4月20日におけるMY BEST 10。

1 rooi im nak suu
2 maitong huangcha(dod version)
3 yaak hen naakhun
4 khun thee
5 maahao khruangbin
6 phantip
7 mo'sai rapcaang
8 som saan
9 yaa hen kee tua
10 niimuang niitheee

ฉันก็เคยเสียใจไม่น้อยกว่าเธอ และฉันก็เจอเรื่องราวร้ายๆเข้ามา
แต่ทุกๆทีฉันก็ทำ ให้เป็นเหมือนดังว่าแข็งแรงกว่า ไม่ยอมพ่ายแพ้มัน
จาก รอยยิ้มนักสู้

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.04.19

タタとガーフィールド

タタがガーフィルドに似ているという噂を聞いて、そんなことないよと思っていたら、生徒のLさんからこんな写真が送られてきた。一目瞭然。納得。

toto_garfield

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.04.17

ガオグライ、元気です!

あきえさんからの情報です。

ガオグライがミット打ちを披露

ガオグライが今日、都内のホテルで行われた藤本ジムの披露懇親パーティに出席したというニュースです。

今日は、日本3ヶ所でタイポップスのコンサートが開かれるという凄い日でしたが、さらにタイの大物が一人加わって、もの凄い日になりました。

kaoklai0417

| | コメント (43) | トラックバック (0)

2005.04.15

SE7EN

あまりにSekばかり聴いていたから、これではいけないと思って、最近タイから届いたCDから何か聴こうと思って、SE7ENを聴いた。

SE7ENは日本でもCDを出している韓国の歌手。韓流にまったく乗り遅れている私。ぺ・ヨンジュンはわかっても、そのほかは名前と顔が一致しない。第一、名前がちゃんといえない。ドラマを見ないからね。 そんな私の韓流はSE7EN。CD屋さんに行ってもSE7ENの日本でのシングルが見つからないから、まだ「光」は手にしてないけど、先日届いたのはタイで出た2枚目のアルバム。どうも韓国では去年の7月7日に出ていたものらしい。私のSE7ENのアルバムは2枚ともタイで発売されたものだけど、それぞれにVCDがついていて、動くSE7ENが見られるのはうれしい。なんだかうちの甥に似てるので、応援したくなっちゃうんだけど、応援したくなる理由が他にもある。

SE7ENは、日本に進出している韓国の先輩芸能人のアドバイスを受けて、日本語を勉強してからのデビューとなった。テレビにもずいぶん出演して、その勉強の成果を見せてくれたけど、隣に通訳が付き添わないでこなしたのは立派だった。「手紙」を「鏡」を言い間違えるご愛嬌はあったけど、私は感心した。SE7ENの曲、「光」も日本語で歌っているけど、この日本語は完璧だった。

さて、そろそろ何を言いたいのかわかってきたかと思うけど、Sek LOSOと同じ環境なんです。タイとアメリカほど離れてはいない韓国と日本だけど、まず言葉をクリアーしてデビューする。SE7ENのプロデュースが日本人だと聞いた時に、SE7ENらしさが消えやしないかと心配したけど、聴いてみたらとてもよい曲だったので、安心した。Sek LOSOのアルバムをちゃんと聴いたわけではないので、ああだ、こうだと言えないのだけれど、1曲だけきいたFull Version の曲が、好みにあってなかっただけのことだ。全曲聴いたら、案外気に入るかもしれない。

SE7ENはしばらくタイにプロモーションに行ってたらしい。タイには韓国人がたくさん住んでいるからなのか、また別の要素なのか、韓国でのアルバムを出している。ただ、曲の順番やジャケットはそれなりにかえているようだ。下の写真は左(白)が韓国版、右(左)はタイ版。私は韓国版のほうが好きだけど。

5月8日に日本での第2弾シングル「STYLE」が出るらしい。まだ1枚目の「光」も手にしていないんだけど、しばらくは韓国語で歌うSE7ENを聴いていましょう。

mustlisten

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.04.14

ガオグライに1票

3月19日韓国大会の Fight Vote も行われています。こちらにも1票を!

K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL☆Fight Vote! ベストバウト&MVPは何だ!? 

--------------------------------------------------------------

あなたの好きなK-1ファイターは誰? 

