« 冬も近くなると・・・ | トップページ | おめでたい話 »

2004.11.14

DQをやりながら考えること

カテゴリーを間違えたんじゃないかって!間違えてないよ。

この週末も予習と称して、ドラゴンクエストⅦをやってた。RPG(ってDQしかやらないけど)やダンジョン(ってこっちもトルネコとシレンだけだけど)をやってる時、いつも思う。ボスと対決する時に、経験値が高くてレベルが高ければ簡単にやっつけられるのにって。

日本語教育能力試験を受けた時、じつは1回で合格ってわけにはいかなかった。引き続き受験勉強をして、自分の経験値がいかに少なく、レベルも低かったことがよくわかった。あの試験を超えるレベルに達すれば、何を恐れることなく合格できるんだったこと。頑張って、そのレベルを超えたから、見事合格できた。

何回目かのDQⅦなので、寄り道することなくサクサク進めていたから、レベルが低い状態でヘルクラウドとの戦いに突入。山場といえども、まだまだ途中なのにどうしても勝てない。ヘルクラウドを超えるレベルに達してないからだ。よ~し、モンスターパークやシムじいシティの充実を図るかぁ。寄り道だって大切なんだよね。

そう、そう。試験をやっつけるのにはそのレベルを超えるのが重要だけど、実際に言語を使うには、寄り道がとても大切。日本語教師をやっていく上でも、英語をやってきたことや、ちょっとだけスペイン語をやったこと、さらには、タイ文字なんていう初めての文字を覚えたことがとても役に立っている(と思っている)。今すぐ使えなくても、こういうより道は後で役に立つんだよ。

言語の勉強は、ご飯を食べて消化することも大切だけど、お菓子や果物や、納豆なんかも時々は食べなくちゃね。(って、わけがわからなくて、ごめんね)

|

« 冬も近くなると・・・ | トップページ | おめでたい話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬も近くなると・・・ | トップページ | おめでたい話 »