« 12月に夏日! | トップページ | mach!!!!!!!! »

2004.12.06

ドラクエⅧ途中経過 ベルがラックのカジノ

ベルガラックで、カジノの持ち主ギャリングが殺されたので、その継承権をめぐってフォーグとユッケの兄妹がたたかっていた。勇者ももたろはユッケの護衛となって、問題解決。カジノは再開されたのでした。・・・って、ドラクエⅧの話です。

カジノが再開され、600コインのプレゼント。実はそれ以前にパルミドで2000枚くらい稼いでいた。これは少し遊ばなくちゃね。と、スロットマシーンで遊びはじめたら、なんと777が並んだ。すごい。100コインのマシーンだったから、100000コインの大当たり。ラッキィ!と喜んだんだけど、コインが全部出尽くすまで、なんと1時間もかかった。しかたないからその間、NHKアーカイブスをみていた。

「風変わりな保証人」というタイトルで、1964年に放送されたもの。タイ人留学生の保証人を一手に引き受けていた延島市郎という医師のはなし。これはこれで結構おもしろかったけど、番組が終わってもまだ、コインは出終わってなかった。十万の位に1って出せばいいのに!時間、かかりすぎ。

|

« 12月に夏日! | トップページ | mach!!!!!!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月に夏日! | トップページ | mach!!!!!!!! »