もちろん、ガオグライ・ゲーンノラシンに1票投じてきました。 現在のところ、ガオグライ・ゲーンノラシンは14位、ブアカーオ・ポー、プラムックは25位です。

NOTICE 投票項目には「ガオグライ・ゲーンノラシン」と「ガオグライ」があります。「ガオグライ・ゲーンノラシン」の方が票数が多いので、こちらで統一しましょう。

| | コメント (30)

2005.04.13

"Sek Loso.com Coming May 1st"

Sek LOSOのオフィシャル・ウェブ・サイトが5月1日にオープンする。

それに先立って、「"Sek Loso.com Coming May 1st"と書かれたものを持った写真」というのを募集しているので、作ってみた。本当を「それを持ったあなたの写真」なんだけど、私は手だけで登場。タタに主役をゆずった。

もちろんガオグライも好きだけど、ガオグライファンの皆さんごめんなさい。やっぱり私の王子様はSek LOSOなんです。アメリカ進出を聞いた時、それがSekの夢だって知ってたから、素直に喜んで応援すればいいのに、私がこうあって欲しいと思う Sek ではなかったので、実はかなりへこんでいました。そんな時に「純粋で誠実な」ガオグライの存在は、とてもありがたかったです。沈むばかりの気持ちを昂揚させてくれましたから。

そして、気がついたのです。私は Sek のファンなんだって。ファンなんだから、応援しなくちゃね! そこで、当初は応募するつもりのなかった写真にも応募することにしました。でもちょっと恥ずかしいから、タタにお願いしたというわけです。・・・思い出せば、LOSOが福岡に来た時もはじめは行かないつもりだったのに、ひょんなことから行くことになったんでした。。今は、行ってよかった、絶対によかったと思っています。

ガオグライファンの皆さんも、タイつながりって事で、どこかで Sek LOSOのニュースを聞いたら、応援してあげてください。よろしくお願いします。

Sek Loso.com

m050413

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.04.10

ナックスープーインヤイ届く・・・でもね

4月7日に頼んだCDが届いた。今日留守にしていた間に2枚の不在連絡表が入っていて、二つの違う宅配便会社だった。8日に発送しましたという連絡があったけど、なんで2ヶ所。ま、とりあえず持ってきてもらうことにした。

7日に頼んだ分がFedxで届き、もう1件は、なんと通ってないと思った注文分だった。注文したのは3月30日。確認書も送って来なかった分だ。CarabaoのナックスープーインヤイのCDは注文確定していたんだ。あの時、確かにselectボタンを押せたから。その後すぐに在庫切れになったようだから、このCDが最後のCDということか。

2回目に注文したのはVCDだったから、Carabaoについてはダブらなかったけれど、前回と今回ダブって注文してしまったのがあった。Dan & BeamのThe AlbumとSue Thanapol の Ruk khon thai。どうしようかね。

さっそくナックスープインヤイのVCDを見てみる。・・・戦争映画みたいで見ていられない。・・・このまま封印されてしまうかもしれない。見なきゃよかったなと思った。あ、でも私は撃ち合いシーンのある映画を見ないようにしているので、免疫がないだけど、そんなにひどくないのかもしれません。一般的には。でも私の場合は・・・ちょっと。

さて、気を取り直して、もう1枚のVCD、Rock Saderd は気に入った。モーラム歌手、シリポン・アンパイポンの大ヒット「ボー・ラック・シーダム」をロックで歌っているというので買ったんだけど、いいわ~。すごくいい。赤い帽子のToi と同じだ。毎日見ちゃいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.09

ブアカーオの家

5月4日のK-1ワールドMAXを前に、今日その宣伝番組があった。ブアカーオが出るはずなので、一応チェック。

いきなり昔のダウンシーンでちょっとかわいそうだけど、今とはずいぶん感じが違うね。思ったとおり、彼の故郷(たしかスリンでしたよね。違っていたら、教えてください。)の様子が。父親のナイレンさんと妹のアリッサヤーちゃんが映っていた。母親のバーンさんは8年前に他界したとか。ブアカーオは2004年の優勝賞金で家を建て直したという。健気だね。↓がその建て直した家です。ガオグライも優勝して家を建てなくちゃね(土地は取得済みらしい)。さらに頑張って、食堂も手に入れなくちゃね。

しかし、あんなに強い人が、話すとどうしてあんなにかわいいんだろう。ブアカーオといい、ガオグライといい。本当にタイ語は魅力的だ。

m050409

| | コメント (60) | トラックバック (0)

