« リンクです | トップページ | 特別番組 »

2005.03.24

LOSOとムエタイ

下の記事を読んでいただいたものとして、書きます。

私が大事にしている1枚の写真。それは人に会う度に見せびらかしている写真。2001年に Sek LOSO と一緒に福岡で撮った写真だ。

誰彼かまわず見せているが、もちろん日本人には受けない。一目見て、Sek だってわかる人はほとんどいないから。では、タイ人ではどうかというと。私が Sek を好きなことを知ってるタイ人は一応「よかったね」と言ってはくれるが、それだけだ。東京にあるタイ料理の店に行った時に、そこの従業員にちらと見せた。はじめに見せた女性従業員は多分留学生のアルバイトらしい、とても知的な感じの若い人だった。「誰ですか?」Sek LOSOだと言っても、乗ってこない?「LOSOはあまり好きじゃありません。」取り付く島もない感じだった。

その後に見せた同店の男性従業員。フルタイムって感じ。そーっと差し出すと、「オーッ」といって手にとって見ている。もう一枚 Sek LOSO 一人の写真も見せた。すると彼は「これを他の人に見せてもいいですか?」と言って、厨房の中に持っていった。中の声までは聞こえなったけど、ガラス越しにタイ人が集まってくるのが見えた。

少しして、「ありがとうございます」と言って写真を返しに来たその男性に、Sek LOSOが一人で写っている写真を「上げましょうか」と言うと、喜んで受け取った。私と一緒に写ってるのは今も手元にあるが、そのとき、厨房の中でタイ人が触った痕が残ってる。

これに味をしめて、もう1回見せびらかしたことがある。もう日本からなくなってしまうカルフール。タイ食品フェアとかいうのをやっていて、タイ人女性が二人いた。二人とも東京の大学で勉強している留学生とのこと。一人は(多分)お愛想で、「え~、よかったですね」と言ってくれたが、もう一人は「LOSOは聞きません。」と、きっぱり言い放った。

名前からして(「Lo Society」)そうであろうとは思っていたが、タイのハイソな人たちの間ではやはりLOSOは人気がないのだなとよくわかった出来事だった。

タイにおけるムエタイも同じようなところがあるのでしょうか。

|

« リンクです | トップページ | 特別番組 »

コメント

[loso blog]で検索して見つけました。
バカ受けです。
めおさんのクールな受け止め方もまたカッコ良い。
そうなんですよね~BKKだとタイ語話せない(話さない)人もいますもんね。

ちなみに私のタイでのあだ名は[loso]です。
いきなり失礼しました。

投稿: ssj | 2005.08.27 18:05

>ssj さん
はじめまして。チューレンが loso なんですか。すごいですね。ちょっと羨ましいです。

投稿: meew | 2005.08.27 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35917/3418685

この記事へのトラックバック一覧です: LOSOとムエタイ:

« リンクです | トップページ | 特別番組 »