デザインを少し変えました

@nifty の blog ココログがバージョンアップして、いろいろできることが増えたようです。以前からできていたのかもしれませんが、これを機会にいろいろいじってみて、少しデザインを変えました。コメントの順番は、今までは新しいものが上だったんですが、読みやすいように古いものを上にしました。画面の色も緑一色だったのを、青も取り入れてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セークのお父さん逝去

ネットにこんな記事があったので、やっとのことで訳してみました。いかんせん、タイ語能力に問題があるので、ひやひやです。間違っていたら教えてください。

Sek LOSOの父上、逝去

有名な歌手Sek LOSO、Seksun Sukpimaaiの父親であるPraseri Sukpimaai氏が交通事故にあった。逃げたピックアップは道路脇の柱にぶつかり転倒。2548年(2005年)3月9日の午後のことである。この事故は飲酒運転によって引き起こされ、Sekの父上は、ナコンラーチャーシーマーのマハーラート病院での1週間に渡る治療を受けていた。セークの父上は安らかに息を引き取った。

セークの父上はナコンラーチャーシーマー、マハーラート病院外科病棟の集中治療室(ICU)へ収容され、自力呼吸が困難なため、人工呼吸器を使用した。検査した担当医は腹腔内に異常を発見。衝突による影響で脾臓が損傷していた。医師は延命措置を尽くしたが、危篤状態は脱しなかった。

昨日の午後、グラミー社の広報が、Sekの父親のすべての親戚友人が見舞いに駆けつけたと発表した。セークの父親は傷の痛みに耐え切れなかった。年齢もあって、痛みに対抗できずに命を失った。親戚友人は悲しみの真っ只中にいる。

セークの父上の葬儀はナコンラーチャーシーマー、ワットポーの第1宿坊で、2548(2004)年3月17日木曜日から23日水曜日の間、19時から行われる。

พ่อ "เสก โลโซ" เสียชีวิตแล้ว

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.08

筋肉バトルとガオグライ

今、TBSテレビで「最強の男はだれだ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦」というのをやっている。さっき巨大跳び箱「モンスターボックス」を跳んでいたけど、23段。ふと思った。ガオグライなら跳べるかな。

今まで一度も跳んだ経験がなくても、あれだけの身体能力と運動神経があれば、きっと跳べるだろうと私とサーミーの結論。ガオグライとかブアカーオとか呼んで来て、跳ばせてみたらおもしろいのにね。するとサーミーが「ブアカーオは来てもガオグライは来ないな」と言う。え?どうして?「だって、ブアカーオはK-1MAXでTBSだけど、ガオグライのK-1はフジテレビでしょ。」

K-1MAX と K-1って違うんだ。恥ずかしい話なんですが、そんなことも知らないで、ガオグライを応援しています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ナックスープーインヤイ

先日注文していたつもりでいたガオグライの入場曲、「ナックスープーインヤイ」が入っているアルバムは、どうも発注されていなかったようだ。いつもすぐに来る Confirmation が届かなかったし、このアルバムのページを開いたら、selectの上に赤で大きく×印が書いてあった。私が発注した時にはなかったのに。仕方ないので注文のやり直し。ナックスープーインヤイはVCDを注文。ちなみにその他には、
Tong Pukkaramai : Changes
Dan & Beam : The Album
Sue Thanapol : Ruk khon thai
Se7en : Must Listen
Karaoke VCD : Rock Saderd - best hits
Rock Salaeng : Rock...talub tong
を注文した。CDの注文は、今まで頼りにしていたHさんが帰国してしまったために、ちょっと心配だけど。届くのを楽しみに待っていましょう。

ナックス・ープー・イン・ヤイは、どうも日本でもタイでも品薄なようで、先日紹介したもうひとつのサイトでも現在品切れ。そんな時、しょちょうさんから、グッドニュースが。

このサイトでカラバオのナックスー・プー・イン・ヤイが視聴できます。届くのを待っているあなた、↓で今すぐ聴けますよ。まるで今すぐにでもガオグライの試合が始まりそう。相手は・・だれ?

ナックスープーインヤイ by カラバオ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.04.07

桜の花が散る

昨日、気がついたら満開になって、今日はもう桜の花が散り始めていた。あいかわらず潔い。

メモ。
銀河鉄道は、例のポイントを9時30分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.06

ガオグライのインタビュー記事

ガオグライの雑誌インタビュー記事のお知らせ

A PRIVATE AFFAIR。私なんかと違って、もうムエタイに詳しい管理人さんのサイトです。ここのBBSの[731]に「しんぞさん」という方が訳してくださった、貴重なインタビュー記事が載っています。ぜひご覧ください。

・・・カテゴリー、[ガオグライ]っていうのを作った方がいいかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

知覚の扉

If the doors of perception were cleansed everything will appear to man it is, infinite.知覚の扉が清められれば、あらゆるものが無限に見えるようになる。

これはWilliam Blake の『天国と地獄の結婚』の中の「忘れがたい幻想」の一節。これがなぜ、music のカテゴリーかというと・・・。

この一節を、Aldous Huxley が『知覚の扉』という著書の扉ページに引用したという。さらにこの言葉は "the Doors" の名前の由来ともなった。

昨日、生徒のファランに Sek LOSO の写真を見せたとき、彼は「Jim Morrison に似てるね。」髪形のことだとは思うけど、うれしかった。アメリカ・デビューの吉祥と見よう。

そして、今朝、この blog をみたら、先日の Blake の「幼子の喜び」の記事にコメントがあった。・・・ウイリアムブレイクといえば「知覚の扉」つまりドァーズですな。・・・このコメントはどれだけ私を力づけてくれたことか。やはり吉祥と見よう。

つまり、Blake のことでも、the Doors の Jim Morrison のことでもなく、Sek LOSOのことを考えていたわけだけど、the Doors も大好きなんで、the Doors 関連のコメントをお待ちしています。

あ、でも、Audous Huxley とか Blake とか読んでいたら、記憶のそこから甦ってきた言葉があるので、the Doors とは関係ないけど、書かせて。

アレン・ギンズバーグです。
「精神的に滅亡しているとき、最後にだれをたよったらいいのか知りませんが、僕はブレイクの陽気なヴィジョンのように、僕自身の蛇にすがらなければならないと思います」(ウィリアム・バローズへの手紙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.05

トーク・スパゴン

このblogの読者でガオグライファンの方から、ガオグライが好きだというシーリター・スウォイディーという女優について質問がありました。あいにく、タイの芸能界には詳しくなくて答えられなかったが、ガオグライが好きだという男優についてはちょっと知ってます。

ガオグライが好きだという男優はトーク・スパゴン・ギッスワーン。映画『わすれな歌』に出ていた人。他にも『怪盗ブラックタイガー』や『Goal Club』にも出ているらしい。えっ、『Goal Club』。VCD、持ってるけど、まだ見ていないやつだ。見なくちゃ・・・閑話休題。この『わすれな歌』についてネットで調べていたら、なんだかまた見かけたことのある顔が・・・。日本触媒のCMや、Toi Muakdeang のVCDに出てる、あのアンポン・ラッタナウォンではないですか。なんか赤い糸で結ばれてるのかも。いえ、いえ、そんなことはありません。赤い糸で結ばれているのは、もちろん Sek LOSO です。

↓トーク・スパゴンってこの人です。
m050405

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「の」はいらない

Sek woos the west の記事で、とほほ、下のように書いてしまった。

Sek LOSOの父親が交通事故にあい、その後も意識不明で予断を許さないの時に

日頃、私が生徒に言っている言葉、そっくり返ってきた。「の」はいりません。

当初「許さないのに・・・」と書いておいて、それから、「・・・時に」に直した際、「の」をけし忘れたのだが、なんと言い訳しようが、よく見直さなかった結果だ。自戒の意味で残しておこう。

生徒の皆さん、これはよくない例ですから。さ、直しにいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.04

Sek woos the west

ローリングストーン誌に掲載されたという Sek LOSO の記事を訳してみた。

Sek LOSO の父親が交通事故にあって、その後も意識不明で予断を許さない時に、アメリカデビューを飾るというのはとてもつらいことだろう。アメリカ、テキサス州での "Southwest Music Festival" への参加取り消しを示唆された時、Sek LOSO は次のように答えた。「ローリング・ストーンズは、ブライアン・ジョーンズが亡くなった2日後にハイドパークで演奏したんだ。」 Sek LOSOは意図してそう言ったのだろう。タイで最も人気のあるアーティスト Sek LOSO は、ジミ・ヘンドリックスやオアシスといった、彼のアイドルに倣って欧米を征服しようとしているのだ。

Sek LOSO はロンドンで、英語の勉強、そして音楽活動で1年を過ごした。彼の初めての英語のアルバム"For God's Sake"は元オアシスの オーウェン・モリスによってプロデュースされ、もういつでもリリースできる状態にある。「タイ人の誰も成し得なかった事をやりたいんだ。」 Sek LOSO は言う。Sekson Sukpimai として生まれた Sek LOSO は、彼の叔母(伯母?)に育てられた。「カート・コバインやジョン・レノンみたいにね」 Sek LOSO は言う。12歳の時にバンコクにある彼女の店で、エアコンの組み立ての仕事を始めたが、当時持っていた Guns' Roses のカセットが「エアコンの組み立てなんかしてる場合かよ、ロックスターになるんだろう」と、彼にささやいていた。

1991年には、せっせと貯め続けた600バーツ(当時約24ドル)で安物のギターを買った。「僕が貯めこんだお金を使ってしまったのを見て、伯母は僕を家から追い出したのさ。」その後 Sek LOSO は地方のパブで演奏活動をスタートさせ、ハウスバンドのリーダーとなった。デモテープをアサニーに送ったのがきっかけで、アサニーのレーベル ( more music)からデビューして、1万本以上も売り上げた。タイの慣習では名前の後にバンド名をつける。( LOSOのセークといったところか)LOSOというのは Low Society の略。LOSO はいくつかのミリオンヒットアルバムを生んだが、ジミ・ヘンドリックスの自伝を読んだのち、Sek LOSO は世界進出を決心した。

バンコクで小説を書いていた、アメリカのレコード会社幹部ティム・カーは Sek LOSOを見出した。「LOSOというのは、バイクタクシーの運転手や、バーで働く女の子や、警官や日雇い労働者を代弁したバンドだった。バックパッカーだって、タイ人の中に入っていけば、どこでも聴くことができる音楽だったのさ。」

Sek LOSO のギターを聴いて、ティム・カーはさらに彼の歌にも魅了された。そこに欧米のバンドが忘れてしまった誠実と純粋を見たのだ。ティム・カーの古い友人、オーウェン・モリスはプロデュースを引き受けた。タイとイギリスで録音されたアルバム "For God's Sake" には去年の津波のために作った "In the air" を含む12曲が収められている。「すごく、タイなんだ。僕らは ghost (ピー)を信じているし、とっても美しいと思うんだ。」 Sek LOSO はこれから起こるであろうアメリカ上陸について語る時、けして遠慮をしない。 "American woman"、 Sek LOSO は警告する。 "stay away from me!"(僕に近づくな)。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

最後の落ちはカナダのバンド "Guess Who" を知らないとおもしろくないでしょう。ゲス・フーのヒット曲 "American Woman"の歌詞の一部なんです。

とりあえず急いで訳したので、ゆっくり見直したいと思います。

Sek Loso Woos the West

4/5 一部手直しをした

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.03

LOSO in FUKUOKA

Sekのことで、たくさんの情報を得て、何をどう考えていいのか、わからない状態。父親を亡くしたことを考えたり、アメリカでのデビューのことを考えたり、英語で歌うSekを想像したり。子供が巣立っていくのってこういう気持ちなのかしら。

なんとも気持ちの整理がつかないから、以前に書いた文を引っ張り出してきたので、ここに紹介しようと思う。LOSOが2001年に来日したときの日記だ。Sekに会えたうれしさをつづっている。

LOSOに会ったよ!! 2001年9月22日(土)

 今、福岡にいる。asian monthというイベントの一環で来日したLOSOを見に来た。朝8時半に家を出て、羽田に着いたのが、約束の時間を遅れること15分。三連休のせいで首都高がとても混んでいて、バスが遅れたのだ。まあ、ひやひやしたが、なんとか飛行機にも乗ることができて、一安心。

 国内線の飛行機に乗ったのは何年ぶりだろうか?LOSOのthe Red Albumを聴き終えたら、もう飛行機は本州をはなれていた。早い。あっという間に福岡だった。

 今、ホテルの部屋で、Tickle Teaというバンコクで買ってきたネコノヒゲ茶を飲みながら、さっき終わったライブのことを思っている。興奮さめやらぬ筆なので、ちょっと変かも。

 福岡市庁舎前広場を埋めつくしたLOSOのファンは、心地よい興奮に包まれていた。ファンサービス満点のセ-ク、やさしそうなラット、座っていたために始めのうちはあまりよく見えなかったヤイ.(←ということは、途中から立ち上がって、よく見えたってことですね.←その通り.)

  登場するやいきなり始まる Phanthip、Chanruuthee、Caisangmaa、Cakayaasiideeng、Mosairapcaang、karabaoの曲(วณิพก)、raolenaai、mee、somsaan、theechoopnaai、PurpleHaze、Araikoyoom、khunthee、yaakhennaakhunと14曲中、カバー曲はたったの2曲.他はすべてオリジナルで、ファンは大喜び。

屋外コンサートなのに、強行にカメラの使用を禁ずる係員にはちょっと困ったものだ。でも、タイ人が、ステージに近づいてステージに背を向けて、友達を撮りはじめたのは(もちろん係員も何も言えないし)ちょっと、おもしろかった。セ-クも2曲目か3曲目か興奮していてよく覚えていないのだが、「みんな踊りたいかい?」とファンを挑発するので、前の方は総立ちで、またまた係員は困った顔をしていた。

 セ-クは何をしてもカッコよかった。新しいアルバムから復帰したベースのラットはとてもやさしそうだったし、半ズボンで頑張っていたドラムのヤイは、ファンサービス満点で、最後までステージに残っていた。
 
 今日はじめて、LOSOを見た日本人はタイという国に対するイメージを変えたに違いない。タイ人も日本人も同じように熱狂するLOSOを見てどんな風に思ったんだろう。
 
 明日もLOSOのステージはある。こんなにハッピーで楽しいLOSOのステージ、もう一回おかわりができるなんて、こんなしあわせがあっていいのだろうか。

またまたLOSOに会ったよ 2001年9月23日 (日)

今日も昨日に引き続いて、LOSOのライブの報告。

 昨日は夜7時45分から始まったが今日のライブは夕方の4時から。夕方と言ってもまだ陽は高く、昨日とは打って変わった雰囲気だった。昨日と同様、椅子席に前にあるあいているところ(これはつまり、dancing areaってこと?)に座りこんで、開演を待つ。いよいよ。ヤイとラットはすぐに出てきたけど、セークはちょっと遅れてきた。なんとこの暑いのにジャケットを着ている。1曲演奏して、「暑いね~」と言いながら脱いでしまったけど。
  
 今日のオープニングは、Somsaan続いて Chunruutheethiiplianpai Caisangmaa Phontokthiinaataang Saahaat Cakrayaansiideeng Mosairapcaang Karabaoの曲らしい(Phong_theep Kradon_chamnaanのTang_kee)、Yaakdaiinwaarakkan,Mee,Phanthip,Theechoopnaai,不明,Maitaairookthee Khunthee Yaakhennaakhun.以上。昨日より2曲多い16曲。the Red AlbumからのPhontokは大好きな曲なので、うれしかったが、まだみんなになじんでいないのか、口ずさんでいる人が少なかった。冒頭のフランス語の部分はテープだったみたい。Yaakdaiin waarakkanはLOSOのオリジナルではないが(アサニー&ワサンの曲)、アサニー&ワサンの曲を集めたアルバムでセークが歌っているので、ファンにはおなじみだろう。ただ昨日やった超人気曲、Araikoyoomを今日はやらなかったので、今日より昨日の選曲のほうがよかったと言う人もいたようだ。私は個人的には、今日の方が好きかな。

 この二日間は本当に楽しかった。はるばるやってきた甲斐があった。LOSOのメンバーは、セークはもちろん、ヤイもラットも、それからクランもみんな本当にファンに対してやさしかった。これはひいき目かもしれないが、演奏、取材、そしてまた舞台と、疲れているのにもかかわらず、みんなにサインをしてくれたり、一緒に快く写真撮影をしてくれたり、本当にファンのみんなはLOSOのファンであることにより一層の喜びを感じたに違いない。

 明日から、また日常が始まる。この夢のような二日間は終わってしまったが、時々は思いだして、生活していく糧にしたい。セーク、ヤイ、ラット、そしてクラン、本当にありがとう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイの俳優さん

夕方のテレビで、タイ、チェンマイでロングスティ生活をする日本人を特集していた。内容自体は特に目新しくはなかったが、その番組内で流れたCMを見て、やっぱりと思った。

実は、その特集は当初先週に予定されていたらしく、先週も見ていたのだが、その時にもそのCM、つまり日本触媒のCMは流れた。なんとなく見ていたのだが、どうも出演している人たちがタイ人のように見えたのだ。今日またその会社のCMが流れた。なんと今日はタイ語付きで。やっぱり。しかも。この人、赤い帽子のToi、ต้อย หทวกแดง の ”Yaakhoomolam"に出ている人だ。(左が日本触媒のCM。右が อย่าขอหมอลำ のVCD )

m05040302

有名な人だろうとは思っていたけど。さっそく日本触媒のHPを見てみた。名前がわかるかなと思ったんだけど、男性俳優人:アンポン・ラッタナウォンさんら5名・・多分、アンポンさんでしょう。チャバーさん役の女性の名前はパッチャリン・ジャットガブアンポンさんと書いてあったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sek LOSO Go Inter!

知らない間にこんなサイトができていた。Sek Loso.comSekのオフィシャルサイトのようだ。

SekがBird Thonghcai とアルバムを出して、またイギリスへ戻っていたらしい。そこでの消息はまったくなかったのに、今日はものすごい情報を得た。CDを買っているタイの音楽関係のサイトの掲示板を見てみたら、Sekがアメリカのテキサスでコンサートをやったという情報、彼のお父さんが亡くなったという情報、アメリカでCDデビューするという情報。

しかし、Sekファンでこれほど喜んでいないファンもいないだろうな。GO INTER (世界進出)はかねてからのSekの願いだったから、一緒になって喜ばなくてはいけないはずなんだけど。先のSek Loso.comでは新しいアルバムから何曲か視聴できるようになっている。私のところからは1曲しか聴けなかったけど、興味のある方は聴いてみてください。で、Sekの新曲。Go Interなんだから、もちろん当然、歌詞は英語。英語で歌うSekは、実はあまり好きじゃない。タイ語で歌うSekが好き。でも仕方ない、世界進出なんだから。ああ、その辺がつらいところ。

今とは違って可愛かった Tata Yong を思い出したりして。LOSOの รอยยิ้มนักสู้ を聴きながら書いています。

m050403

参考記事
Sek Loso Woos the West (ローリングストーン誌)
e.thaiCD Sek LOSO bbs

memo:これを書いた数日後に Sek LOSO.com はトップだけになってしまって、視聴できなくなっていた。サイトのオープンは5月1日だよとメッセージを残して。しかし今日4月6日の夜、見たら、また曲が聴けるようになっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.01

表紙の写真を桜にしたくて

去年までは、ホームページビルダーを「今日はトトかな?タタかな?」という、我が家の猫の成長記録(?)を毎日更新していた。詳しいことはよくわからないままに、慣れだけでなんとかやっていたが、今年から、blogにしたところ、とても簡単なので、それまでのことをすっかり忘れてしまった。

曲がりなりにもホームページは残してある。以前は10日毎に替えていた表紙の写真も、なんと今年の初め、つまり1月1日に替えてそのままだった。春の訪れを思わせる梅の花も、それなりにきれいだけど、もう4月だよ。桜の花にしたいな。そう思って、今日は表紙の写真を取り替えることにしたのだった。

3ヶ月の間、まったくやらなかったことは、すっかり頭の中から消えていた。しかし、手先が覚えているさとファイルを作るところまでは順調に行き、まだまだ捨てたものではないなと喜んでいたのだったが、そのファイルをアップロードする段になって、困ってしまった。FTPツールを起動させて、ファイルを移してやればいいのよ。簡単じゃない。・・・問題はFTPツールが起動しても、それから先に行かないのだ。ホームページビルダーの「ツール」→「FTPツールの起動」→「接続」をクリック。右にファイルがでてくるはずが・・・一向にでてこない。接続されないのだ。さぁ、困った。そういえば、1月1日にも同じようなことが起こった気がする。どこかにメモしてないかなぁ。PC用のメモ帳を見たけど、解決したうれしさで解決方法を書き残すのを忘れたようだ。(単に物忘れという気もするが)バージョンアップしたホームページビルダーのせいか、それともMacAfeeのせいか。さんざん、試行錯誤した挙句、解決したので、忘れずに記録しておこう。

ネット接続のアイコンからWindowsファイアーウォールの設定の変更をクリックして、ファイアーウォールをはずしてあげる。

しかしよくわからないのは、ホームページビルダーのファイル転送は例外としてブロックされないことになってるはずなんだけど、ブロックされているということだ。私の場合は考えてもわからないから、こうすればその結果OKだったということで、次につなげるしかない。

今度表紙の写真を替えるのはいつのことかわからないけど、その時は、ここを読めばすぐに解決するでしょう。ここに書いたって事を忘れなければね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »